街の屋根やさんは全国各地で屋根工事や屋根リフォームをおこなっています。

街の屋根やさん

施工事例 お客様の声
点検・調査・お見積りなど無料で承ります!

Menu 屋根やさんメニュー

本社連絡先


■街の屋根やさん
電話 0120-989-742
E-Mail info@sharetech.co.jp
株式会社シェアテック

■本社
〒299-0261 千葉県袖ヶ浦市
福王台2-21-10
セントラルビル1F
電話 0438-60-7773
FAX 0438-60-7774

大きな地図で見る

■横浜支店
〒222-0033 神奈川県横浜市
港北区新横浜3-2-6
新横浜ビジネスセンタービル 2F
電話 045-476-9990
FAX 045-476-9989

大きな地図で見る


■東京大田支店
〒145-0071 東京都大田区
田園調布1-5-5 2F
大きな地図で見る


■東東京支店
〒132-0023
東京都江戸川区西一之江2-10-17
大場ビル1F
電話 0120-989-936

大きな地図で見る


【全国の街の屋根やさんはこちら】

猿島郡で物置トタン屋根の葺き替え工事と内装を木下地から組み上げての石膏ボード張りと塗装でリニューアルしました
ガルバ波板,石膏ボード,断熱材100mm,関ペ一液Mレタン,水性ケンエース

台風21号が接近しています。対策できていますか?

猿島郡境町 屋根葺き替え 棟板金交換 雨樋交換 雨漏り修理

【工事のきっかけ】
茨城県猿島郡のS様より物置の改修のご相談を頂きました。内部を物置ではない使い方をご検討の為、雨漏りがお困りごととの事です。雨漏りの改修には状態から屋根の葺き替え工事を行う方法がベスト工事とご提案をさせて頂き、工事を承りました。屋根がキレイになっていく過程で内装の壁作成もご依頼頂き工事を行わせていただくこととなりました。

ビフォーアフター

施工前

腐食と錆の進んだ波板トタン

施工後

鮮やかな青のガルバ波板

基本情報

  • 使用材料ガルバ波板,石膏ボード,断熱材100mm,関ペ一液Mレタン,水性ケンエース
 

【点検】

猿島点検001 猿島点検002

もともとはお母屋の側にあった物置を移設したそうです。屋根は全体的に錆が発生して軒先は腐食で欠損しているところも見受けられました。

猿島点検004 猿島点検003

屋根の裏側から見た様子です。野地板は数ミリのベニヤしかなく、経年でボロボロになってしまっています。

猿島点検005 猿島点検006

室内から見た屋根の様子です。天井の野地板は雨漏りで大きくしなってしまっています。屋根材の劣化具合などを考慮してここは葺き替え工事を行う方向でs様とお話を進めていきました。

【工事】

猿島屋根工事001 猿島屋根工事002

S様のご同意を頂き工事を承りました。葺き替えですので既存の屋根の撤去から始まります。下地が鉄骨という事もあり屋根の母屋ピッチは600mmと広めです。野地板も薄いベニヤの為、安全に配慮しながらの作業となりました。下屋根のタルキピッチは通常の455mmとなっていました。

猿島屋根工事003 猿島屋根工事004

屋根を剥がしながら室内にはこのように野地板の剥がれたものが落ちてしまいます。ここまで剥がれてしまうとは想像してなかった部分でした。(ブルーシートを敷いておけばよかったと後悔)母屋木のサイズは比較的細めではありましたがしっかりとしていたため現状を使用しての新規野地板貼りです。針葉樹合板の12mmの物を使用しています。ここまでくれば安心して屋根にのぼれます。作業のピッチも進みます。

猿島屋根工事005 猿島屋根工事006

野地板の施工の後は、防水紙、ルーフィングの敷設です。既存の屋根はルーフィングはありませんでしたのでベニヤだけでは雨漏りしてしまうのも当然と言えば当然なのですが。人が住むようには考えてなく作ってあったからでしょう。防水紙が敷き終ったあとは新規のガルバ波板を屋根に固定していくための下地の胴縁を等間隔で施工します。ガルバ波板が縦葺きになるので、下地の胴縁は横、貼る屋根に対して垂直方向に施工します。

猿島屋根工事007 猿島屋根工事008

ガルバ波板を先ほど施工した胴縁に釘で打ち付けて固定をして行きます。釘を止めるのはもちろん波板の山側の方です。棟の収めもほぼ完成まで近づきました。

【内装工事】

猿島郡木下地組003 猿島郡木下地組004

屋根の葺き替え工事が終了してあとは内装工事に移ります。内装工事の内容は簡単にいいますと、壁を作る、という事です。しかしながら言うのは簡単なのですが実際に行うとこれはこれでかなりの労力がかかる物です。建物は角があって一見、カネと言われる直角が取れているように思われるかもしれません。ところが実際は結構バラバラだったりもします。バラバラのまま下地を組み上げていくと、壁面を作成する、今回の場合は石膏ボードですが、平らにならなくなってしまうのです。その為に墨だしをおこなって水平、垂直を合わせて下地を組んでいきます。下地に使う木材は、下地材のマルチプレーヤー、インニッサンです。屋根にも壁にも大活躍します。

