街の屋根やさんは全国各地で屋根工事や屋根リフォームをおこなっています。

街の屋根やさん

施工事例 お客様の声
点検・調査・お見積りなど無料で承ります!

Menu 屋根やさんメニュー

本社連絡先


■街の屋根やさん
電話 0120-989-742
E-Mail info@sharetech.co.jp
株式会社シェアテック

■本社
〒299-0261 千葉県袖ヶ浦市
福王台2-21-10
セントラルビル1F
電話 0438-60-7773
FAX 0438-60-7774

大きな地図で見る

■横浜支店
〒222-0033 神奈川県横浜市
港北区新横浜3-2-6
新横浜ビジネスセンタービル 2F
電話 045-476-9990
FAX 045-476-9989

大きな地図で見る


■東京大田支店
〒145-0071 東京都大田区
田園調布1-5-5 2F
大きな地図で見る


■東東京支店
〒132-0023
東京都江戸川区西一之江2-10-17
大場ビル1F
電話 0120-989-936

大きな地図で見る


【全国の街の屋根やさんはこちら】

市原市|漆喰と瓦ずれ補修に棟の取り直し工事を施工しました

市原市 屋根補修工事 棟瓦取り直し 漆喰詰め増し

【工事のきっかけ】
築25年、2回目の瓦屋根のメンテナンスをご検討中のようです。 今現在雨漏りもなく状態はいいのではないかと考えているそうですが、ここ数年の地震や台風によって何かしら補修が必要なのではないか?という心配もあります。 そこで、今回全体点検を行い、瓦屋根の必要な補修工事を行っていきます。

ビフォーアフター

施工前

漆喰詰め増し工事,施工前

施工後

漆喰補修工事,完了

基本情報

 

【点検の様子】

屋根点検 瓦劣化

市原市2階建て住宅の下屋です。陽射しが当たりにくい為、1階の北側の屋根には苔が発生したり、汚れの付着が多くなりがちです。

和瓦は吸水をするような素材ではなく、苔やカビは発生しにくいです。表面がまばらな色になっているのは瓦表面の劣化によるものです。

棟漆喰 漆喰点検

今回は定期的なメンテナンスになりますが、築年数毎に補修内容は変わっていきます。

築10~15年程度ですと、雨漏りも起こさず瓦のずれもそれほど目立たなかった屋根で、漆喰の補修程度で済んだのかもしれません。

しかし築20年を過ぎてくると徐々に瓦に変化が起きてきます。まず、漆喰は前回同様にヒビが入ったり剥がれ落ちたり劣化が見られます。

前回詰め増し工事を行っている場合は、下地の漆喰ごと剥がれる可能性がありますので泥が露出している住宅もあります。

瓦欠け 防水紙

建物の揺れや強風によって瓦は動き欠けやヒビを起こし、同時に浮きやすく、ずれやすくなります。これは角が丸みを帯びるために隣同士・上下同士の引っ掛けが少なくなるためです。

築20年を過ぎてもう一つチェックポイントが増えると言えば、防水紙(ルーフィング)です。防水紙の寿命はおよそ20年前後とも言われ、破れや捲れ・撓みが起きることによって雨漏りを起こしてしまいます。

その為、いずれは葺き直し工事や葺き替え工事を行わなければ、雨漏りを起こしてしまいます。

この横に留めてある桟木と呼ばれるものが瓦を引っ掛けている部分ですが、木材は釘止めです。よって釘穴から防水紙を伝い、雨漏りを起こす可能性がありますので屋外からだけでは雨漏りの確認は難しいです。

今回の目視確認では室内でも雨漏りは確認しませんでした。雨漏りを起こしているかどうかの確認は、必ず小屋裏などの屋根に近い部分で行いましょう。

棟ずれ 隅棟ずれ

隅棟です。銅線が緩み、棟瓦がずれています。棟は防水の役割の為にものし瓦を積み、高く作っていますが、徐々に形が崩壊していきます。

雨漏りを起こすリスクと、地震が発生した際にまとめて落下することもありますので気付いた時点で補修していきましょう。

漆喰劣化 漆喰剥がれ

外壁との取り合いで雨漏りを防いでいる雨押えです。前回は漆喰の詰め直し工事を行ったようですので、日々程度で剥がれは見当たりませんでした。

棟部分に関しては瓦の動きも多い為、漆喰補修が必要となります。但し、列を整えなければ同じように崩れてしまいますので、取り直し工事で補修します。

シーリング 瓦点検

棟瓦の隙間を塞いでいたシーリングが劣化によって切れていました。棟瓦も簡単に外せる状態で、泥や漆喰がほとんど残っていませんでした。

瓦の並びも酷くはありませんが一度棟を解体し、綺麗に再施工していきましょう。

 

