街の屋根やさんは全国各地で屋根工事や屋根リフォームをおこなっています。

街の屋根やさん

施工事例 お客様の声
点検・調査・お見積りなど無料で承ります!

Menu 屋根やさんメニュー

本社連絡先


■街の屋根やさん
電話 0120-989-742
E-Mail info@sharetech.co.jp
株式会社シェアテック

■本社
〒299-0261 千葉県袖ヶ浦市
福王台2-21-10
セントラルビル1F
電話 0438-60-7773
FAX 0438-60-7774

大きな地図で見る

■横浜支店
〒222-0033 神奈川県横浜市
港北区新横浜3-2-6
新横浜ビジネスセンタービル 2F
電話 045-476-9990
FAX 045-476-9989

大きな地図で見る


■東京大田支店
〒145-0071 東京都大田区
田園調布1-5-5 2F
大きな地図で見る


■東東京支店
〒132-0023
東京都江戸川区西一之江2-10-17
大場ビル1F
電話 0120-989-936

大きな地図で見る


【全国の街の屋根やさんはこちら】

富津市|漆喰の経年劣化を増し詰め工事でメンテナンス!

富津市 屋根補修工事

【工事のきっかけ】
富津市の築18年の住宅です。瓦屋根のメンテナンスを一度もしたことが無いようで、今回瓦の並びや漆喰、雨樋も含め点検・適切な補修を行っていきます。 漆喰は劣化してしまうと雨漏りを起こすリスクも高まりますので、崩れる前にしっかりと直していきましょう。

ビフォーアフター

施工前

漆喰劣化

施工後

漆喰詰め増し工事

基本情報

  • 施工内容屋根補修工事
  • 築年数築18年
 

【点検の様子】

大屋根,漆喰 棟銅線

富津市2階建て住宅の瓦屋根です。漆喰の寿命はおよそ20年ほどと言われています。その20年の時間の経過の中で劣化するわけではなく、二酸化炭素に反応し強度を増し硬くなっていきます。

強度を増すなら安全ではないか?というイメージで考えたいのですが、どうしても徐々に剥がれが見られるようになります。

今の状態として大屋根の漆喰に剥がれはないのですが、のし瓦に割れが見られます。棟の銅線は緩みがあるように感じます。例え漆喰に問題がなくとも、瓦がずれていたり割れがあることによって雨漏りが起きやすい屋根になる可能性があります。

このように穴が空いている瓦を見ることがあると思いますが、銅線を中締めする工法に使用されています。穴を使用しない場合は雨水が入らないように塞いだ方が良いかもしれませんね。

大屋根,漆喰 泥,内部

隅棟は瓦同士の隙間が出来やすい部分です。その為、漆喰で防水保護をしているケースがほとんどですが、経年と共に剥がれが見られるようになります。

漆喰が剥がれてしまう事によって、内部の泥が露出・流出してしまいます。棟の崩壊の原因にもなりますので、漆喰の剥がれは避けたいものです。

防水紙

瓦屋根の特徴は、瓦が一枚一枚剥がし、防水紙の劣化状態を確認することが出来る事です。スレート屋根材や金属屋根ではこれほど簡単に確認することはできません。

これは瓦がしっかりと固定されていないことによって、差し替え等の補修が簡単に行えるという便利性に繋がります。

瓦点検 壁,際,漆喰

下屋に移ります。外壁と屋根の取り合いにも同様に漆喰が盛られていますが、カチカチに固まり大きなひび割れが見られます。取り合い部分が劣化すると、外壁から伝わった雨水が屋根内部に入り込む恐れがあります。

実際に瓦内部に雨水が浸入したとしても、雨漏りを起こすわけではありません。が、雨仕舞に僅かな隙間があれば雨漏りを起こしてしまいます。

漆喰剥がれ 雨樋点検

こちらも漆喰の表面が剥がれたような状態です。しっかりと漆喰補修をして、雨水が浸入しないような屋根に仕上げていきましょう。

同時に雨樋調査も行いました。歪みもなく綺麗に集水器に流れてはいきますが、接合部のあたりから雨水が漏れてしまうとのことです。

破損もなく交換以外での補修をご希望でしたので、シーリングで隙間を塞いでいこうと思います。

【施工の様子】

漆喰 漆喰詰め増し

漆喰補修に入ります。今回は既存の漆喰を残したまま、漆喰の詰め増し工事を行っていきます。既存の状態によっては剥がし詰め直し工事を行わなければ意味がない(既存漆喰と一緒に剥がれてしまう)ケースもありますので、ご相談ください。

