街の屋根やさんは全国各地で屋根工事や屋根リフォームをおこなっています。

街の屋根やさん

施工事例 お客様の声
点検・調査・お見積りなど無料で承ります!

Menu 屋根やさんメニュー

本社連絡先


■街の屋根やさん
電話 0120-989-742
E-Mail info@sharetech.co.jp
株式会社シェアテック

■本社
〒299-0261 千葉県袖ヶ浦市
福王台2-21-10
セントラルビル1F
電話 0438-60-7773
FAX 0438-60-7774

大きな地図で見る

■横浜支店
〒222-0033 神奈川県横浜市
港北区新横浜3-2-6
新横浜ビジネスセンタービル 2F
電話 045-476-9990
FAX 045-476-9989

大きな地図で見る


■東京大田支店
〒145-0071 東京都大田区
田園調布1-5-5 2F
大きな地図で見る


■東東京支店
〒132-0023
東京都江戸川区西一之江2-10-17
大場ビル1F
電話 0120-989-936

大きな地図で見る


【全国の街の屋根やさんはこちら】

富津市|業者に指摘された劣化を横暖ルーフでの屋根カバー工法で解決!
ニチハ:横暖ルーフ

台風の後は無料点検を!

富津市 屋根補修工事 屋根カバー工事

【工事のきっかけ】
スレートが錆びているので屋根の葺き替えを業者に勧められたのは富津市のK様邸です。 スレート屋根で錆びると言ったら、棟や谷の板金部分であって取替で改善は可能です。どのような状態で屋根の葺き替え工事が必要なのか確認をした上で、適切な屋根工事をご提案させて頂きます。

ビフォーアフター

施工前

屋根点検

施工後

屋根カバー工法

基本情報

  • 使用材料ニチハ:横暖ルーフ
 

【点検の様子】

室内雨漏り 小屋裏

屋根工事をしようと思った時のきっかけは何でしょうか?

屋根が汚いから?メンテナンス時期だから?業者に言われたから?雨漏りを起こしてしまったから?

様々なきっかけがありますが、今の状態によってメンテナンス方法も様々です。

点検にお伺いした際に見せて頂いたのは、雨漏りなのかな?と思う天井と小屋裏です。クロスは糊付けの為、湿度が高いと剥がれてしまいます。経年劣化か雨漏りかの判断が難しい場合はまずご相談ください。

実際に雨漏りか判断するために小屋裏点検を行います。仮に雨漏りを起こしている場合は野地板に雨染みが残るはずです。

スレート 棟板金,釘浮き

屋根全体を見ていきましょう。K様は訪問業者に「屋根が錆びている」と指摘をされたようです。スレート屋根材の場合でも錆びる部分はあります。棟や谷、更に水切り等に使用されている役物も鋼板です。棟板金を固定している釘も錆びますので定期的にメンテナンスをする必要はあります。

しかし、屋根が錆びたように見えているのは苔の発生です。スレートの塗膜が劣化することで吸水し、苔が繁殖しているのです。

更に雨水が屋根上で滞留し、繁殖させやすい状態になっているのですが、苔が生えているからと言って雨漏りを起こすわけではありません。苔が繁殖した屋根が乾燥を繰り返すことにより屋根材が反りを起こし割れやすくなります。

劣化した屋根材を保護することはできても、元の耐久性に戻させる事はできませんので、ご注意ください。

ケラバ,穴 苔

板金部分は釘が抜けてしまっています。固定が弱まることで、板金が強風により飛散することもありますので、打ち直し補修が必要です。しかし、下地が腐食してしまっていると、下地ごと交換補修が必要となります。多くのケースが棟板金に現れますので、飛散し、ご近隣へのご迷惑や雨漏りに至らないようにしましょう。

今回、補修を行う事で屋根塗装工事は可能です。しかし、苔の繁殖状況から屋根材が雨水を多く吸い込んでいることが確認できます。

苔

劣化している屋根材に塗装を行った際、通常の屋根材よりも比較的早めに塗膜が劣化する傾向があります。こまめに塗装を…と考えるよりは屋根材の変更がランニングコストを抑えられるのでお勧めです。屋根葺き替え工事か屋根カバーですが、費用を考えた時には既存屋根材の撤去が必要ない為、屋根カバー工法がお勧めとなります。

