ブログ

施工事例

お客様の声

動画で確認!屋根工事

街の屋根やさんおすすめ屋根材

ご連絡先はこちら

街の屋根やさん東東京

〒132-0023
東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F

会社概要はこちら

街の屋根やさん東京大田

〒145-0071
東京都大田区田園調布1-5-5 1F

会社概要はこちら

ボタン

川崎市麻生区でウッドデッキの塗装工事、木目を活かしたキシラデコールが最適です

2018年9月5日、台風21号に関する注意のお知らせ 強風による被害は火災保険を使って工事を行えます。被害を受けたかもしれない方は弊社の無料点検をお受けください。

2018年9月5日、台風21号に関する注意のお知らせ 強風による被害は火災保険を使って工事を行えます。被害を受けたかもしれない方は弊社の無料点検をお受けください。

上記、お電話が繋がりにくい場合はコチラ0120-989-936

 

【台風21号で被災された方の安全と一日も早い復興を心よりお祈り申し上げます 9/10更新】

 台風21号が西日本に甚大な被害を与え日本列島を通過しました。関西地方を中心に各地で記録的な暴風による停電被害、事故、交通の乱れ、住まいの破壊など大きな混乱が生じ、現在でもその爪痕が残った状態となっております。
 台風による被害を受けた方、受けたかも知れない方は街の屋根やさんにご相談ください。点検はもちろん可能な限り応急処置にもその場で対応いたします。現在大変多くのお客様よりお問合せを頂いており、順番に対応をさせていたただいております。皆さまにはご理解を賜りますようお願い申し上げます。

川崎市麻生区 その他塗装 ウッドデッキ塗装

【工事のきっかけ】
川崎市麻生区でおこなったウッドデッキ塗装工事の様子です。ウッドデッキはその名の通り木で出来た床で、屋根を付けていないので、常に雨ざらしの状態になっています。木は濡れてしまうと腐りますので、メンテナンスをおこなわなければなりません。塗装工事を定期的におこなうのがウッドデッキのメンテナンスになるのですが、塗装方法には2通りあります。一つは表面を塗膜で覆う造膜タイプの塗装です。昔からいうペンキを塗った状態です。もう一つは、木材に塗料を浸透させる浸透タイプの塗装です。木に塗料を染み込ませるので、木材のもつ木目をそのまま活かして塗装をする事が出来ます。木材は、柱や床に製材されたあとも湿気を吸ったり吐いたりする調湿性を持っています。また常に動きがありますので、表面を塗膜で覆う造膜タイプの塗装ですと、直ぐにヒビ割れたり剥がれたりしていまい、あまりお勧めできません。この事からも木材の塗装は浸透性の塗料が最適なのですが、デメリットは耐久性がそれ程高くない事です。常に雨ざらしになっているウッドデッキなどは、1~2年に1回は塗装をした方が良いですね。傷みが酷くなる前におこなうのであればそれ程塗装も難しくありませんので、DIY感覚でご自身で塗装するのも良いかもしれませんね。

ビフォーアフター

施工前

塗装前

施工後

塗装工事完成

基本情報

  • 施工内容その他塗装 ウッドデッキ塗装
  • 施工期間2日間
  • 築年数12年
  • 平米数35㎡
  • 使用材料キシラデコール
 

【傷みが出ている古い塗膜】

ウッドデッキのある場所の目の前は公園になっていて木が生い茂っています。日当たりが悪い訳ではありませんが、コケの付着が結構出ています。

デッキの床はスノコ状になっていて、一定の長さで継ぎ足してあります。木材は表面よりも木口(こぐち)部分から雨水などの水分を吸いやすいので、繋ぎや斜めにカットした部分からどうしても傷みが出やすくなります。何枚か腐ってしまった板がありますので、これは交換が必要です。

リビングからウッドデッキ越しに公園の緑が見えて羨ましいぐらいの景観ですが、折角の景観も劣化してしまったウッドデッキよりも、綺麗に仕上がっている方が良いという事で、塗装工事をおこなう事になりました。