漆喰程度なら簡単だろう!とご自身でされる方も稀にいますが、漆喰詰めはなかなか難しく、適量というのが非常に重要になってきます。綺麗に奥まで塗ることで割れにくい状態になります。

水 漆喰詰め増し

すぐに乾燥してしまうと施工が難しい為、途中で水を吹き付けながら施工を続けます。漆喰には海藻のりが入っています。のりという言葉は入っていますが、これは接着力を高めることを目的にしているわけではなく、作業性と保水性を保つためです。

施工後、急激な乾燥はひび割れが起きやすい為、徐々に乾燥させるためにも海藻のりが必要なのです。

漆喰詰め増し 漆喰

漆喰を奥まで詰め表面を仕上げていきます。漆喰は通気性が良く、屋根の除湿・加湿の役割を果たします。油入りの漆喰ですので施工後にしっかりと水をはじきます。

漆喰取り直し 漆喰詰め

下屋の降り棟は並びが歪んでいたため、取り直し工事を行います。一度撤去し清掃、南蛮漆喰を乗せながら瓦を戻していきます。南蛮漆喰とは本漆喰とは違い、粘土に石灰や樹脂を混ぜたもので漆喰仕上げが不要という説明があります。

表面に本漆喰の代わりとして使用することも可能ですが、今回は内部の粘土代わりに詰めていきます。

南蛮漆喰 漆喰保護

その上に本漆喰を乗せ表面の防水処理をしていきます。以上で屋根漆喰補修工事は完了です。

方角や立地によって漆喰の劣化状況は大きく変わります。今回のようにここは取り直しが必要だが、ここは詰め増し工事が必要と補修内容にも差が出る場合があります。

瓦屋根の寿命はおよそ50年、その間に漆喰の補修2~3回は必要となります。雨漏りが起きないように調査をしっかり行い、適切な補修工事を行っていきましょう。

 

 

 

街の屋根やさん本社

街の屋根やさん
    1. 電話 0120-989-742
      株式会社シェアテック
      1. 〒299-0261
        千葉県袖ヶ浦市福王台2-21-10 セントラルビル1F
    1. お問い合わせはこちらから

      各種屋根工事メニュー

       私たち『街の屋根やさん』は神奈川県を含む関東全域を施工エリアとする、お住まいの屋根の専門店です!
      街の屋根やさんでは下記の工事を取り扱っております。工事内容の詳細は各工事ページでご確認下さい。

      屋根工事メニュー

      屋根の雨漏り対策

       街の屋根やさんが施工している様々な屋根工事と屋根リフォームの一覧をご紹介します。

      詳しくはこちら

       
       

      お客様からのQA一覧

      屋根の雨漏り対策

      お客様から寄せられた屋根に関する疑問を、当店スタッフが親身に回答しています。

      詳しくはこちら

       

      会社概要

      屋根の雨漏り対策

      弊社の会社概要になります。街の屋根やさんとはこんな会社です。

      詳しくはこちら

      無料相談受付中

        「屋根工事の期間はだいたいどれくらい?」、「屋根工事中も普通に生活していて大丈夫なの?」、「屋根リフォームに使う屋根材は何が一番いいの?」、「家の耐震性を考慮した屋根リフォームって?」などのご質問や疑問は疑問解決質問フォームからお送りください。
        点検・調査・お見積りなど、工事に関するご不明点やご相談などございましたら、お電話またはこちらのお問い合わせフォームよりご相談・お問い合わせください。
        些細なことでも遠慮なさらずお気軽にどうぞ! お客様からの様々なお問い合わせをお待ちしております。

      0120-989-742
      0120-989-742
      0120-989-742
      ページのトップへ