ブログ

施工事例

お客様の声

動画で確認!屋根工事

街の屋根やさんおすすめ屋根材

ご連絡先はこちら

街の屋根やさん
本社連絡先

〒299-0261
千葉県袖ヶ浦市福王台
2-21-10 セントラルビル1F

お客様窓口

0120-989-742

代表電話

0438-60-7773

FAX

0438-60-7774

ボタン

シルガードで棟瓦の漆喰を詰め直しました|横浜市鶴見区

横浜市鶴見区 

【工事のきっかけ】
横浜市鶴見区でおこなった工事は漆喰の詰め直し工事です。瓦屋根の棟瓦は土を土台にして積んであり、土が崩れない様に漆喰で保護しています。漆喰が剥がれていると土が剥き出しになってしまい、雨が降ると土が削れて棟瓦が崩れてしまいます。簡単に済ませる為に古い漆喰の上から詰め増しをおこなう事があるのですが、漆喰を塗る位置がのし瓦との位置関係によっては、内側に雨水が入り込む原因になってしまいますので注意が必要です。今回使用するのは『シルガード』です。南蛮漆喰という漆喰の一種で、防水性と施工性を高めた漆喰です。棟瓦の下はシルガードを適切な位置で詰め直しましたので、暫くは棟瓦が崩れる心配もなくなりました。

ビフォーアフター

施工前

工事前

施工後

工事後

基本情報

  • 施工期間1日
  • 築年数20年
  • 平米数105㎡
  • 使用材料シルガード
 

工事前

瓦屋根に上ると白い欠片があちこちに落ちているのが見えました。屋根がズレたり崩れたりはしていませんので、その点はまだ安心です。

白い欠片は棟瓦から剥がれたしっくいです。漆喰は、棟瓦の土台になっている土を保護する為に塗られているのですが、しっくいが剥がれると、土が剥き出しになってしまい雨が降ると流れ出して棟が崩れてしまいます。この様に漆喰が剥がれていたら塗り直しが必要です。

古い漆喰は剥がしてから詰め直します

元々剥がれていたり浮いている漆喰もありますので、古い漆喰を全て剥がしていきます。上から漆喰を重ね塗りする業者もいるようですが、のし瓦の位置によっては重ね塗りした事で雨水を中に引き込んでしまい、棟瓦が崩れる原因になってしまいます。

使うのは『シルガード』です。南蛮漆喰で防水性と施工性が高いので、漆喰工事の殆どはシルガードが使われています。古い漆喰を剥がして剥き出しになった土の上にシルガードを詰めていきます。

鶴首という専用の金ゴテを使って表面を綺麗にならします。熟練の腕で完璧な仕上がりになりました。シルガードを綺麗に詰めて劣化している部分も無くなりましたので、これで棟瓦が崩れる心配も無くなりました。

【工事完了後】

シルガード詰め直し完成

漆喰は詰め増ししてしまうと、のし瓦との位置によっては雨水が中に回ってしまう事になりますので、古い漆喰を剥がしてから新しい『シルガード』を詰めます。

黒いシルガードも、年数が経過するにつれ表面が白く変わっていきます。

黒のシルガード

黒いシルガードも、年数が経過するにつれ表面が白く変わっていきます。

お問い合わせはこちらから

各種屋根工事メニュー

 私たち『街の屋根やさん』は神奈川県を含む関東全域を施工エリアとする、お住まいの屋根の専門店です!
街の屋根やさんでは下記の工事を取り扱っております。工事内容の詳細は各工事ページでご確認下さい。

経験豊かなスタッフがみなさんの家の屋根を守ります!屋根工事メニュー

街の屋根やさんが施工している様々な屋根工事と屋根リフォームの一覧をご紹介します。

安心して工事をお願いできました!リフォームの流れ

お客様の不安を解消できるように、お問い合わせから工事の完成までの流れをご紹介しています。

瓦、スレート、金属、ハイブリッド、あなたの屋根はどのタイプ?

街の屋根やさんが施工している様々な屋根工事と屋根リフォームの一覧をご紹介します。

屋根に関するお客様の疑問にお答えします!お客様からのQA一覧

お客様から寄せられた屋根に関する疑問を、当店スタッフが親身に回答しています。

信頼の施工実績一覧

弊社で行った施工事例をご紹介しています。詳細な説明と写真でわかりやすくお伝えします。

街の屋根やさんへようこそ!会社概要

弊社の会社概要になります。街の屋根やさんとはこんな会社です。

0120-989-742
0120-989-742
0120-989-742

地域から選ぶ

街の屋根やさん
おすすめ屋根塗料