街の屋根やさんは全国各地で屋根工事や屋根リフォームをおこなっています。

街の屋根やさん

施工事例 お客様の声
点検・調査・お見積りなど無料で承ります!

Menu 屋根やさんメニュー

本社連絡先


■街の屋根やさん
電話 0120-989-742
E-Mail info@sharetech.co.jp
株式会社シェアテック

■本社
〒299-0261 千葉県袖ヶ浦市
福王台2-21-10
セントラルビル1F
電話 0438-60-7773
FAX 0438-60-7774

大きな地図で見る

■横浜支店
〒222-0033 神奈川県横浜市
港北区新横浜3-2-6
新横浜ビジネスセンタービル 2F
電話 045-476-9990
FAX 045-476-9989

大きな地図で見る


■東京大田支店
〒145-0071 東京都大田区
田園調布1-5-5 2F
大きな地図で見る


■東東京支店
〒132-0023
東京都江戸川区西一之江2-10-17
大場ビル1F
電話 0120-989-936

大きな地図で見る


【全国の街の屋根やさんはこちら】

横浜市戸塚区|ガルバリウム鋼板の屋根材「タフルーフ」で屋根カバー工事
タフルーフ

横浜市 屋根カバー工事 屋根カバー工法 屋根カバー工法

【工事のきっかけ】
 横浜市戸塚区にお住まいの土肥様より「棟板金が飛んでしまっている」というご連絡がありました。
棟板金が外れてしまうと、貫板が雨に晒され水分が屋内に浸入してしまいます。
急いで現場へ向かい、棟板金がなくなってしまった箇所をブルーシートで一時的な処置を行いました。
また、補修が必要な箇所が多数確認できた為、今後のメンテナンスを考慮し屋根カバー工事をご提案させていただきました。

ビフォーアフター

施工前

横浜市戸塚区 ガルバリウム鋼板の屋根材「タフルーフ」で屋根カバー工事 施工前

施工後

横浜市戸塚区 ガルバリウム鋼板の屋根材「タフルーフ」で屋根カバー工事 施工後

基本情報

  • 使用材料タフルーフ
 

【点検時の様子】
強風で棟板金が飛んでしまった屋根と、その他の点検を行います。

横浜市戸塚区 屋根点検 棟板金外れ   横浜市戸塚区 屋根点検 棟板金外れ
 棟板金の半分は外れ、辛うじて残っている部分もボロボロです。

強風により、このような状態になってしまったようです。
接合部も折れ曲がり今にも外れそうです。
横浜市戸塚区 屋根カバー工事 スレートの割れ   横浜市戸塚区 屋根カバー工事 スレートの割れ
 棟板金が外れ貫板がむき出しになっており、その脇のスレートが割れています。

棟板金が強風で外れた際に、貫板に強い力がかかったことで割れてしまったと思われます。

割れた箇所からは雨水が浸入しやすく、建物を傷める危険がありますので早急に処置が必要になります。
横浜市戸塚区 ビスの浮き   横浜市戸塚区 棟板金の錆びつき
 他の棟板金においてもビスの浮きや錆びが見られます。
塗膜も劣化しているので、このままでは劣化の進行はますます早くなってしまいます。
横浜市戸塚区 雪止め金具 すれ   横浜市戸塚区 雪止め金具 すれ
 こちらは雪止め金具が曲がっています。
この状態では雪止めとして十分機能を果たせず、場合によっては外れてしまう危険性があります。
横浜市戸塚区 屋根カバー工事 屋根全体   横浜市戸塚区 屋根カバー工事 コケが生えている
 屋根全体を見ると、コケの繁殖が目立ちます。

屋根材の塗膜も剥がれ、白くなっているのがわかります。
以上を踏まえ、個別で補修を行うよりも今後のことを考え、屋根カバー工事をご提案させていただきました。

【棟板金の養生】
棟板金がない状態では屋内へ水分が浸入するので、ブルーシートで養生します。

横浜市戸塚区 養生取り外し   横浜市戸塚区 養生取り外し
 雨漏りをおこすと木部の腐食やクロスのシミなどに被害が拡大します。
あくまで一時的な応急的ですが、雨水の浸入で屋内にダメージを受けないために行います。

