街の屋根やさんは全国各地で屋根工事や屋根リフォームをおこなっています。

街の屋根やさん

施工事例 お客様の声
点検・調査・お見積りなど無料で承ります!

Menu 屋根やさんメニュー

本社連絡先


■街の屋根やさん
電話 0120-989-742
E-Mail info@sharetech.co.jp
株式会社シェアテック

■本社
〒299-0261 千葉県袖ヶ浦市
福王台2-21-10
セントラルビル1F
電話 0438-60-7773
FAX 0438-60-7774

大きな地図で見る

■横浜支店
〒222-0033 神奈川県横浜市
港北区新横浜3-2-6
新横浜ビジネスセンタービル 2F
電話 045-476-9990
FAX 045-476-9989

大きな地図で見る


■東京大田支店
〒145-0071 東京都大田区
田園調布1-5-5 2F
大きな地図で見る


■東東京支店
〒132-0023
東京都江戸川区西一之江2-10-17
大場ビル1F
電話 0120-989-936

大きな地図で見る


【全国の街の屋根やさんはこちら】

東金市|倉庫のスレート波板の屋根葺き替え工事で雨漏り改善
スレート波板

東金市 屋根葺き替え

【工事のきっかけ】
東金市の現場になります。以前家屋として使用していた現在倉庫の屋根外壁補修依頼です。使用しようにも屋根には穴が開いてしまい、雨漏りを起こしているようで、避けながら使用しなければならないという状態です。まず補修の最優先は屋根です。しっかり補修し、安全に使用できるように改修していきましょう。

ビフォーアフター

施工前

屋根葺き替え施工前

施工後

屋根葺き替え工事,完了

基本情報

  • 使用材料スレート波板
 

【点検の様子】

外壁,トタン 植物,建物

外壁の状態からです。金属トタン外壁ですね。近年、軽い・錆びにくい・高耐久のガルバリウム鋼板も出回っていますが、金属材に共通していえることは「錆に注意」という事です。築20年以上の建物ですとまだ高耐久な金属材も出回っておらず、表面の塗膜が劣化し錆が発生・進行し始めると一気に耐久性は落ちてしまいます。そして錆びた部分は保護をして腐食を抑えることは出来ても、改善することはありません。放置をすれば穴あきを起こしたりと不具合が生じますので、錆が出る前の補修が一番大切です。

屋根,波板 植物,屋根,金属

屋根の点検に入ります。木が屋根に覆いかぶさってしまっています。重量も負担になりますし、木が吸った水分がいつまでもそこに留まり続けてしまいます。建物自体に植物が当たってしまうのは好ましくありません。そこに雨樋があれば落ち葉が詰まり破損、木に当たり破損、と良い事はありません。

波板,スレート 近隣挨拶

屋根はスレート波板ですが割れて下地が見えてしまっています。見て分かるように波板、折板屋根のような凸凹上の屋根材は下地を必要としません。その為施工費用は安く済みますが一度破損して穴が開いてしまえばそのまま雨漏りを起こしてしまいます。

ちなみに1931~2004年までに使用されているスレート波板はアスベストが含まれている可能性が大変高いです。屋根として使われている際には全く問題ありません。しかし、解体や加工等の際に埃として繊維が舞ってしまうと身体に悪影響を及ぼしてしまいますので、扱いには充分注意しなければなりません。

アスベストが含まれている場合は取り扱いにも許可が必要で、また処分費もかかってしまいますが、穴が開いていては塗装等の補修が不可能になってしまいます。新たな屋根材はアスベスト不使用ですが、既存の屋根材を剥がす際の注意も含め近隣挨拶を行い、作業に入っていきます。

【工事の様子】

屋根施工 棟板金外し

まずは屋根材の剥がしの為に棟板金を剥がしていきます。屋根の形が違うものの、どの屋根でもまずは棟の解体からはいります。嵩んリの部分は綺麗ですよね。メンテナンスを怠ると屋根材の劣化だけではなく、美観も損なってしまいます。

