ブログ

施工事例

お客様の声

動画で確認!屋根工事

街の屋根やさんおすすめ屋根材

ご連絡先はこちら

街の屋根やさん本社

〒299-0261
千葉県袖ヶ浦市福王台2-21-10 セントラルビル1F

会社概要はこちら

街の屋根やさん千葉中央

〒261-8501
千葉県千葉市美浜区中瀬1-3幕張テクノガーデンCB棟3階MBP設立準備室

会社概要はこちら

ボタン

千葉市若葉区で劣化が進行した屋根を横暖ルーフきわみで全体カバー!

2018年6月18日、大阪北部の地震で被害を受けた方、受けたかもしれない方、無料で点検いたします

2018年6月18日、大阪北部の地震で被害を受けた方、受けたかもしれない方、無料で点検いたします

2018年6月18日朝、大阪府北部を震源とした震度6弱の地震が発生しました。気象庁は引き続き大規模な地震が起きる恐れがあるとも注意しております。また梅雨時ということもあり天候も安定しない中、不安なお気持ちでお過ごしの方も多いことと思います。屋根、外壁などの被害について応急処置・補修・点検と懸命にできる限り、対応致しますので被害に遭われた方、「もしかして」と不安な方はご連絡ください。

千葉市若葉区 屋根カバー工事 屋根カバー工法 屋根カバー工法

【工事のきっかけ】
前回、屋根部分カバーを行いましたO様邸ですが、台風の影響で雨樋が割れてしまい、屋根工事を行っていないスレート屋根の棟板金が飛んでしまいました。火災保険は破損部分の補修費用しか出ません。本来であれば、軒樋と棟板金の交換をすればよいわけですが、既存のスレート屋根はすでにチョーキング現象で塗膜が粉状に変化しています。長い目で見た時に雨漏りを心配して今回は自己負担を覚悟で全体カバー工法を行います!

ビフォーアフター

施工前

千葉市,屋根,スレート

施工後

千葉市,金属屋根,きわみ

基本情報

  • 使用材料ニチハ横暖ルーフきわみ
 

2階,雨樋,破損,台風 軒樋,半丸,破損

まずこちらは2階の軒樋の破損状況です。吊り金具はあるものの、樋が中間地点で割れて真下に落ちていたといいます。経年劣化により樋自体もだいぶ傷んでいたために簡単に割れてしまいますが、築年数が浅くても吊り金具の数などで破損の確率は上がります。7mと決して長くはない距離ですが、施工の為に足場を必要とする場所です。

軒樋,半丸,破損,取替,台風,セキスイ,S100 棟板金,飛散,貫板,スレート

今回は1面のみの破損ですのであまり問題はありませんが、部分的に破損してしまった場合に雨樋の品番は大変重要になります。メーカー・品番によって廃盤になっているケースがありますので、サイズが違う場合は全交換が必要になってしまいます。

雨樋だからそれ程費用も掛からないだろうという思いを覆される可能性もありますので、まずはお問い合わせください。

続いては台風に煽られてしまった棟板金です。台風当日にばたばたと激しい音がしていたと不安を感じていたようですが不幸中の幸い、棟板金はかろうじて残っていました。外れて飛んでしまっては恐らく近隣のお客様にもご迷惑が掛かってしまったと思います。取替には使用できませんが、工事までには内部の腐食防止の為にもステンレスビスで固定し直します。

棟板金,既存,スレート,屋根,貫板腐食 貫板,浮き,釘,抜け

台風直後の様子です。棟板金は貫板と言われる下地木材に打ち付けて固定していますので、貫板が腐食することで棟板金ごと飛散してしまいます。今回の工事では貫板をステンレスビスで止めた上で、棟板金を同様のビスで止めますが、どの材料にも関わらず水が入り込むことによって腐食してしまう事をご理解ください。金属屋根材でのカバー工事を行ったとしても、屋根材自体の耐久性があがっても、定期的なメンテナンスをしないことによって雨漏りや破損が起きてしまうという事です。

