街の屋根やさんは全国各地で屋根工事や屋根リフォームをおこなっています。

街の屋根やさん

施工事例 お客様の声
点検・調査・お見積りなど無料で承ります!

Menu 屋根やさんメニュー

本社連絡先


■街の屋根やさん
電話 0120-989-742
E-Mail info@sharetech.co.jp
株式会社シェアテック

■本社
〒299-0261 千葉県袖ヶ浦市
福王台2-21-10
セントラルビル1F
電話 0438-60-7773
FAX 0438-60-7774

大きな地図で見る

■横浜支店
〒222-0033 神奈川県横浜市
港北区新横浜3-2-6
新横浜ビジネスセンタービル 2F
電話 045-476-9990
FAX 045-476-9989

大きな地図で見る


■東京大田支店
〒145-0071 東京都大田区
田園調布1-5-5 2F
大きな地図で見る


■東東京支店
〒132-0023
東京都江戸川区西一之江2-10-17
大場ビル1F
電話 0120-989-936

大きな地図で見る


【全国の街の屋根やさんはこちら】

江戸川区で雨漏りでお困りだった屋上を防水工事
ウレタン防水工事

江戸川区 防水工事

【工事のきっかけ】
江戸川区にお住まいのN様より重量鉄骨3階の建物にて雨漏りがあるとのご相談をお受けしました。築28年ほどの建物だということで、現在が簡易的に応急処置を施していると言った切迫した様子がお電話から伝わってまいりました。 早速、点検にお伺いしてみると建物は屋上部分が平らな陸屋根で、シート防水が施されていましたがシートは経年劣化により剥がれてしまい、雨水が多量に浸入している状態でした。内部にまで浸食してしまった雨水が内部を腐らせてしまい、一部が欠損している状態です。 このままでは、陸屋根が崩れ落ちてしまう可能性もあるため、早急な補修後の防水工事が必要だと判断しました。また、外壁には大きな亀裂が発生しいている箇所が複数確認できたことから、外装の補修工事も同時にご提案させていただきました。

ビフォーアフター

施工前

防水工事 ビフォー

施工後

防水工事 アフター

基本情報

  • 使用材料ウレタン防水工事
 

【点検の様子】

防水工事 防水工事2

屋上の陸屋根はシート防水が施されていましたが、経年劣化により防水効果はほぼ切れている状態で、シートの剥がれや浮きが確認できます。剥がれた部分より雨水が多量に浸入してしまい、腐ってしまった部分が一部が欠損している状態です。早急な補修と防水工事が必要だと感じられます。

ひび割れ クラックの発生

さらに外装の点検を行うと、外壁部分に大きな亀裂やクラックを確認することが出来ました。この亀裂から雨水が浸入し新たな雨漏りや漏水を引き起こしてしまう可能性は充分にあります。こちらも早急な補修が必要だと判断しました。

【工事の様子】

屋上既存シート撤去 既存防水工事撤去

まずは既存の劣化してしまった防水シートを剥がしていきます。防水シートを剥がしてみると、下地の劣化状態は激しく腐食していました。雨漏りが始まってしまったのも必然と言えるでしょう。

防水工事赤外線サーモグラフィの写真

確実に雨漏りを止める為、赤外線サーモグラフィーカメラを使用して雨漏りの原因を徹底的に追及します。雨漏りのクレームで一番多いものが雨漏りの再発になります。原因を追究することができずに何度も補修を繰り返すといったお住まいが多いのですが、当店では徹底した雨漏りの調査で雨漏りを止めます。見落としのないように、最新の技術を用いて雨漏りの原因を追究していきます。

