街の屋根やさんは全国各地で屋根工事や屋根リフォームをおこなっています。

街の屋根やさん

施工事例 お客様の声
点検・調査・お見積りなど無料で承ります!

Menu 屋根やさんメニュー

本社連絡先


■街の屋根やさん
電話 0120-989-742
E-Mail info@sharetech.co.jp
株式会社シェアテック

■本社
〒299-0261 千葉県袖ヶ浦市
福王台2-21-10
セントラルビル1F
電話 0438-60-7773
FAX 0438-60-7774

大きな地図で見る

■横浜支店
〒222-0033 神奈川県横浜市
港北区新横浜3-2-6
新横浜ビジネスセンタービル 2F
電話 045-476-9990
FAX 045-476-9989

大きな地図で見る


■東京大田支店
〒145-0071 東京都大田区
田園調布1-5-5 2F
大きな地図で見る


■東東京支店
〒132-0023
東京都江戸川区西一之江2-10-17
大場ビル1F
電話 0120-989-936

大きな地図で見る


【全国の街の屋根やさんはこちら】

船橋市|瓦棒屋根の雨漏りをカバールーフN455でシャットアウト、雨漏り跡の室内天井も張り替えました
ニック金属カバールーフN455

台風18号にお気をつけください

船橋市 屋根カバー工事 その他の工事 室内天井張替

【工事のきっかけ】
一年くらい前から雨漏りがする、との事で調査に伺った船橋市のF様邸ですが、風向きや雨の強さで漏ったり漏らなかったりと雨漏りにありがちなとっても悩ましい症状との事でした。内部、外部と調査をさせて頂く中で該当箇所の瓦棒屋根のカバーを行う工事を承りました。室内の天井も張替工事を承らせていただきました。

ビフォーアフター

施工前

施行前

施工後

施工後

基本情報

  • 平米数15㎡
  • 使用材料ニック金属カバールーフN455
 

【点検】

船橋市瓦棒雨漏り点検002 船橋市瓦棒雨漏り点検001

室内の様子から拝見いたしました。天井のクロスが大きく剥がれてしまっています。窓側からではない剥がれ方で下地の雨水ベニヤもかなり水を吸った形跡があり脆くなっています。

船橋市瓦棒雨漏り点検003

小屋裏から漏水箇所の方面へは増築の為いくことが出来ませんでした。銀色に光っている部分より奥側が雨漏りの該当場所となります。

船橋市瓦棒雨漏り点検004 船橋市瓦棒雨漏り点検006

屋根上からの点検をおこないます。小屋裏の中より見えたのはこの取り合い部分の壁です。もともとの壁に金属サイディングをカバー工事したようです。雨漏りの原因になりやすい取り合い部分を疑いますが部屋の中からではそのような痕跡は見当たりませんでした。

船橋市瓦棒雨漏り点検007 船橋市瓦棒雨漏り点検005

漏水箇所真上の瓦棒屋根です。なぜだかカッパの色が違っています。釘浮も激しいですが、鋼板部分に穴あき、錆などは見つけられませんでした。

船橋市瓦棒雨漏り点検009 船橋市瓦棒雨漏り点検008

工事を行う際はいずれにしても内装はやり直したい、とのご希望がありましたので一部天井を剥がさせていただきました。するとご覧のようなかなりの漏水痕があります。垂木にも梁にも漏水痕が残っている状況です。可能性のある部分をつぶしていく工事が必要ですので増築部の取り合いと瓦棒屋根部分のカバー工事を行うこととなりました。

【工事】

船橋市瓦棒カバー工事001 船橋市瓦棒カバー工事002

カバー工事に使用するのはニック金属のカバールーフN455と言われる縦葺きの屋根材です。既存屋根の上に防水紙であるアスファルトルーフィングを敷設します。既存外壁取り合いの奥までルーフィングを敷きこみ雨仕舞を完璧にします。