既存,屋根,スレート,カバー スレート,屋根,屋根,カバー部分,きわみ

施工前の屋根の状況です。1年ほど前のカバー工事部分と棟板金を境に施工しますので、一度棟板金と雨押えの板金は取り外します。再施工と言って隙間が出来てしまっては話になりませんので板金も丁寧に取り外します。通常の屋根工事では足場を必要とするケースが多いですが、緩勾配の為足場の架設をせずに安全第一で施工を進めていきます。

棟板金,撤去,雨押え,外し 前回,工事,棟板金,取り外し

ご迷惑にならないよう作業車の駐車位置の確認、工事日程の打ち合わせを行い近隣の方にご挨拶・ご理解を頂いた上で工事に入ります!

屋根カバー工法は既存の屋根材・防水紙もそのままに新たに屋根材を被せていく施工です。そのため、屋根を剥がす必要もなく埃やゴミが出ない、生活が出来ない状態にはならない、日数がそれ程かからないといったメリットがあります。それに対し屋根に屋根を被せることで耐震性に不安を感じると意見も頂きますが、確かにスレート屋根のみの場合と比べ重量は上がります。それでも瓦屋根と比べると1/2程度になりますので耐震性にはそれ程影響が出ないかと思います。

メリット尽くしのカバー工法ですが、もちろんカバー工法に向いていない屋根もあります。瓦屋根には向きませんし下地の状況によってはそのまま施工が不可能な場合があります。下地の状態が不十分のまま施工をすると内部が腐食し、雨漏りや破損を起こす可能性がありますので、やり直し工事が必要になってしまいます。不必要な費用を抑えるためにもしっかり点検の際に見させていただいてから工事のご提案をさせて頂きます。

棟板金,撤去,カバー工法 スターター,きわみ,横暖ルーフ,ニチハ

カバー工法開始です。まずは既存の棟板金とz年会施工の板金を外します。軒先に取り付けているのは屋根改修用のスターターと呼ばれる部材です。軒先に墨出しをしてからビスで止めていきます。

スターター,取付,改修用 タディスセルフ,防水紙,粘着式

スターターの取付が終わってから防水紙の貼付となりますが、屋根カバーと葺き替え工事の場合でも防水紙の種類と使用する役物は変わります。また屋根の勾配によっても気を付けるポイントは違います。こちらのO様邸は緩勾配ですので、粘着層ルーフィング「タディスセルフ」を使用します。またタディスセルフにも貼り直すことが出来、張りつけ後2時間後に粘着力と防水効果が発揮する遅延粘着型下葺き材です。

粘着式,防水紙,ルーフィング,軒先 きわみ,カバー工法

施工の中では常識でもありますが、通常屋根も防水紙も水下から水上に向かって貼っていきます。これは雨水が流れてくる際に内部に入らないようにするためですが、水上から貼っていた住宅も少なからず存在しますので施工の際に一度写真等で確認させてもらうと安心ですね!また重ねるのは基本中の基本!棟や通常の箇所は10cm以上重ね、壁際からも25cm以上重ねて雨水の侵入を防ぎます。

防水紙を張り終え、時間を置いたところでようやく横暖ルーフきわみを貼っていきます。ニチハの横暖ルーフきわみの特徴として屋根材自体に遮熱鋼板を使用しているため重ね葺きをすることによって室内が涼しく感じられるかと思います。またメーカー保証でも塗膜・赤錆10年保証が付いていますので屋根材表面の耐久性も充分です。防水紙と同じように水下から重ねてビスで止めていきます。

棟板金,カバー 棟板金,カバー,棟包み

雨押え,木材,下地 雨押え,板金,加工

全体的にカバー工法は完了し、細かい部分を残すのみとなりました。棟板金部分には新しい貫板の設置、板金をビスで固定します。雨押え部分にも下地を設置して板金を取り付けますが、通常の寸法ではあいませんので、板金自体を加工し取り付けます。

