街の屋根やさんは全国各地で屋根工事や屋根リフォームをおこなっています。

街の屋根やさん

施工事例 お客様の声
点検・調査・お見積りなど無料で承ります!

Menu 屋根やさんメニュー

本社連絡先


■街の屋根やさん
電話 0120-989-742
E-Mail info@sharetech.co.jp
株式会社シェアテック

■本社
〒299-0261 千葉県袖ヶ浦市
福王台2-21-10
セントラルビル1F
電話 0438-60-7773
FAX 0438-60-7774

大きな地図で見る

■横浜支店
〒222-0033 神奈川県横浜市
港北区新横浜3-2-6
新横浜ビジネスセンタービル 2F
電話 045-476-9990
FAX 045-476-9989

大きな地図で見る


■東京大田支店
〒145-0071 東京都大田区
田園調布1-5-5 2F
大きな地図で見る


■東東京支店
〒132-0023
東京都江戸川区西一之江2-10-17
大場ビル1F
電話 0120-989-936

大きな地図で見る


【全国の街の屋根やさんはこちら】

市川市|長屋の雨樋全交換工事!併せてテラス新規取付実施!

市川市 雨樋交換 テラス新設

【工事のきっかけ】
6棟連なっている長屋の雨樋全交換をご希望のようです。6棟の皆様の合意の下、点検を行い交換工事に当たっての注意点、材料の確認をしていきます。2階バルコニーは屋根もなく洗濯物を乾かすタイミングがつかめない…という事で今回はテラスも新設致しました。

ビフォーアフター

施工前

施工前

施工後

テラス新設

基本情報

 

【点検の様子】

雨樋設置工事 エルボ

まず既存の雨樋の状態です。屋根がほとんど縦に向かっている為、伝って来るというよりは落ちてくるといった印象です。雨樋は既に色褪せ、エルボ部分等細かい場所への補修はされているようですが、全体的な樋交換となると足場の仮設も必要、全てが繋がっている為、交換費用も大きな負担となります。

軒樋点検 色褪せ

横から見ると所々大きく撓んでしまっています。雪害なのか大きな衝撃が掛かったのが分かります。当然長いものの方が短い物よりも耐久性が落ちてしまいますし、途中で破損した場合継いで補修をしても見栄えが悪くなってしまいます。

このような箱型の樋は丸型のものと比べると多くの水を流すことが出来ます。雨樋と設置する外壁が近い場合に使う事が多く、近年では丸型よりも普及が多くなってきています。

雨樋に使われている材質も様々です。今回の雨樋は塩ビ(塩化ビニル)で比較的安価で手に入れやすいタイプです。他にも屋根材で人気のガルバリウム鋼板、アルミ・ステンレス等の錆びにくい素材、独特な光沢をもっている銅、更に昔の住宅もしくは古民家に竹が使用されています。

その中で最もポピュラーな塩ビですが、経年劣化によってしなりが悪くなり、少しの衝撃で割れやすくなるといったデメリットが存在します。屋根外壁に限らず、雨樋も紫外線によってダメージを負い続けていますので、寿命はおよそ20~25年と考え、割れた時点で交換を検討していきましょう。

躯体 軒樋

現在の取付状況と交換に関して注意点があれば併せてチェックしていきます。植栽や森林が近い場合、落ち葉によって雨樋が詰まるケースがあります。交換を行っても環境が変わらなければ改善はされませんので、落ち葉除けネット、カバー付きの特殊雨樋の設置を考える必要があります。植栽や枝が雨樋に当たり続けることによって、雨樋の変形にも繋がりますので早めに剪定をした方が良いでしょう。

 

雨樋 長屋,雨樋

雨樋の交換工事にはほとんどの住宅で足場の仮設が必要となります。足場の設置に障害物となるようなものが無いのか、敷地内に収まるのか、納まらない場合は何らかの許可が必要となるのか等工事に入るまで細心の注意を払って確認を行います。

【施工の様子】

近隣挨拶 足場

工事前には近隣の方へ工事のお知らせをいたします。塗装工事とは違い水で洗い流すことも無いので問題はありませんが、やはり若干の埃の飛散が起きます。隣接しているのがコンビニという事もあり、メッシュシートで埃飛散対策を行います。