船橋市瓦棒カバー工事003 船橋市瓦棒カバー工事004

ルーフィングの上からカバールーフN455をまさに、はめ込むようなイメージで施工していきます。外壁取り合いの雨押えは既存雨押えを残して上からカバーします。既存雨押えが外壁に飲み込まれていることも理由の1つです。

船橋市瓦棒カバー工事005 船橋市瓦棒カバー工事008

最終的な取り合い部分はシッカリとコーキングを摺り込んで防水処理します。軒先の様子は写真の様になっています。面戸と一体化しています。

船橋市瓦棒カバー工事007 船橋市瓦棒カバー工事006

屋根のカバー工事は終了いたしました。大屋根の瓦棒屋根はそのままなのですが、釘が異常なほど飛び出している箇所が多いのでもとに戻しておきます。垂木は元気なようで釘はシッカリと効いてくれました。それなのになぜこんなに釘が飛び出してしまっていたのかはわからないところです。

船橋市瓦棒カバー工事009 船橋市瓦棒カバー工事010

内装の天井張替工事に入ります。もともとあった薄いベニヤはクロスと共に剥がしてしまいます。剥がした様子はこのような作りになっています。今回の内装工事は縦長のクロスが貼ってあるベニヤ板を使用いたします。ニハチと言われる二尺×八尺のベニヤです。下地の木材が無いところには木材を入れていきます。外側の縁にあたる部分には全週にわたって下地を入れました。

船橋市瓦棒カバー工事012 船橋市瓦棒カバー工事013

雨漏りを起こしていない側は重ね張りにて施工を行いました。雨漏りをしていた側の天井は割り振りを計算しながらの施工となります。

船橋市瓦棒カバー工事014 船橋市瓦棒カバー工事016

天井材はボンドとタッカーを使用して固定していきます。建物の矩が完全には出ていないのでコーナー部分や端の部分には少し注意が必要です。

船橋市瓦棒カバー工事015

取り外してあった電気器具を元に戻して内装工事も終了いたしました。

 

【工事完了後】

完全にカバールーフで覆われた既存屋根

既存屋根の上にアスファルトルーフィングを敷き詰めカバールーフを敷設した瓦棒屋根は平場からは水の入りようがありません。

建て増しをしている部分の壁の取り合い部までアスファルトルーフィング入れ込んで雨押さえを入れ込んであります。取り合い部からの浸水も安心です。

雨押え

建て増しをしている部分の壁の取り合い部までアスファルトルーフィング入れ込んで雨押さえを入れ込んであります。取り合い部からの浸水も安心です。

室内もキレイになって明るくなりました。

各種屋根工事メニュー

 私たち『街の屋根やさん』は神奈川県を含む関東全域を施工エリアとする、お住まいの屋根の専門店です!
街の屋根やさんでは下記の工事を取り扱っております。工事内容の詳細は各工事ページでご確認下さい。

屋根工事メニュー

屋根の雨漏り対策

 街の屋根やさんが施工している様々な屋根工事と屋根リフォームの一覧をご紹介します。

詳しくはこちら

 
 

お客様からのQA一覧

屋根の雨漏り対策

お客様から寄せられた屋根に関する疑問を、当店スタッフが親身に回答しています。

詳しくはこちら

 

会社概要

屋根の雨漏り対策

弊社の会社概要になります。街の屋根やさんとはこんな会社です。

詳しくはこちら

無料相談受付中

  「屋根工事の期間はだいたいどれくらい?」、「屋根工事中も普通に生活していて大丈夫なの?」、「屋根リフォームに使う屋根材は何が一番いいの?」、「家の耐震性を考慮した屋根リフォームって?」などのご質問や疑問は疑問解決質問フォームからお送りください。
  点検・調査・お見積りなど、工事に関するご不明点やご相談などございましたら、お電話またはこちらのお問い合わせフォームよりご相談・お問い合わせください。
  些細なことでも遠慮なさらずお気軽にどうぞ! お客様からの様々なお問い合わせをお待ちしております。

ページのトップへ