【点検・工事の様子】

【下地処理】

屋上防水ケレン作業 防水工事下地処理

続いて腐食してしまった下地処理を行います。ウレタン防水塗料で新しい防水層を作るためには、汚れや既存の塗膜を除去するために高圧洗浄を行います。さらに平面をなだらかに整え、古い防水層を除去しなければなりません。この作業を怠ってしまうと、せっかく新たにウレタン防水塗料を塗布しても古い部分から剥がれや浮きをおこし雨漏りを引き起こす原因となります。
ケレン作業で舞い上がるほこりが舞い散ると、都内の住宅密集地では近隣の皆様のご迷惑となってしまうため、掃除機をかけてほこりの飛散を防ぎます。傷み腐食してしまった部分にはエポキシ樹脂にて下地処理を施していきました。コテを使って均等に塗り広げていく様子はまさに職人技です。

下地処理 下地処理2

【ウレタン防水】

腐食が激しかった下地も、しっかりと補修されました。これで雨漏りの心配のない防水工事ができます。

ルーフィング 立ち上がり部プライマー処理

今回、密着工法での防水工事は不向きであるため通気緩衝工法での防水工事を施工します。ウレタン防水の通気緩衝工法とは専用のボンドで通気緩衝シートを張り付け、このシートの上に防水材を塗布します。
立ち上がり部にもプライマー処理を行い、防水材(2液アンダー)を塗布していきます

下塗り 上塗り

3回塗りで丁寧に防水材を塗布していきます。3回塗りを行うことで防水材の厚みを形成することが出来るので安心です。最後にトップコートを塗布すれば防水工事の完了です。

【完工】

 

 

 

【工事完了後】

防水工事 アフター

雨漏りでお困りだったN様の重量鉄骨3階のビルが屋上の防水工事によって雨漏りの心配がない美しい屋上へと生まれ変わりました。ベランダ、バルコニー、屋上、陸屋根と言った勾配のない平部分は雨水が溜まりやすく、どうしても排水不良に陥りがちです。平部の傷みを放置してしまうと今回のような雨漏り・漏水に繋がる可能性が高く、定期的な点検とメンテナンスを行いたい部分ですね。面積の広い屋上や陸屋根は雨漏り、漏水被害のリスクが高く漏れてしまってからでは、今回のような大規模工事に繋がってしまうことがほとんどです。しかし、事前にメンテナンスを行うことによりトータルコストを抑えつつお住まいを的確に守ることが出来ます。防水工事のご相談は0120-989-742までお気軽にご相談ください。

街の屋根やさん東東京

街の屋根やさん
    1. 電話 0120-989-742
      株式会社シェアテック
      1. 〒132-0023
        東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
    1. お問い合わせはこちらから

      各種屋根工事メニュー

       私たち『街の屋根やさん』は神奈川県を含む関東全域を施工エリアとする、お住まいの屋根の専門店です!
      街の屋根やさんでは下記の工事を取り扱っております。工事内容の詳細は各工事ページでご確認下さい。

      屋根工事メニュー

      屋根の雨漏り対策

       街の屋根やさんが施工している様々な屋根工事と屋根リフォームの一覧をご紹介します。

      詳しくはこちら

       
       

      お客様からのQA一覧

      屋根の雨漏り対策

      お客様から寄せられた屋根に関する疑問を、当店スタッフが親身に回答しています。

      詳しくはこちら

       

      会社概要

      屋根の雨漏り対策

      弊社の会社概要になります。街の屋根やさんとはこんな会社です。

      詳しくはこちら

      無料相談受付中

        「屋根工事の期間はだいたいどれくらい?」、「屋根工事中も普通に生活していて大丈夫なの?」、「屋根リフォームに使う屋根材は何が一番いいの?」、「家の耐震性を考慮した屋根リフォームって?」などのご質問や疑問は疑問解決質問フォームからお送りください。
        点検・調査・お見積りなど、工事に関するご不明点やご相談などございましたら、お電話またはこちらのお問い合わせフォームよりご相談・お問い合わせください。
        些細なことでも遠慮なさらずお気軽にどうぞ! お客様からの様々なお問い合わせをお待ちしております。

      0120-989-742
      0120-989-742
      0120-989-742
      ページのトップへ