養生,マスキングテープ コーキング,下地補修,プライマー

壁との取り合い部分がこのままでは簡単に雨水が入って下地を痛めてしまいますので、マスキングテープで養生をしてからコーキングを充填していきます。この際にマスキングテープが曲がってしまうと仕上がりが汚くなってしまうのでまっすぐ前回施工と合わせながらまっすぐ浮きのないように貼っていきます。コーキング前には密着力を高めるためにプライマーを塗布していきます。プライマー塗布するとその日のうちにコーキングを充填しなければいけませんし、雨も心配ですので時間との勝負になります。

コーキング,防水 ステンレスビス,固定,塗装

左写真はコーキング施工をした後です。コーキングは防水の為に施工しているので隙間を絶対に作らないようにしっかり充填していきます。充填後は素早くマスキングテープを取り除いて他についてしまったコーキングを掃除します。ステンレスビスは美観と表面保護のために屋根材と同じ色で塗装を行い完工です。

未施工部分,点検,コーキング 屋根材,割れ,コーキング

余談ですが今回施工した逆側にも屋根がある住宅ですので施工時に点検を行いました。やはり塗膜はチョーキング(白亜化)現象が起き白く粉状になってしまっています。屋根材に割れも点々とありますが、何度かコーキングで補修をしているようですね!

点検の際には壁との取り合いにも隙間がありましたので、コーキングを補修致しました。

棟板金,釘 棟板金,ステンレスビス

また釘の浮きもありましたので棟板金が飛散しないように釘を抜きステンレスビスを打ち込みました。雨漏りも起こしていませんので最低限の補修をし、あくまで応急措置ですが屋根の状況を含めてお客様に報告いたしました。

 

 

【工事完了後】

千葉市,屋根カバー,きわみ,グリーン

ニチハ横暖ルーフきわみで屋根カバー工法が完工いたしました。 抜群の耐久力と遮音性・遮熱効果を兼ね備えているきわみはメーカー保証も塗膜・赤錆10年がついていますので安心の屋根材です! それに併せ弊社では施工保証も10年付けさせていただいていますので雨漏りなしの屋根修理を自信をもってご提案させて頂いております。

街の屋根やさん本社

街の屋根やさん
    1. 電話 0120-989-742
      株式会社シェアテック
      1. 〒299-0261
        千葉県袖ヶ浦市福王台2-21-10 セントラルビル1F
    1. お問い合わせはこちらから

      千葉市若葉区と近隣地区の施工事例はこちら

      各種屋根工事メニュー

       私たち『街の屋根やさん』は神奈川県を含む関東全域を施工エリアとする、お住まいの屋根の専門店です!
      街の屋根やさんでは下記の工事を取り扱っております。工事内容の詳細は各工事ページでご確認下さい。

      経験豊かなスタッフがみなさんの家の屋根を守ります!屋根工事メニュー

      街の屋根やさんが施工している様々な屋根工事と屋根リフォームの一覧をご紹介します。

      安心して工事をお願いできました!リフォームの流れ

      お客様の不安を解消できるように、お問い合わせから工事の完成までの流れをご紹介しています。

      瓦、スレート、金属、ハイブリッド、あなたの屋根はどのタイプ?

      街の屋根やさんが施工している様々な屋根工事と屋根リフォームの一覧をご紹介します。

      屋根に関するお客様の疑問にお答えします!お客様からのQA一覧

      お客様から寄せられた屋根に関する疑問を、当店スタッフが親身に回答しています。

      信頼の施工実績一覧

      弊社で行った施工事例をご紹介しています。詳細な説明と写真でわかりやすくお伝えします。

      街の屋根やさんへようこそ!会社概要

      弊社の会社概要になります。街の屋根やさんとはこんな会社です。

      0120-989-742
      0120-989-742
      0120-989-742

      地域から選ぶ

      街の屋根やさん
      おすすめ屋根塗料