猿島郡木下地組005 猿島郡木下地組006

基準点を作成して墨をだしながら下地の施工は進められました。レーザー墨出し機を使うと垂直水平が一目瞭然でわかります。まったくのピッタリに合わせることはできませんでしたが、支障のない程度、数ミリのズレでおさまっています。

猿島内装工事003 猿島内装工事008

下屋根との境めのトラス周りは壁面を作成する為、下地の木材を施工します。大屋根のトラスはそのまま残す形となり、また屋根の天井は天井なりの施工を行う為、断熱材を入れるためのスペース分若干ふかして下地作成を行いました。

猿島内装工事004 猿島内装工事005

いよいよ壁が貼られていくわけですが、断熱材を先に入れていきます。厚みが100mmのタイプを使用いたしました。今までのスケスケ感がなくなって建物感が出てきましたね。

猿島内装工事006 猿島内装工事007

壁面になる石膏ボードの貼り付けが始まりました。天井と壁の境目は見切りというものを入れていきます。一番最初に苦労をした下地作成もこの場面でいかされるのです。それでも屋根側の部分では若干の調整が必要とはなるのですが。

猿島内装工事009 猿島内装工事010

石膏ボード、一部入口サッシ部分には結露対策としてベニヤも使用しておりますが、壁面の設置が終了いたしました。ここまでくればもう80%の進捗です。塗装を行うにあたりビス止めの跡や石膏ボードの横目地を専用のパテで埋めて平滑にします。竪目地はデザイン的な部分で残すこととなりました。クロス仕上げではないため、若干の跡は残ってしまいます。

猿島内装工事012 猿島内装工事011

室内という事もあり、壁には水性塗料を塗っています。水性ケンエースという塗料です。天井のトラスは錆止め塗料が塗られたままの状態でしたので同じく壁に合わせて白く塗装を行いました。金属部分ですのでこちらは弱溶剤の塗料を使用いたしました。使用塗料は関ペの一液Mレタンです。若干のニオイがありますが、乾燥とともに気にならなくなるでしょう。

 

 

【工事完了後】

屋根完成ケラバ

今まではむき出しだった屋根の袖、ケラバにも板金で水切りを施工いたしました。機能的にも見た目にも良い感じです。

ところどころに赤錆が発生して穴の開いてしまっているところもありましたがこれで雨漏りの心配は皆無となりました。棟廻りも以前は立派な鬼瓦調の飾りが付いた物でしたが、今工事で簡素なタイプへと変更させていただいております。青空にガルバ波板のブルーがひときわ輝いています。

屋根完成

ところどころに赤錆が発生して穴の開いてしまっているところもありましたがこれで雨漏りの心配は皆無となりました。棟廻りも以前は立派な鬼瓦調の飾りが付いた物でしたが、今工事で簡素なタイプへと変更させていただいております。青空にガルバ波板のブルーがひときわ輝いています。

内装完成

壁のトタン波板が見えていて、構造材の軽鉄もむき出しだった壁や下屋根との取り合い部分も石膏ボードで覆い隠し塗装を行ったことで全くの空間に変化しました。屋根のトラスはお客様のご希望でそのまま塗装仕上げとなっています。空間を大きく見せるには有効な手段ですね。屋根の間にも狭いながら断熱材を敷き詰めています。これからの寒い冬に向かって効果が期待できます。

街の屋根やさんつくば稲敷店

街の屋根やさん
    1. 電話 0120-989-742
      株式会社ヴィクトリア
      代表者 小林 弥生
    1. 〒300-0515
      茨城県稲敷市南が丘4-8
  • お問い合わせはこちらから

    猿島郡境町と近隣地区の施工事例はこちら

    各種屋根工事メニュー

     私たち『街の屋根やさん』は神奈川県を含む関東全域を施工エリアとする、お住まいの屋根の専門店です!
    街の屋根やさんでは下記の工事を取り扱っております。工事内容の詳細は各工事ページでご確認下さい。

    屋根工事メニュー

    屋根の雨漏り対策

     街の屋根やさんが施工している様々な屋根工事と屋根リフォームの一覧をご紹介します。

    詳しくはこちら

     
     

    お客様からのQA一覧

    屋根の雨漏り対策

    お客様から寄せられた屋根に関する疑問を、当店スタッフが親身に回答しています。

    詳しくはこちら

     

    会社概要

    屋根の雨漏り対策

    弊社の会社概要になります。街の屋根やさんとはこんな会社です。

    詳しくはこちら

    無料相談受付中

      「屋根工事の期間はだいたいどれくらい?」、「屋根工事中も普通に生活していて大丈夫なの?」、「屋根リフォームに使う屋根材は何が一番いいの?」、「家の耐震性を考慮した屋根リフォームって?」などのご質問や疑問は疑問解決質問フォームからお送りください。
      点検・調査・お見積りなど、工事に関するご不明点やご相談などございましたら、お電話またはこちらのお問い合わせフォームよりご相談・お問い合わせください。
      些細なことでも遠慮なさらずお気軽にどうぞ! お客様からの様々なお問い合わせをお待ちしております。

    0120-989-742
    0120-989-742
    0120-989-742
    ページのトップへ