【工事の最初は古い塗膜を剥がす作業】

腐った部分を交換したので色が全く違います。ウッドデッキに使われている木材は『ウエスタンレッドシダー』をいう木材です。米杉(べいすぎ)と呼ばれる材料で、非常に加工しやすく耐久性が高いという事でウッドデッキに良く使われる材料です。

今回新たに塗装をする前に最初におこなう作業は、古い塗膜を剥がす事です。ウッドデッキの表面を削って剥がしていきます。

 

電動工具の先端にワイヤーで出来ているブラシを装着して古い塗膜を削りながら剥がします。みるみる古い塗膜とデッキの表面が薄く剥がれていくのが分かります。

ワイヤーブラシで削ったあとは表面をペーパー掛けして下地処理の完成です。ウエスタンレッドシダーの木目が良くわかる様になりました。個人的にはこの無塗装の木目の感じも好きなのですが、やはり無塗装では耐久性に不安が出ますので、塗装工事をおこなっていきます。

【浸透性の塗料で木目を活かして仕上げます】

今回のメンテナンスで選択したのは、木材に染み込む浸透性の塗料です。使用したのは『キシラデコール』です。高い防腐・防カビ・防虫効果がある45年以上の実績のある木材用の塗料です。綺麗に削った表面にキシラデコールが浸透していきます。

今回は2回塗りで仕上げますが、1回目の塗装は木材にどんどん浸透してくのが分かります。実際には1回目の塗装で何度も刷毛を往復させますので、3回塗りくらいになっています。

仕上げの2回目の塗装をおこなう事で、しっかりとした色が出てきます。選んだ色は多少赤みかかったチークで、塗った直後はまだテカテカとした見た目ですが、デッキ材に吸い込まれていって木材が保護されていきました。

仕上がりの状態です。デッキ材にキシラデコールが浸透して、ウエスタンレッドシダーの木目がハッキリ出ています。

 

黒ずんだりコケが付着していたウッドデッキが見違える様に綺麗になりました。リビング越しに公園を見た時に、劣化して傷みが出ていたウッドデッキがとても綺麗になったと、大変喜んでいただけました。

街の屋根やさん東東京

街の屋根やさん
    1. 電話 0120-989-742
      株式会社シェアテック
      1. 〒132-0023
        東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
    1. お問い合わせはこちらから

      共通の施工事例はこちら

      記事がありません

      表示する記事はありませんでした。

      各種屋根工事メニュー

       私たち『街の屋根やさん』は神奈川県を含む関東全域を施工エリアとする、お住まいの屋根の専門店です!
      街の屋根やさんでは下記の工事を取り扱っております。工事内容の詳細は各工事ページでご確認下さい。

      経験豊かなスタッフがみなさんの家の屋根を守ります!屋根工事メニュー

      街の屋根やさんが施工している様々な屋根工事と屋根リフォームの一覧をご紹介します。

      安心して工事をお願いできました!リフォームの流れ

      お客様の不安を解消できるように、お問い合わせから工事の完成までの流れをご紹介しています。

      瓦、スレート、金属、ハイブリッド、あなたの屋根はどのタイプ?

      街の屋根やさんが施工している様々な屋根工事と屋根リフォームの一覧をご紹介します。

      屋根に関するお客様の疑問にお答えします!お客様からのQA一覧

      お客様から寄せられた屋根に関する疑問を、当店スタッフが親身に回答しています。

      信頼の施工実績一覧

      弊社で行った施工事例をご紹介しています。詳細な説明と写真でわかりやすくお伝えします。

      街の屋根やさんへようこそ!会社概要

      弊社の会社概要になります。街の屋根やさんとはこんな会社です。

      0120-989-742
      0120-989-742
      0120-989-742

      地域から選ぶ

      お客様のインタビュー動画

      街の屋根やさん
      おすすめ屋根塗料