ブログ

施工事例

お客様の声

動画で確認!屋根工事

街の屋根やさんおすすめ屋根材

ご連絡先はこちら

街の屋根やさん東東京

〒132-0023
東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F

会社概要はこちら

街の屋根やさん東京大田

〒145-0071
東京都大田区田園調布1-5-5 1F

会社概要はこちら

ボタン

川崎市中原区でスレート屋根を遮熱塗料の日本ペイント製サーモアイ4Fで仕上げました

川崎市中原区 屋根塗装

【工事のきっかけ】
川崎市中原区で屋根の塗装工事をおこないました。スレート葺きの屋根は築12年でそれ程の傷みは出ていません。何箇所かヒビ割れが出ている程度で、反りもなく状態は比較的良い方です。防水紙や下地の劣化もありませんので、メンテナンスは塗装工事で問題がありません。塗装などのメンテナンスをおこなうのであれば早いに越した事がありませんので、傷みが進行する前に塗装工事でスレートを保護します。塗装するのであればプラスアルファの性能をもたせる為に、太陽からの熱を反射する性能のある遮熱塗料を使います。日本ペイントのサーモアイ4Fという塗料で、耐久性が非常に高いフッ素樹脂塗料なので、遮熱性能と耐久性を兼ね備えたお薦めの塗料です。色によって熱の反射率が変わって来ますが、今回使用した色はクールビスケットブラウンといって、反射率が60%程度あるので今までよりも室内の環境が大分変ると思います。塗った直後から暑さが違うのを体感できたと、非常に喜んで頂けました。

ビフォーアフター

施工前

工事前

施工後

塗装工事完成

基本情報

  • 平米数50㎡
  • 使用材料サーモアイ4F
 

【工事前の屋根調査】

スレート葺きの屋根は、表面が劣化しているので雨水が流れた跡が付いています。スレート材は薄い屋根材なので、新築から年数が経過していくと表面が劣化していきます。劣化すると撥水性が落ちてしまい、どんどん劣化が進んでしまいます。

薄いスレートは板金が下に挟まるだけで段差が出来てしまい割れる事があります。大きな欠けは一か所だけですが、小さなヒビ割れは何箇所もあります。

屋根の勾配がきついと雨水が屋根の表面をスムーズに流れますので、比較的劣化の進行は遅くなります。逆にあまり勾配がきついと屋根に上れないのでメンテナンスをおこなう時が大変です。

反りはそれ程出ていませんので、小さなひび割れなどの処理をおこなって塗装して表面を保護すれば問題ありません。築年数も12年程度なので下地や防水紙の劣化も出ていません。塗装工事で撥水性を戻してあげて、これ以上の劣化の進行を抑えてあげましょう。

【塗装工事中】

早速塗装工事を開始しましょう。塗装工事で一番最初におこなう工程は『高圧洗浄』です。高圧で噴出した水によって表面の汚れや古い塗膜を洗い流します。高圧洗浄をおこなうのは、表面が綺麗になっていないと折角塗装をしても付着性が悪くなり、直ぐに剥がれてしまいます。この事からも、高圧洗浄は塗装工事には必須の作業です。それ程汚れていない様に見えますが、高圧洗浄すると汚れた水が雨樋に流れ込むのがわかります。

何箇所かひび割れしていた部分をコーキングで補修してから塗装をおこないます。コーキングごと塗膜で保護されますので、これ以上のヒビ割れが出にくくなります。屋根の劣化の一番の原因は紫外線ですので、塗装工事をする事で紫外線から屋根材が保護されますので、劣化の進行を抑える事が出来ます。

塗装工事は3回塗りで仕上げていくのですが、1回目は下塗りといって、屋根材と仕上げの塗料の付着性を高める為に必ず必要になります。高圧洗浄も下塗りも、仕上がってしまうと見えなくなる部分ですが、この2工程が塗装の耐久性を左右するとても大切な作業なんです。スレートの場合は、縁切り(えんきり)といってスレート同士が重なった部分が塗料で塞がれるのを防ぐ必要があります。重なりが塗料で塞がってしまうと雨漏りの原因になってしまうので、縁切りはスレートの屋根塗装工事の場合は必ずおこないます。今回は専用のタスペーサーを差し込んで隙間を空けた状態で塗装をおこなっていきます。

下塗りを屋根前面におこなった後は、仕上げの塗装の1回目『中塗り』です。仕上げの塗装は2回塗る事で塗料が持つ性能を発揮しますので、中塗りの後に上塗りをおこなって塗装工事が完成です。使用した塗料は、太陽の熱を反射する性能をもつ遮熱塗料を使用しました。日本ペイントのサーモアイ4Fという塗料で、フッ素樹脂で遮熱性能と耐久性の両方を兼ね備えています。

築12年で表面が劣化していたスレート屋根は、日本ペイントのサーモアイ4Fによって美しいツヤが蘇りました。ザラザラになっていた部分が塗膜で保護されてツルツルになっています。ヒビ割れも補修しているので劣化の進行を遅らせる事が出来る様になりました。

クールビスケットブラウンという色で塗装していて、太陽の熱を約60%反射する性能があります。塗装前のスレートは蓄熱してしまい、室内へも熱を通していましたが、60%反射しているので塗装した直後から室内の暑さが和らいだと喜んで頂けました。

街の屋根やさん東東京

街の屋根やさん
    1. 電話 0120-989-742
      株式会社シェアテック
      1. 〒132-0023
        東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
    1. お問い合わせはこちらから

      各種屋根工事メニュー

       私たち『街の屋根やさん』は神奈川県を含む関東全域を施工エリアとする、お住まいの屋根の専門店です!
      街の屋根やさんでは下記の工事を取り扱っております。工事内容の詳細は各工事ページでご確認下さい。

      経験豊かなスタッフがみなさんの家の屋根を守ります!屋根工事メニュー

      街の屋根やさんが施工している様々な屋根工事と屋根リフォームの一覧をご紹介します。

      安心して工事をお願いできました!リフォームの流れ

      お客様の不安を解消できるように、お問い合わせから工事の完成までの流れをご紹介しています。

      瓦、スレート、金属、ハイブリッド、あなたの屋根はどのタイプ?

      街の屋根やさんが施工している様々な屋根工事と屋根リフォームの一覧をご紹介します。

      屋根に関するお客様の疑問にお答えします!お客様からのQA一覧

      お客様から寄せられた屋根に関する疑問を、当店スタッフが親身に回答しています。

      信頼の施工実績一覧

      弊社で行った施工事例をご紹介しています。詳細な説明と写真でわかりやすくお伝えします。

      街の屋根やさんへようこそ!会社概要

      弊社の会社概要になります。街の屋根やさんとはこんな会社です。

      0120-989-742
      0120-989-742
      0120-989-742

      地域から選ぶ

      街の屋根やさん
      おすすめ屋根塗料