街の屋根やさんは全国各地で屋根工事や屋根リフォームをおこなっています。

街の屋根やさん

施工事例 お客様の声
点検・調査・お見積りなど無料で承ります!

Menu 屋根やさんメニュー

本社連絡先


■街の屋根やさん
電話 0120-989-742
E-Mail info@sharetech.co.jp
株式会社シェアテック

■本社
〒299-0261 千葉県袖ヶ浦市
福王台2-21-10
セントラルビル1F
電話 0438-60-7773
FAX 0438-60-7774

大きな地図で見る

■横浜支店
〒222-0033 神奈川県横浜市
港北区新横浜3-2-6
新横浜ビジネスセンタービル 2F
電話 045-476-9990
FAX 045-476-9989

大きな地図で見る


■東京大田支店
〒145-0071 東京都大田区
田園調布1-5-5 2F
大きな地図で見る


■東東京支店
〒132-0023
東京都江戸川区西一之江2-10-17
大場ビル1F
電話 0120-989-936

大きな地図で見る


【全国の街の屋根やさんはこちら】

横浜市鶴見区 瓦から金属屋根への葺き替え
屋根:エコグラーニ

横浜市鶴見区 屋根葺き替え

【工事のきっかけ】
 横浜市鶴見区にお住まいの佐々木様から屋根葺き替えのお見積もりのご依頼を受けました。話をお聞きすると「現在瓦なので、ガルバリウムへ変えたい」そうです。
 ガルバリウムなどの金属屋根はとても軽いので、家の重心が下がります。低重心になりますと、地震時に揺れにくくなりますので、耐震性もアップします!

ビフォーアフター

施工前

横浜市鶴見区 瓦から金属屋根への葺き替え 施工前

施工後

横浜市鶴見区 瓦から金属屋根への葺き替え 施工後

基本情報

  • 使用材料屋根:エコグラーニ
 

【点検時の様子】
現在の瓦屋根を調査していきます。

横浜市 鶴見区 屋根葺き替え 屋根の点検 横浜市 鶴見区 屋根葺き替え 屋根の点検 棟板金の塗装の剥がれと釘の浮き
 屋根には剥がれた漆喰が転がっていました(左写真)。棟瓦の下を覗き込んでみますと、漆喰がひびわれていたり、すでに剥がれ落ちてなくなっていたりと危険な状態です(右写真)。
瓦屋根はメンテナンスフリーとよく言われますが、漆喰の補修だけは必要です。
横浜市 鶴見区 屋根葺き替え 屋根の点検 傾いている瓦 横浜市 鶴見区 屋根葺き替え 屋根の点検 鬼瓦の下の空洞
 漆喰が減ってしまうと瓦の固定力も弱くなります。棟部分の一部の瓦が傾いていました。地震や強風で崩れないか心配です(左写真)。
鬼瓦の下の漆喰と泥がなくなり、空洞ができています(右写真)。
横浜市 鶴見区 屋根葺き替え 外壁の点検 軒天の表面の剥がれ 横浜市 鶴見区 屋根葺き替え 外壁の点検 破風板の塗装剥げ
 軒天の表面が剥がれていました(左写真)。補修しないと剥がれが広がってしまいます。破風板の塗膜は完全に劣化しており一部、下地が見えています。こちろもメンテナンスが必要です。

【屋根葺き替え工事 瓦の撤去】
瓦屋根から金属屋根に葺き替えます。

横浜市 鶴見区 屋根葺き替え これまでの瓦の撤去 横浜市 鶴見区 屋根葺き替え 外した瓦はしっかり管理
 最初に棟部分の瓦を取り外しし(左写真)、どんどん瓦を撤去していきます。取り外した瓦は積み重ね(右写真)、整理整頓を心掛けます。この後、廃材となってしまう瓦ですが、落下させたりすると、事故に繋がりかねないので、しっかりと管理します。

【防水紙の撤去】
これまでの防水紙を撤去します。

横浜市 鶴見区 屋根葺き替え 防水紙の撤去 横浜市 鶴見区 屋根葺き替え 防水紙を撤去した屋根の様子
 瓦を撤去するとこれまでの埃やゴミ、土などが出てきます。清掃しながら防水紙を撤去していきます。瓦と防水紙を撤去した屋根は右写真のようになっています。隙間だらけで、頼りない感じです。

【野地板の貼り増し】
屋根の下を強くするため、野地板を張ります。

横浜市 鶴見区 屋根葺き替え 野地板の貼り増し 横浜市 鶴見区 屋根葺き替え 野地板の貼り増し
 これまでの野地板に新しい野地板を張っていきます。こうすることによって、お住まいが構造的にも強くなります。先程まで頼りなかった野地板がすっかり生まれ変わりました。

