ブログ

施工事例

お客様の声

動画で確認!屋根工事

街の屋根やさんおすすめ屋根材

ご連絡先はこちら

街の屋根やさん本社

〒299-0261
千葉県袖ヶ浦市福王台2-21-10 セントラルビル1F

会社概要はこちら

街の屋根やさん千葉中央

〒261-8501
千葉県千葉市美浜区中瀬1-3幕張テクノガーデンCB棟3階MBP設立準備室

会社概要はこちら

ボタン

船橋市でコロニアルからの屋根リフォーム、横暖ルーフきわみで屋根カバー工法

2018年6月18日、大阪北部の地震で被害を受けた方、受けたかもしれない方、無料で点検いたします

2018年6月18日、大阪北部の地震で被害を受けた方、受けたかもしれない方、無料で点検いたします

2018年6月18日朝、大阪府北部を震源とした震度6弱の地震が発生しました。気象庁は引き続き大規模な地震が起きる恐れがあるとも注意しております。また梅雨時ということもあり天候も安定しない中、不安なお気持ちでお過ごしの方も多いことと思います。屋根、外壁などの被害について応急処置・補修・点検と懸命にできる限り、対応致しますので被害に遭われた方、「もしかして」と不安な方はご連絡ください。

船橋市 屋根カバー工事 屋根カバー工法 屋根カバー工法

【工事のきっかけ】
昨夏に雨漏り補修工事でお世話になりました船橋市のお客様からご近所で屋根のことでお困りになられているお客様をご紹介いただきました。早速調査にお伺いさせていただいたところ他社様に塗装工事を勧めれらたそうです。雨漏りはしていないとの事でしたが状況確認に屋根にのぼらせていただくと明らかに野地板が柔らかくしなっているのを感じました。状況をお客様にご説明し塗装では長くもたないので費用も無駄になってしまう事、今後雨漏りの可能性があることから屋根リフォームでは今やスタンダードな屋根カバー工法にて横暖ルーフきわみで屋根カバー工事を承ることとなりました。

ビフォーアフター

施工前

以前葺き替えを行われたコロニアル屋根で塗装歴あり

施工後

ニチハ横暖ルーフきわみKグリーン

基本情報

  • 施工内容屋根カバー工事 屋根カバー工法 屋根カバー工法
  • 施工期間2日間
  • 築年数40年
  • 平米数38㎡
  • 使用材料ニチハ 横暖ルーフ きわみ Kグリーン
 

【点検】

船橋市屋根カバー001 船橋市屋根カバー003

以前に塗装を行っていますが塗膜はすっかり剥がれかけ、苔も北側を中心に発生しています。何よりも乗った感触がしなっているのがわかるような状態でした。原因となりやすい棟廻りですが、釘浮、棟板金を脳天打ちと言われる板金の真上から打ち込む施工が行われています。これはアヤシイです。

【工事】

コロニアルからカバー船橋工事002 コロニアルからカバー船橋工事001

まずはその問題の棟を外していきます。棟は外を覆っている棟包み、内部にある木材の貫板で構成されています。お客様の棟の貫板の軒側はコーキングで止められている状態でした。これは水が排出されないため貫の腐食の原因になります。

コロニアルからカバー船橋工事中001 コロニアルからカバー船橋工事004

軒先の貫板はもうボロボロです。貫板はかなり腐食が進んでおりました。これでは釘が抜けてしまっていても仕方ない状況です。

コロニアルからカバー船橋工事009

棟の廻りからは思った以上に埃が出ます。この後の粘着式改質アスファルトルーフィングの敷設のためにも屋根の上はキレイに掃除を行います。

コロニアルからカバー船橋工事007 コロニアルからカバー船橋工事008

ルーフィングの敷設の前に軒先唐草と言われる板金を軒先に施工していきます。正式には今回の工事で使用したのは水切りゼロスターターという板金です。形状は写真の様になっていて

コロニアルからカバー船橋工事005 コロニアルからカバー船橋工事006

この様に軒先にスッポリとはまります。もちろん屋根にはステンレス製ビスで固定を行います。軒先にはまっている部分のすぐ上が凹んでいる部分に屋根材の横暖ルーフきわみを引っ掛けていくようなイメージで施工されます。

コロニアルからカバー船橋工事010 コロニアルからカバー船橋工事011

防水の要、改質アスファルトルーフィングの敷設に移ります。街の屋根やさんの施工では基本的にカバー工法の場合は粘着式のタディスセルフを使用していきます。極力屋根をいじめないためです。通常のアスファルトルーフィングは屋根面にタッカーなどで固定しますが年数が経った屋根をみるとこのタッカーが錆びてなくなってしまっていてそこのルーフイングが破けてしまっているのをよく見かけます。穴は無い方が安心ですよね。

コロニアルからカバー船橋工事012 コロニアルからカバー船橋工事013

ルーフィングも軒側からはりあげていきます。雨仕舞的にも上に重なっていく方が水は入りにくいのです。屋根材を見ればご納得ですよね。屋根材も下から上に向かって施工されていきます。また他社様の施工と異なる部分ですが、屋根垂木の位置に墨だしをおこなってそこにステンレスビス止めで本体を固定します。これも屋根を極力いじめないことにつながっています。

コロニアルからカバー船橋工事015 コロニアルからカバー船橋工事017

新規の屋根材に使用するのはニチハの横暖ルーフきわみです。表面はガルバリウム鋼板を使用し、芯に硬質ウレタンフォームで断熱と遮音性を向上させています。また裏面にはアルミシートを施すことで熱を反射させています。屋根カバー工事、屋根葺き替え工事では定番中の定番、大人気商品です。

