街の屋根やさんは全国各地で屋根工事や屋根リフォームをおこなっています。

街の屋根やさん

施工事例 お客様の声
点検・調査・お見積りなど無料で承ります!

Menu 屋根やさんメニュー

本社連絡先


■街の屋根やさん
電話 0120-989-742
E-Mail info@sharetech.co.jp
株式会社シェアテック

■本社
〒299-0261 千葉県袖ヶ浦市
福王台2-21-10
セントラルビル1F
電話 0438-60-7773
FAX 0438-60-7774

大きな地図で見る

■横浜支店
〒222-0033 神奈川県横浜市
港北区新横浜3-2-6
新横浜ビジネスセンタービル 2F
電話 045-476-9990
FAX 045-476-9989

大きな地図で見る


■東京大田支店
〒145-0071 東京都大田区
田園調布1-5-5 2F
大きな地図で見る


■東東京支店
〒132-0023
東京都江戸川区西一之江2-10-17
大場ビル1F
電話 0120-989-936

大きな地図で見る


【全国の街の屋根やさんはこちら】

木更津市|棟板金交換工事で雨漏りトラブルを未然に防止!

台風21号が接近しています。対策できていますか?

木更津市 屋根補修工事 棟板金交換

【工事のきっかけ】
木更津市のM様邸ですが、台風の被害により棟板金が外れてしまいました。 現在は雨漏り等を起こしていないという事ですが、このままでは雨漏りを起こすリスクが高まります。 なぜ板金が無いと雨漏りを起こしてしまうのか、その理由と補修方法をご紹介したいと思います。

ビフォーアフター

施工前

棟板金飛散

施工後

棟板金交換工事

基本情報

 

【点検の様子】

屋根点検 棟板金飛散

木更津市のM様邸の屋根です。台風によって棟板金や棟包みと呼ばれる板金が落下してしまったという事で、補修のお見積もり依頼にお伺いいたしました。

棟板金はスレート(コロニアルやカラーベストも含みます)や金属屋根材の頂点に取りつけ、屋根材ではカバーできない部分を保護する役割を持っています。

【台風で飛散する原因】

今回、なぜ台風で外れてしまったのでしょうか?まず棟板金の取付構造をご説明いたします。

左側と右側から葺かれた屋根材の丁度中間に棟板金を取りつけますが、屋根の勾配にあわせて傾斜が付いています。

そこに貫板や芯木と呼ばれる木材を固定し、その木材を下地に板金を覆いかぶせていきます。

つまり、屋根材や垂木等にに直接固定されている訳ではありません。更に、新築時に多いのは釘施工です。

釘は建物の揺れや風に板金が煽られたりすることで、徐々に浮き、抜けてしまいます。釘が抜け固定力が失われると、思わぬ突風で一気に外れてしまうのです。

しかし、この事故は未然に防ぐことが可能です。棟板金が外れる原因は、

①屋根材と貫板間の固定力が弱い→釘が抜けてしまったり、貫板が腐食して割れていれば釘の役割は発揮できません。

②貫板と棟板金の固定力が弱い→こちらも貫板の腐食や釘の腐食や抜けによって固定がされません。

と、貫板と板金どちらにも原因があり得ますので、交換の際には必ず貫板から取替工事を行っていきます。

釘浮き 塗膜の錆び

点検時の状況を見て頂くとわかりますが、まず釘が抜けかかっています(左写真)。すでにこの部分は屋根材との間に隙間を作り、雨水が入り放題です。

更に釘が錆びて腐食することで、鋼板にも錆を拡大させてしまいます(右写真)。錆の発生が進行すれば釘穴以上の穴を作ってしまいます。

シーリング スレート欠け

飛散していない棟板金も確認を行いますが、釘の抜けや板金自体の変形も見られました。貫板を固定する釘が屋根材を割ったのか、小さなスレート屋根材も乗っかっています。

屋根材が割れようと直ぐに雨漏りすることはありません。屋根材が雨漏りを防いでいるわけではないからです。

屋根材の下葺き材(防水紙・ルーフィング)が雨水の浸入を防いでいますので、破れたり撓んだりしない限りは雨漏りは起きません。

しかし、棟板金やスレートが無いことで防水紙が傷みやすくなってしまいますので、早急な補修が必要になるという事です。

 

【棟板金交換工事】

棟板金撤去 撤去

では早速、棟板金交換工事を行います。まず既存の棟板金と貫板を撤去していきます。

棟板金が浮いてしまっていたせいで、雨水が入り込み貫板を濡らしていた跡があります。更に長時間経過すると、貫板が割れたりボロボロに崩れたりと状態は悪化するばかりです。

既存の材料を外して清掃を行い、新たに取り付け直していきます。

新規貫板 棟板金

貫板を設置し直します。今回固定には釘ではなく錆びにくいステンレス(SUS)製のビスを使用します。しっかりと下地に揉み込むことで外れにくく施工をしていきます。

続いて棟板金の設置ですが、同様にSUSビスで、端から横に向かって固定していきます。真上で固定してしまうと、そのビス穴から雨水が滲み入ってしまいますので、必ず板金の横で固定を行います。

シーリング 棟板金取替工事

棟板金の継ぎ目にはシーリングを充填し接着力と雨水の浸入防止対策を行います。全交換を行い継ぎ目にシーリングを行う事で、耐久性の高い棟板金が仕上がります。

棟板金は錆びにくいですが鋼板の為、次回は塗装メンテナンスを行って錆の発生を防ぎましょう。同時に屋根塗装を行う事で、無駄のないメンテナンスが出来ますので、あわせてご検討くださいませ。

以上で棟板金交換工事は完了です。

街の屋根やさん本社

街の屋根やさん
    1. 電話 0120-989-742
      株式会社シェアテック
      1. 〒299-0261
        千葉県袖ヶ浦市福王台2-21-10 セントラルビル1F
    1. お問い合わせはこちらから

      各種屋根工事メニュー

       私たち『街の屋根やさん』は神奈川県を含む関東全域を施工エリアとする、お住まいの屋根の専門店です!
      街の屋根やさんでは下記の工事を取り扱っております。工事内容の詳細は各工事ページでご確認下さい。

      屋根工事メニュー

      屋根の雨漏り対策

       街の屋根やさんが施工している様々な屋根工事と屋根リフォームの一覧をご紹介します。

      詳しくはこちら

       
       

      お客様からのQA一覧

      屋根の雨漏り対策

      お客様から寄せられた屋根に関する疑問を、当店スタッフが親身に回答しています。

      詳しくはこちら

       

      会社概要

      屋根の雨漏り対策

      弊社の会社概要になります。街の屋根やさんとはこんな会社です。

      詳しくはこちら

      無料相談受付中

        「屋根工事の期間はだいたいどれくらい?」、「屋根工事中も普通に生活していて大丈夫なの?」、「屋根リフォームに使う屋根材は何が一番いいの?」、「家の耐震性を考慮した屋根リフォームって?」などのご質問や疑問は疑問解決質問フォームからお送りください。
        点検・調査・お見積りなど、工事に関するご不明点やご相談などございましたら、お電話またはこちらのお問い合わせフォームよりご相談・お問い合わせください。
        些細なことでも遠慮なさらずお気軽にどうぞ! お客様からの様々なお問い合わせをお待ちしております。

      0120-989-742
      0120-989-742
      0120-989-742
      ページのトップへ