【防水紙の敷設】
新しい防水を野地板に敷設します。

横浜市 鶴見区 屋根葺き替え 防水紙の敷設 横浜市 鶴見区 屋根葺き替え 防水紙の敷設
 野地板の上に防水紙を敷き詰めていきます。屋根は表面だけでなく、その下の防水紙でも雨水の浸入を防いでいるのです。

【屋根材の設置】
ハイブリッドの屋根材「エコグラーニ」で葺いていきます。

横浜市 鶴見区 屋根葺き替え エコグラーニ 横浜市 鶴見区 屋根葺き替え エコグラーニ
 新しい屋根材にはエコグラーニを使用しました。この屋根材はジンカリウム鋼板からできており、表面に自然石が塗してあります。佐々木様はガルバリウム鋼板の屋根材をご希望していました。ジンカリウム鋼板も成分はガルバリウム鋼板とほぼ同じで、軽くて腐食に強いのが特徴です。

【貫板と棟板金の設置】
貫板と棟板金を設置します。

横浜市 鶴見区 屋根葺き替え 棟板金の設置 横浜市 鶴見区 屋根葺き替え 棟板金の設置
 棟板金を固定する土台となる貫板を棟部分に設置していきます(左写真)。この上に棟板金を被せ、固定していきます。

【屋根葺き替え完了】
瓦から金属屋根への葺き替え完了です。

横浜市 鶴見区 屋根葺き替え 屋根葺き替え完了 横浜市 鶴見区 屋根葺き替え 屋根葺き替え完了
 これで瓦から金属屋根への葺き替えが完了しました。軽くて強い屋根に生まれ変わりましたので、安心してお過ごしできると思います。エコグラーニ表面の自然石がいい感じです。

【細部の塗装】
軒天や破風板などの塗装もご依頼いただきました。

横浜市 鶴見区 屋根葺き替え 軒天の補修 横浜市 鶴見区 屋根葺き替え 軒天の塗装
 表面が剥がれていた軒天を補修していきます。補修後、塗装を行い、軒天も綺麗になりました。
横浜市 鶴見区 屋根葺き替え 軒天の塗装 横浜市 鶴見区 屋根葺き替え 破風板の塗装
 破風板も塗装していきます。これで屋根とその周囲の全てが一新されました。地上からはあまり屋根が見えないのが残念です。

【工事完了後】

横浜市 鶴見区 屋根葺き替え 工事完了

 東日本大震災の影響からか、軽い金属屋根への葺き替えを希望するお客様が増えています。屋根の重量が軽くなりますと、重心位置が下がりますので揺れにも強くなります。今後、屋根の葺き替えを検討している方は金属屋根も視野に入れておくべきだと思います。
街の屋根やさんは屋根の専門家です。金属屋根のことについても熟知しておりますので、ご興味を持たれた方は遠慮なさらずお問い合わせください。

街の屋根やさん横浜

街の屋根やさん
    1. 電話 0120-989-742
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6 新横浜ビジネスセンタービル2F
    1. お問い合わせはこちらから

      各種屋根工事メニュー

       私たち『街の屋根やさん』は神奈川県を含む関東全域を施工エリアとする、お住まいの屋根の専門店です!
      街の屋根やさんでは下記の工事を取り扱っております。工事内容の詳細は各工事ページでご確認下さい。

      屋根工事メニュー

      屋根の雨漏り対策

       街の屋根やさんが施工している様々な屋根工事と屋根リフォームの一覧をご紹介します。

      詳しくはこちら

       
       

      お客様からのQA一覧

      屋根の雨漏り対策

      お客様から寄せられた屋根に関する疑問を、当店スタッフが親身に回答しています。

      詳しくはこちら

       

      会社概要

      屋根の雨漏り対策

      弊社の会社概要になります。街の屋根やさんとはこんな会社です。

      詳しくはこちら

      無料相談受付中

        「屋根工事の期間はだいたいどれくらい?」、「屋根工事中も普通に生活していて大丈夫なの?」、「屋根リフォームに使う屋根材は何が一番いいの?」、「家の耐震性を考慮した屋根リフォームって?」などのご質問や疑問は疑問解決質問フォームからお送りください。
        点検・調査・お見積りなど、工事に関するご不明点やご相談などございましたら、お電話またはこちらのお問い合わせフォームよりご相談・お問い合わせください。
        些細なことでも遠慮なさらずお気軽にどうぞ! お客様からの様々なお問い合わせをお待ちしております。

      0120-989-742
      0120-989-742
      0120-989-742
      ページのトップへ