波板,穴 汚れ

屋根材の様子です。苔やカビの発生で表面がザラザラしています。繊維のようなメッシュのような細かく糸状に出ているものはアスベストの原料です。大変軽く細かい為、空中に浮遊しやすいので無理に割ったりとしないように注意しましょう。

金属波板は他の屋根材と比べても約6㎜と厚い屋根材です。かなりの衝撃を加えなければ本来割れる事も少ないのではないかなと感じます。

屋根材下ろし 屋根材撤去

葺き替える場所の波板を剥がし、屋根から下ろしていきます。1枚20㎏前後と、屋根材の中では軽量ですが、重量はある屋根材ですので手ではなく機械で下ろしていきます。下地が無い構造ですので足を滑らせると屋内に落ちてしまいます。大変危険ですので葺き替え等の際にはご自分でされないようにしてください。

屋根材,鉄筋 外壁,錆び

下の鉄筋も経年劣化と湿気等で赤錆が出てしまっています。この程度であれば問題はありませんが、腐食しどこかしらに穴が開いていると溶接等の補修が必要となります。但し、一般住宅のように野地板や防水紙等の部材があるわけではありませんので当然下地の補修に関してはそれほど費用も掛かりません。

外壁にも錆が出てしまっています。塗装でメンテナンスをした方が良いのですが、建物をどの期間、どのように使用したいかで補修の程度は変化します。長く使用するためには張り替え、長期的に考えていなければ不具合が出るたびにその都度補修していくのが最善とも言えます。

スレート波板 屋根材

新たなスレート屋根材での葺き替え工事です。同じように足元に注意しながらの施工ですが、波板と言っても大変頑丈な屋根材ですので、重ねてしまえば固定しなくても歩行することは可能です。

墨出し ボルト

鉄骨の下地の場所に確実に固定するために墨出しを行ってボルトの位置を確認します。等間隔に締めて工事は完了です。この様に破損した部分のみの補修も可能で、1枚が大きい為枚数を使用しなくても良い分、やはり大きな屋根には最適なんです。周辺の屋根材の破損によって新規の屋根材が飛ばないよう、近くの屋根材のボルトもいくつか取り替えました。

街の屋根やさん本社

街の屋根やさん
    1. 電話 0120-989-742
      株式会社シェアテック
      1. 〒299-0261
        千葉県袖ヶ浦市福王台2-21-10 セントラルビル1F
    1. お問い合わせはこちらから

      各種屋根工事メニュー

       私たち『街の屋根やさん』は神奈川県を含む関東全域を施工エリアとする、お住まいの屋根の専門店です!
      街の屋根やさんでは下記の工事を取り扱っております。工事内容の詳細は各工事ページでご確認下さい。

      屋根工事メニュー

      屋根の雨漏り対策

       街の屋根やさんが施工している様々な屋根工事と屋根リフォームの一覧をご紹介します。

      詳しくはこちら

       
       

      お客様からのQA一覧

      屋根の雨漏り対策

      お客様から寄せられた屋根に関する疑問を、当店スタッフが親身に回答しています。

      詳しくはこちら

       

      会社概要

      屋根の雨漏り対策

      弊社の会社概要になります。街の屋根やさんとはこんな会社です。

      詳しくはこちら

      無料相談受付中

        「屋根工事の期間はだいたいどれくらい?」、「屋根工事中も普通に生活していて大丈夫なの?」、「屋根リフォームに使う屋根材は何が一番いいの?」、「家の耐震性を考慮した屋根リフォームって?」などのご質問や疑問は疑問解決質問フォームからお送りください。
        点検・調査・お見積りなど、工事に関するご不明点やご相談などございましたら、お電話またはこちらのお問い合わせフォームよりご相談・お問い合わせください。
        些細なことでも遠慮なさらずお気軽にどうぞ! お客様からの様々なお問い合わせをお待ちしております。

      0120-989-742
      0120-989-742
      0120-989-742
      ページのトップへ