コロニアルからカバー船橋工事018 コロニアルからカバー船橋工事016

遮熱塗装がされた鋼板を使用しています。遮熱でないものと遮熱である物ではかなりの表面温度差が出てくるものです。これからの暑くなる季節効果の違いが体感できるのではないでしょうか。お客様のお選びになられた色はkグリーン色です。もともとの屋根の色はグリーンだったそうでその為このお色をお選びになられました。きっと色々な思い出があるのでしょうね。

コロニアルからカバー船橋工事014 コロニアルからカバー船橋工事中004

ルーフィングの敷設が終わり、いよいよ屋根材の荷揚げ作業となります。いくら軽量な横暖ルーフでもさすがに担いでは登れません。荷揚げ機を使って1ケースずつ屋根に上げていきます。屋根の上で梱包からばらされた横暖ルーフきわみは軒先側から棟側に向かって施工がされていきます。

コロニアルからカバー船橋工事中002 コロニアルからカバー船橋工事中003

横暖ルーフきわみ本体の縦のはまり方は想像もしやすいですが横はどのようにつながっていくかと言いますと、しっかりと考えられていてつなぎの上になる本体を下の本体にかぶせるようにスライドさせてはめ込みます。

コロニアルからカバー船橋工事中005 コロニアルからカバー船橋工事中006

本体の切断には専用の押切りか板金ばさみにて行います。金属ですからサンダーでなんてことは絶対にできません。横暖ルーフきわみに使用している錆に強いガルバリウム鋼板と言えどもサンダーなどの切粉になってしまった場合は錆になってしまいます。そうなると何の為に腐食に強く高耐久なガルバリウム鋼板屋根材を使用したか意味がなくなってしまいます。

コロニアルからカバー船橋工事中007 コロニアルからカバー船橋工事中008

屋根が全体に葺きあがりました。いよいよ完成も目前です。各棟を収めるために貫板を設置していきます。貫板と屋根材横暖ルーフきわみの間にはケミカル面戸と呼ばれるスポンジ状の面戸を設置します。もちろん止水・防水が目的です。

コロニアルからカバー船橋工事中009 コロニアルからカバー船橋工事中010

貫板とケミカル面戸の施工が終わりました。この上に棟板金を設置していきます。各棟の板金が重なる様に調整を行っています。屋根の上はなかなか普段見ることはできないところですがこの棟の重なり部分にも収めかたが美しいかそうでないかがある物です。一番大切なのはもちろん機能ではありますがここは、街の屋根やさんのこだわりでもあります。

コロニアルからカバー船橋工事中011 コロニアルからカバー船橋工事中012

棟板金を貫板にステンレスビスで打ち込んで固定して行きます。親棟と呼ばれる屋根の頂点の部分の板金には止水・防水の目的もありシーリングを入れて被せます。

コロニアルからカバー船橋工事中013 コロニアルからカバー船橋工事清掃001

各棟の被せの部分に横暖ルーフきわみのKグリーンと同色のコーキングを施し、施工の際に付いた足跡をモップと雑巾を使ってキレイにしていよいよ屋根カバー工法にて行った屋根リフォームが終了となりました。

 

【工事完了後】

横暖ルーフの下がり棟収め

内部の貫板も新しくなり棟包みの板金もステンレスビスにて固定をされていますので台風でも吹き飛ばされることなく安心です。

西日に映える横暖ルーフのKグリーン色。遮熱樹脂塗装がされています。塗膜の著しい色褪せや錆に対してもメーカーであるニチハから10年の保証が付いています。素材のガルバリウム鋼板は非常に耐久性の高い鋼板ですので屋根に関してはしばらく省メンテナンスがはかれます。

西日に映える横暖ルーフきわみKグリーン

西日に映える横暖ルーフのKグリーン色。遮熱樹脂塗装がされています。塗膜の著しい色褪せや錆に対してもメーカーであるニチハから10年の保証が付いています。素材のガルバリウム鋼板は非常に耐久性の高い鋼板ですので屋根に関してはしばらく省メンテナンスがはかれます。

街の屋根やさん本社

街の屋根やさん
    1. 電話 0120-989-742
      株式会社シェアテック
      1. 〒299-0261
        千葉県袖ヶ浦市福王台2-21-10 セントラルビル1F
    1. お問い合わせはこちらから

      各種屋根工事メニュー

       私たち『街の屋根やさん』は神奈川県を含む関東全域を施工エリアとする、お住まいの屋根の専門店です!
      街の屋根やさんでは下記の工事を取り扱っております。工事内容の詳細は各工事ページでご確認下さい。

      経験豊かなスタッフがみなさんの家の屋根を守ります!屋根工事メニュー

      街の屋根やさんが施工している様々な屋根工事と屋根リフォームの一覧をご紹介します。

      安心して工事をお願いできました!リフォームの流れ

      お客様の不安を解消できるように、お問い合わせから工事の完成までの流れをご紹介しています。

      瓦、スレート、金属、ハイブリッド、あなたの屋根はどのタイプ?

      街の屋根やさんが施工している様々な屋根工事と屋根リフォームの一覧をご紹介します。

      屋根に関するお客様の疑問にお答えします!お客様からのQA一覧

      お客様から寄せられた屋根に関する疑問を、当店スタッフが親身に回答しています。

      信頼の施工実績一覧

      弊社で行った施工事例をご紹介しています。詳細な説明と写真でわかりやすくお伝えします。

      街の屋根やさんへようこそ!会社概要

      弊社の会社概要になります。街の屋根やさんとはこんな会社です。

      0120-989-742
      0120-989-742
      0120-989-742

      地域から選ぶ

      街の屋根やさん
      おすすめ屋根塗料