軒樋 エスロン

まずは既存の雨樋の撤去、処分を行います。使用されていた受け金具・掴み金具も全て撤去し新たに付け直していきます。

今回使用する雨樋はエスロンの超芯V200(EB50)の大型建物用雨樋です。超延伸シートの芯材と塩化樹脂の3層で構成されており、温度変化・低伸縮性に優れています。しなやかで強靭、そして塩ビの特徴、腐らない・錆びないを持ち合わせているにも関わらず、軽量で手ノコでの切断が可能な為、加工・施工が大変簡単な雨樋です。

通常雨樋は下から見上げるような形で見ていますよね。この超芯V型は前面と底面の幅を統一し見栄えも大変よく綺麗な納まりな前高タイプです。

竪樋 テラス

更に長い建物の割に竪樋の本数が少なく、雨水の流れる距離が非常に長くなっています。今回は竪樋を新設し、勾配を分けてそれぞれが短い距離を通り、雨水の排出をスムーズにさせます。

テラス新設工事に移ります。今回使用したアルミテラスはリクシルのスピーネです。採光性を確保しながら熱線をカットするポリカを使用していますので、直下が暑くなりにくくなっています。ガラスの約200倍の強度、UVカットはほぼ100%と大変優れたポリカを使用していますので、大変頑丈です。F型(フラット)とR型(カーブ型)がありますが、物干し用にということでシンプルにF型を使用しています。物干しと雨樋がセットですので、テラス新設の後に何かまた作業が必要という事もありません。

テラス取付 テラス取付

6棟分のテラス取付を行いました。アルミテラスはこの場所だけに!と言ったことも無く、台形・入隅・出隅等関係なく設置することが出来ます。光触媒による防汚機能もついていますので、汚れが付きにくく、付着した汚れも雨水によって洗い流してくれます。いつまでも変わらずお気軽に洗濯物が干すことが出来るバルコニーに進化致しました。

市川市で雨樋の取付工事、テラス等の生活に便利性を求めるものに関してのご質問・お見積り依頼がございましたらお気軽に街の屋根やさんにご連絡くださいませ。費用のご相談も含め、快適にお過ごしいただけます様、適切な施工内容をご提案させて頂きます。

街の屋根やさん本社

街の屋根やさん
    1. 電話 0120-989-742
      株式会社シェアテック
      1. 〒299-0261
        千葉県袖ヶ浦市福王台2-21-10 セントラルビル1F
    1. お問い合わせはこちらから

      各種屋根工事メニュー

       私たち『街の屋根やさん』は神奈川県を含む関東全域を施工エリアとする、お住まいの屋根の専門店です!
      街の屋根やさんでは下記の工事を取り扱っております。工事内容の詳細は各工事ページでご確認下さい。

      屋根工事メニュー

      屋根の雨漏り対策

       街の屋根やさんが施工している様々な屋根工事と屋根リフォームの一覧をご紹介します。

      詳しくはこちら

       
       

      お客様からのQA一覧

      屋根の雨漏り対策

      お客様から寄せられた屋根に関する疑問を、当店スタッフが親身に回答しています。

      詳しくはこちら

       

      会社概要

      屋根の雨漏り対策

      弊社の会社概要になります。街の屋根やさんとはこんな会社です。

      詳しくはこちら

      無料相談受付中

        「屋根工事の期間はだいたいどれくらい?」、「屋根工事中も普通に生活していて大丈夫なの?」、「屋根リフォームに使う屋根材は何が一番いいの?」、「家の耐震性を考慮した屋根リフォームって?」などのご質問や疑問は疑問解決質問フォームからお送りください。
        点検・調査・お見積りなど、工事に関するご不明点やご相談などございましたら、お電話またはこちらのお問い合わせフォームよりご相談・お問い合わせください。
        些細なことでも遠慮なさらずお気軽にどうぞ! お客様からの様々なお問い合わせをお待ちしております。

      0120-989-742
      0120-989-742
      0120-989-742
      ページのトップへ