ブログ

施工事例

お客様の声

動画で確認!屋根工事

街の屋根やさんおすすめ屋根材

ご連絡先はこちら

街の屋根やさん東東京

〒132-0023
東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F

会社概要はこちら

街の屋根やさん東京大田

〒145-0071
東京都大田区田園調布1-5-5 1F

会社概要はこちら

ボタン

墨田区|風災による雨漏り発生を天窓防水と棟板金補修工事で改善

2018年7月、大阪北部地震、西日本豪雨で被害を受けた方、受けたかもしれない方、無料で点検いたします

2018年7月、大阪北部地震、西日本豪雨で被害を受けた方、受けたかもしれない方、無料で点検いたします

大阪北部地震に続き西日本豪雨と自然災害が頻発しております。梅雨が明けたとはいえ台風の季節も訪れ、今後も自然災害への注意が必要です。災害により被災された方、現在お住まいに対してご不安を抱え自然災害への備えをしたい方。屋根・外壁についての点検はもちろん応急処置や補修とできる限り対応させていただいておりますので、「もしかして」と不安な方はご遠慮なくご連絡ください。

墨田区 雨漏り修理 棟板金交換 防水工事 部分塗装

【工事のきっかけ】
築10年、屋根外壁塗装をご検討中のようで点検依頼を承りました。しかし、数年前に知人に住宅を貸していた際に雨漏りを起こしていると報告を受けたようです。塗装前に雨漏りを補修しなければ、再度問題が出てしまいますので、まずは雨漏りの調査をした上で補修をしていきましょう。

ビフォーアフター

施工前

棟板金塗装前

施工後

棟板金塗装完了

基本情報

 

風災,反響 クロス,雨漏り

墨田区の築10年住宅です。メンテナンス時期という事で屋根外壁塗装を検討中のようですが、室内を確認すると雨漏りの痕跡があります。クロスの剥がれは接着剤の劣化によるものです。湿度が高くなることによって、下地との接着力が弱まり壁紙が剥がれてしまいます。塗装の場合は膨れや塗膜の割れが見られますので比較的気づきやすいのかなと感じます。

屋根,勾配 側面,9寸

雨漏りを起こした場合、雨漏りの箇所は雨水を確認した場所よりも上になります。早速屋根の調査を行います。

通常の屋根であれば、梯子をかけて軒先から上がって点検を行うのですが、上がれるような勾配ではありません。都会の狭小地の場合等は特に道路斜線制限や北側斜線制限をクリアするように、屋根の勾配まで考えなくてはならないような場所もあります。その場合は点検の際にもまず、足場の仮設をとご了承頂く場合があります。今回は可能な限り確認をして作業時に雨漏りの原因を突き止めていきます。

ちなみに屋根の勾配は新築時だけでなく、将来的なメンテナンスコストに関わってきます。緩勾配の場合は足場の仮設も必要ないという程、作業効率が高いです。雨水の滞留時間は急勾配よりも長くなりがちですので屋根の劣化スピードは若干早くなってしまいます。

対して急勾配は屋根材の劣化は遅くなりますが、作業の際には必ず足場を必要としますので費用も割高になりがちです。

軒天 ケラバ,釘浮き

スタイリッシュな住宅に仕上げている為、外壁からの出がそれ程ありません。左写真の一番左の白い部分が雨樋、真ん中が軒天になります。通常、右の外壁から30㎝は出ていることが多い軒天ですので凹凸の少ない住宅ですね。横から見るとケラバの釘が浮いてしまっています。屋根の役物の固定力が落ちると屋根材の飛散に繋がってしまいますので、釘浮きには特に要注意です。

屋根 足場

屋根の状態をこちらから確認しても見える場所に限界がある為、屋根に上がれる場所に足場を仮設していきます。3階建ての場合は梯子の長さにも限界がある為、足場仮設が必要となることが多いです。

屋根作業 スレート

実際の作業の様子です。安全帯を取付落下に注意します。天窓(トップライト)部分が怪しいのですが、一見は何ともないように感じます。天窓はおよそ10年ごとにメンテナンスが必要ですので今回一度確認する必要もありますが、他の要因もあり得ます。

