街の屋根やさんは全国各地で屋根工事や屋根リフォームをおこなっています。

街の屋根やさん

施工事例 お客様の声
点検・調査・お見積りなど無料で承ります!

Menu 屋根やさんメニュー

本社連絡先


■街の屋根やさん
電話 0120-989-742
E-Mail info@sharetech.co.jp
株式会社シェアテック

■本社
〒299-0261 千葉県袖ヶ浦市
福王台2-21-10
セントラルビル1F
電話 0438-60-7773
FAX 0438-60-7774

大きな地図で見る

■横浜支店
〒222-0033 神奈川県横浜市
港北区新横浜3-2-6
新横浜ビジネスセンタービル 2F
電話 045-476-9990
FAX 045-476-9989

大きな地図で見る


■東京大田支店
〒145-0071 東京都大田区
田園調布1-5-5 2F
大きな地図で見る


■東東京支店
〒132-0023
東京都江戸川区西一之江2-10-17
大場ビル1F
電話 0120-989-936

大きな地図で見る


【全国の街の屋根やさんはこちら】

柏市|S瓦への鳥侵入対策にケラバ瓦と棟瓦に南蛮漆喰詰め工事

台風の後は無料点検を!

柏市 棟瓦取り直し 漆喰詰め増し その他の工事 鳥害対策

【工事のきっかけ】
柏市のお客様から切実なご相談です。鳥が瓦に入り込み巣を作ってしまったという事です。瓦の下で雨宿りしてるんだ!と暖かい目で見守りたい気持ちは山々ですが、動物というのは大変厄介です。朝から騒音と鳴き声が響き、玄関周りは糞だらけ、時にはベランダに雛が落ちていたりと毎日続いてしまうとストレスも溜まってしまいます。 瓦に入り込まないように点検の上、鳥の巣対策工事を行っていきましょう。

ビフォーアフター

施工前

鳥の巣対策

施工後

鳥の巣対策

基本情報

 

【点検の様子】

鳥の巣 ケラバ漆喰補修

まずは屋根の点検を行い、鳥がどこから入り込んでいるのか確認しましょう。鳥は巣をつくる為に枝や草木を運んでいます。その為巣の場所からは枝が出ていたりと場所の特定は比較的簡単です。瓦は鳥にとっては住み心地の良い恰好の的です。雨風を防ぐことが出来、室内の温度が伝わる為暖かくとても居心地のよい場所です。

お住いの方からすれば屋根から変なものが出ている、瓦に大量の糞が付いていると怒りを覚えるような事ばかりが起きてしまいます。

鳥の糞 瓦の浮き

このように瓦の重なり部分は鳥すら入り込むことは出来ませんが、通常の瓦は立体的な空洞がありますので、一度入ることが出来れば、巣をつくることは容易く、棟付近まで空洞を進むことも出来ます。瓦の浮きはなく途中から入ることも出来ません。

棟瓦 軒先面戸

棟瓦は浮きもなく漆喰の剥がれも無い為、棟自体には問題ありません。瓦はS形状になっている為、軒先からの侵入は可能です。しかし近年の鳥害対策で、新築時から軒先に面戸を取付け入り口を塞ぐように施工しています。つまり軒先の面戸が壊れなければ軒からの侵入は不可能です。

軒先 瓦

問題となり一番可能性の高い場所はケラバです。平瓦とケラバの隙間は瓦の形状から若干の隙間は開いてしまいます。そこのわずかな隙間を利用して内部に入り込んでいると思われます。このような小さな隙間を全て塞ぐのは実質不可能です。しかしケラバに入り込んでも瓦の中に到達しないように、内側で対策することは可能です。

今回はケラバ瓦を外し、漆喰で入り口を塞いでから瓦を戻す工事を行います。

 

【施工の様子】

ケラバ 面戸

まずはケラバを外します。外した瓦は落下しないように積み重ね綺麗においていきます。ケラバを確認するとすでに面戸が付いているようです。しかし柔らかな面戸ですと鳥のくちばしで簡単に穴を開けられそうですね。今回はこの面戸に添って漆喰を詰めていきます。瓦と瓦の隙間を塞ぐことで鳥は張れなくなります。

面戸 漆喰

実際はこのように漆喰を列に並べ入り口を塞ぎます。ちなみにこの段階で鳥が巣を作り、尚且つ雛が産まれているとしましょう。そうなると、工事自体が延期になります。野鳥は野生動物保護法によって狩猟・保護・飼育は禁止されています。つまりその巣から取り上げる、拾って育てるような行為は禁止となり、工事の際には移動させることも出来ません。巣の状態を確認し、いない事をチェックしてから工事を開始することになります。

ケラバ,鳥 雨樋

このように瓦を探している最中に鳥の巣を発見することがありますので、確認後、撤去・清掃を行います。鳥の巣の中では糞も当然ありますので、異臭も多少あるかと思います。そのまま放置してしまうと臭いも広がる可能性がありますので、出来る限りの清掃は行っておきます。

ケラバ戻し 棟

漆喰詰め補修後はケラバを元通りに戻していきます。新築時には釘止めの住宅が多いのですが、改修時には取り外しも容易なようにビス留めをしていきます。

コーキング,瓦

また漆喰が入り込めないような細かい場所にはシリコンコーキングで隙間を塞ぎます。以上で鳥害対策の漆喰詰め工事は終了です。瓦はスレート等平状の屋根とは違い、とても入り込みやすい形状です。その為ピークは瓦全体が鳥の住処になりかねません。巣立ちが終わった後か、巣をつくる前に入り口を確認し、鳥の侵入口を塞いでいきましょう!

瓦工事・鳥害にお悩みの方・瓦の隙間・ズレにお困りの方は是非お気軽に街の屋根やさんにご相談ください!無料点検の上、最適な工事をご提案させて頂きます!

 

各種屋根工事メニュー

 私たち『街の屋根やさん』は神奈川県を含む関東全域を施工エリアとする、お住まいの屋根の専門店です!
街の屋根やさんでは下記の工事を取り扱っております。工事内容の詳細は各工事ページでご確認下さい。

屋根工事メニュー

屋根の雨漏り対策

 街の屋根やさんが施工している様々な屋根工事と屋根リフォームの一覧をご紹介します。

詳しくはこちら

 
 

お客様からのQA一覧

屋根の雨漏り対策

お客様から寄せられた屋根に関する疑問を、当店スタッフが親身に回答しています。

詳しくはこちら

 

会社概要

屋根の雨漏り対策

弊社の会社概要になります。街の屋根やさんとはこんな会社です。

詳しくはこちら

無料相談受付中

  「屋根工事の期間はだいたいどれくらい?」、「屋根工事中も普通に生活していて大丈夫なの?」、「屋根リフォームに使う屋根材は何が一番いいの?」、「家の耐震性を考慮した屋根リフォームって?」などのご質問や疑問は疑問解決質問フォームからお送りください。
  点検・調査・お見積りなど、工事に関するご不明点やご相談などございましたら、お電話またはこちらのお問い合わせフォームよりご相談・お問い合わせください。
  些細なことでも遠慮なさらずお気軽にどうぞ! お客様からの様々なお問い合わせをお待ちしております。

ページのトップへ