 

【施工の様子】

棟板金 防水紙

屋根カバー工法は既存の屋根材をそのままに重ね葺きをしていきます。屋根が重たくなる…のは事実なのですが、軽量の金属屋根材でカバー工法をするため、カバー後の重量は瓦屋根に及びません。

まず、棟板金と貫板を撤去し防水紙を張り付けていきます。屋根の雨漏りを防いでいるのは屋根材ではなく、防水紙(ルーフィング)の部分になります。

通常の防水紙はおよそ20~25年程の寿命の為、メンテナンスに合わせて葺き直しや葺き替え等で取替は必要になります。

防水紙,敷設 貫板

雨水が入りこまないように、軒から棟に向かった重ねるように施工し、タッカー止めを行います。屋根工事を行ったのに雨漏りを起こしたとお伺いしたケースがあります。

その際には防水紙を棟の方から張り付けていたせいで、隙間から雨水が入り込んでいました。また、雨漏りを起こした部分にのみ、防水紙を施工しカバーを行ってもいずれ雨漏りが起きてしまいます。

カバー工法の際には防水紙の施工が正しいか、屋根材を葺く前に確認する必要があります。

屋根カバー 棟板金

防水紙後に水切り・ケラバ等の役物を取りつけ屋根材を葺いていきます。屋根材は全て錆びにくいSUS製のビスで留めていくので飛散する恐れもありません。

貫板を取りつけ、棟板金の下地を作ります。貫板には木材が使用されることが多いのですが、雨水が入り腐食するのが心配…という方には樹脂製貫板をご提案しています。プラスチック樹脂製の為、腐りにくく変形も起きにくい為、頑丈な下地を作ることが出来ます。

スターター 屋根カバー

屋根カバーでは軒先にも専用役物を取りつけ覆う施工になっています。今回使用したのはニチハの横暖ルーフです。屋根材と断熱材を一体化にすることで高い断熱性能と遮音性能を維持することが出来ます。

表面は高耐久なGLめっき鋼板で錆びにくく高耐久、裏面はアルミラミネート加工紙を使用し屋内の快適な状態に保ちます。

タッチアップ

錆びにくいガルバリウム鋼板であっても表面に傷が付けば錆の発生原因になります。施工時に出来た傷を細かくチェックしタッチアップを行います。同色の塗料で補修を行い屋根カバー工法は完了です。

劣化した屋根を、屋根カバー工法によって新築同然の綺麗な状態に蘇らせることが出来ました。

屋根カバー工法は、屋根材を剥がす作業もない為、工期も短く生活しながらのリフォームが可能です。屋根のリフォームをご検討中の方、どのような補修内容が良いのかお悩み中の方、街の屋根やさんへお気軽にご相談ください。

点検・お見積りは無料にて承っております。

各種屋根工事メニュー

 私たち『街の屋根やさん』は神奈川県を含む関東全域を施工エリアとする、お住まいの屋根の専門店です!
街の屋根やさんでは下記の工事を取り扱っております。工事内容の詳細は各工事ページでご確認下さい。

屋根工事メニュー

屋根の雨漏り対策

 街の屋根やさんが施工している様々な屋根工事と屋根リフォームの一覧をご紹介します。

詳しくはこちら

 
 

お客様からのQA一覧

屋根の雨漏り対策

お客様から寄せられた屋根に関する疑問を、当店スタッフが親身に回答しています。

詳しくはこちら

 

会社概要

屋根の雨漏り対策

弊社の会社概要になります。街の屋根やさんとはこんな会社です。

詳しくはこちら

無料相談受付中

  「屋根工事の期間はだいたいどれくらい?」、「屋根工事中も普通に生活していて大丈夫なの?」、「屋根リフォームに使う屋根材は何が一番いいの?」、「家の耐震性を考慮した屋根リフォームって?」などのご質問や疑問は疑問解決質問フォームからお送りください。
  点検・調査・お見積りなど、工事に関するご不明点やご相談などございましたら、お電話またはこちらのお問い合わせフォームよりご相談・お問い合わせください。
  些細なことでも遠慮なさらずお気軽にどうぞ! お客様からの様々なお問い合わせをお待ちしております。

ページのトップへ