スレートヒビ シーリング

例えばスレートのヒビです。これで雨漏りが起きるわけではありませんが、内部の防水紙が紫外線などの影響で傷みやすくなってしまいます。また棟板金の継ぎ目のシーリングは新築時に施工をしても経年劣化によって亀裂や肉痩せが起こってしまいます。シーリングはおよそ5年前後で劣化が目立ち始めます。塗装や定期点検の際に継ぎ目のシーリングはしっかりと点検した上で適切な補修を行いましょう。

 

スレート,防水紙 スレート,シーリング

天窓周辺を確認するために上部のスレート屋根材を割って下地を点検します。防水紙の破れ等もなく、天窓との取り合いに隙間もありませんでした。

天窓 トップライト

天窓はビスを外しアルミカバーを外していきます。下地の木材に肉痩せが起こっているとビスやパッキンの効きが悪くなるために、まずは枠の変質がないかの確認をします。そして木枠の染み・変色の状態を確認します。

釘 開閉式

釘穴を確認すると黒く変色が見られます。ここから雨水が入り込んでいるのが確認できますので補修工事が必要です。ちなみにこちらは開閉式の為、開閉に不備が無いように補修する必要があります。開閉式ではなく、採光の為に天窓を取り付ける場合にはフィックスタイプのものが雨漏りのリスクも抑えられます。

ボンド ブチルテープ

木材から雨水が入り込まないようにブチルテープを取り付けていきます。木材にボンドを塗って接着力を高めます。そして防水ブチルテープを貼っていきます。

防水テープ シーリング

ブチルテープの張付が完了次第アルミカバーを戻します。ビス止め後、ビス穴から雨水が入り込まないようにシーリングで防ぎました。今回、防水テープを貼りはしましたが、応急処置程度の作業となります。実際には木材の交換や、アルミ枠の再設置等は必要だったかもしれません。天窓は屋根材と異なる素材の為、雨漏りのリスクは杖に抱えています。

出来る限り雨漏りを起こさないように定期的なメンテナンスを行いましょう。

錆止め 塗装

最後に釘等が抜けかかっていた棟板金の塗装工事です。釘の打ち直し、SUSビスでの補強御、ケレン・ペーパー掛けで棟板金の表面に傷を付けていきます。そして錆止め1回塗り、仕上げ2回塗りを行います。棟板金はスレート屋根とは違い金属系の為、錆が発生してしまいます。釘の腐食による飛散、スレート屋根への変色の流出等で見栄えが悪くなりますので、錆の出る前に塗装メンテナンスを行いましょう。

ローラー 屋根塗装

棟板金は既存の色に合わせ、2回塗りを行います。退色や苔の付着からスレートの塗装も必要なのですが、スレートの塗装には足場仮設と雨水飛散防止にメッシュシートの設置を必要としますので、今回は最低限の補修を行いました。

屋根スレート

最後に割ったスレート屋根材の新規差し替えを行い、工事は完了です。次回は天窓の交換もしくは撤去、屋根の塗装を検討していきましょう。

街の屋根やさん東東京

街の屋根やさん
    1. 電話 0120-989-742
      株式会社シェアテック
      1. 〒132-0023
        東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
    1. お問い合わせはこちらから

      各種屋根工事メニュー

       私たち『街の屋根やさん』は神奈川県を含む関東全域を施工エリアとする、お住まいの屋根の専門店です!
      街の屋根やさんでは下記の工事を取り扱っております。工事内容の詳細は各工事ページでご確認下さい。

      経験豊かなスタッフがみなさんの家の屋根を守ります!屋根工事メニュー

      街の屋根やさんが施工している様々な屋根工事と屋根リフォームの一覧をご紹介します。

      安心して工事をお願いできました!リフォームの流れ

      お客様の不安を解消できるように、お問い合わせから工事の完成までの流れをご紹介しています。

      瓦、スレート、金属、ハイブリッド、あなたの屋根はどのタイプ?

      街の屋根やさんが施工している様々な屋根工事と屋根リフォームの一覧をご紹介します。

      屋根に関するお客様の疑問にお答えします!お客様からのQA一覧

      お客様から寄せられた屋根に関する疑問を、当店スタッフが親身に回答しています。

      信頼の施工実績一覧

      弊社で行った施工事例をご紹介しています。詳細な説明と写真でわかりやすくお伝えします。

      街の屋根やさんへようこそ!会社概要

      弊社の会社概要になります。街の屋根やさんとはこんな会社です。

      0120-989-742
      0120-989-742
      0120-989-742

      地域から選ぶ

      街の屋根やさん
      おすすめ屋根塗料