【施工の様子】

瓦剥がし 瓦清掃

棟の取り直し工事です。まず既存の瓦を剥がし、棟の泥や漆喰を片づけていきます。剥がした瓦はもちろん再利用していきますので、綺麗に並べ屋根に仮置きをします。

そのままでは滑って落下することもありますので、必ず木材で留めて置いていきます。

水糸 漆喰積み

漆喰や瓦の欠片で基礎を作り、棟が曲がらないように糸を張り目印を置きます。そして1段ずつ積み直していきます。

1段目と2段目の幅が違うのは、見た目もそうですが、雨水の浸入を防ぐためです。山型になるように作ることで雨水が流れ内側に入ることはありません。

段積み 棟の取り直し

1段目と2段目ののし瓦が交互になるように積み、冠瓦を乗せていきます。

施工前は銅線で瓦全体を回すように締める大回し止めを行っていましたが、今回は中止めで施工しています。

全ての瓦を中で結びあっていますので、見た目よりも丈夫になります。

銅線締め 瓦ずれ補修

昔は大回しの方が多く、瓦に穴が空いていない事が多かったようです。中止めに切り替える際に電動ドリルで穴を開けなくてはならず、瓦が割れてしまうと言ったトラブルもありましたが、近年では元々穴の開いている瓦が多いようです。

取り直し工事と同時に瓦のずれや浮きも補修致しました。よほど瓦のずれが酷い場合は、ラバーロック工法(シーリングで瓦同士を接着させてずれを抑える)もありますが、本来の瓦のメリットは1枚1枚の取り外しが可能な事です。

住宅の状態と相談しながら今後の補修を検討していきましょう。

漆喰

雨押えは漆喰詰め増し工事で補修しました。表面を施工し直すだけで雨漏りの可能性も低くなり見た目も綺麗です。

以上で、築25年の瓦屋根メンテナンス終了です。

 

街の屋根やさん本社

街の屋根やさん
    1. 電話 0120-989-742
      株式会社シェアテック
      1. 〒299-0261
        千葉県袖ヶ浦市福王台2-21-10 セントラルビル1F
    1. お問い合わせはこちらから

      各種屋根工事メニュー

       私たち『街の屋根やさん』は神奈川県を含む関東全域を施工エリアとする、お住まいの屋根の専門店です!
      街の屋根やさんでは下記の工事を取り扱っております。工事内容の詳細は各工事ページでご確認下さい。

      屋根工事メニュー

      屋根の雨漏り対策

       街の屋根やさんが施工している様々な屋根工事と屋根リフォームの一覧をご紹介します。

      詳しくはこちら

       
       

      お客様からのQA一覧

      屋根の雨漏り対策

      お客様から寄せられた屋根に関する疑問を、当店スタッフが親身に回答しています。

      詳しくはこちら

       

      会社概要

      屋根の雨漏り対策

      弊社の会社概要になります。街の屋根やさんとはこんな会社です。

      詳しくはこちら

      無料相談受付中

        「屋根工事の期間はだいたいどれくらい?」、「屋根工事中も普通に生活していて大丈夫なの?」、「屋根リフォームに使う屋根材は何が一番いいの?」、「家の耐震性を考慮した屋根リフォームって?」などのご質問や疑問は疑問解決質問フォームからお送りください。
        点検・調査・お見積りなど、工事に関するご不明点やご相談などございましたら、お電話またはこちらのお問い合わせフォームよりご相談・お問い合わせください。
        些細なことでも遠慮なさらずお気軽にどうぞ! お客様からの様々なお問い合わせをお待ちしております。

      0120-989-742
      0120-989-742
      0120-989-742
      ページのトップへ