【屋根カバー工事】
屋根カバー工事は既存の屋根の上に、新しい屋根を乗せる工法です。
今回は屋根材にガルバリウム鋼板を用いたタフルーフを使用しました。

横浜市戸塚区 屋根カバー工事 棟板金撤去   横浜市戸塚区 屋根カバー工事 棟板金撤去
 まずは既存の棟板金を撤去し、清掃を行います。

この上に屋根を葺く為、雪止め金具なども同時に撤去しておきます。
既存の屋根を残す屋根カバー工法は廃材が少ないこともメリットです。
横浜市戸塚区 屋根カバー工事 防止紙   横浜市戸塚区 屋根カバー工事 防水紙
 棟板金及び雪止め金具の撤去が終わると、既存の屋根の上に防水紙を設置していきます。
横浜市戸塚区 屋根カバー工事 葺き付け   屋根カバー工事 葺き付け
 防水紙の設置後、新しい屋根材を葺いていきます。
屋根材は屋根の端から上に向かって葺いていくことで、屋根材が上から重なるようになります。

逆になると雨水が浸入してしまう為にこの順序で行います。
横浜市戸塚区 屋根カバー工事 換気棟 棟   屋根カバー工事 軒先の屋根葺き
 既存の木製の貫板を樹脂製に交換します。
樹脂製は木製と比べ経年劣化が少なく耐久性が高いことで、街の屋根やさんではオススメしています。
右側の写真は換気棟を設置したところです。
換気棟設置すると屋内の空気の循環がよくなります。
横浜市戸塚区 屋根カバー工事 完工   屋根カバー工事 完工
 屋根カバー工事の完成写真です。
今回使用した屋根材「タフルーフ」は軽量な為、屋根カバー工法に適しています。
また、ガルバリウム鋼板の優れた耐久性、耐食性により今後も安心してお過ごしいただけます。

【工事完工後】

横浜市戸塚区 屋根カバー工事 完工    今回のご依頼は棟板金が飛散してしまうという、緊急性の高いものでした。
屋根のトラブルは分かりにくく、雨漏りなどが起こってから気が付くこともあります。
今回は棟板金の飛散がそのきっかけになり大事には至りませんでした。
屋根カバー工法は通常の葺き替えより費用が安く、工期も短いというメリットがあります。
しかし、屋根の重量が増すことと、屋根材によっては施工に向かないデメリットがあります。

街の屋根やさんでは、無料でお住まいの点検を承っておりますので、屋根カバー工事が気になる方はお気軽にご連絡ください。

街の屋根やさん横浜

街の屋根やさん
    1. 電話 0120-989-742
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6 新横浜ビジネスセンタービル2F
    1. お問い合わせはこちらから

      横浜市と近隣地区の施工事例はこちら

      各種屋根工事メニュー

       私たち『街の屋根やさん』は神奈川県を含む関東全域を施工エリアとする、お住まいの屋根の専門店です!
      街の屋根やさんでは下記の工事を取り扱っております。工事内容の詳細は各工事ページでご確認下さい。

      屋根工事メニュー

      屋根の雨漏り対策

       街の屋根やさんが施工している様々な屋根工事と屋根リフォームの一覧をご紹介します。

      詳しくはこちら

       
       

      お客様からのQA一覧

      屋根の雨漏り対策

      お客様から寄せられた屋根に関する疑問を、当店スタッフが親身に回答しています。

      詳しくはこちら

       

      会社概要

      屋根の雨漏り対策

      弊社の会社概要になります。街の屋根やさんとはこんな会社です。

      詳しくはこちら

      無料相談受付中

        「屋根工事の期間はだいたいどれくらい?」、「屋根工事中も普通に生活していて大丈夫なの?」、「屋根リフォームに使う屋根材は何が一番いいの?」、「家の耐震性を考慮した屋根リフォームって?」などのご質問や疑問は疑問解決質問フォームからお送りください。
        点検・調査・お見積りなど、工事に関するご不明点やご相談などございましたら、お電話またはこちらのお問い合わせフォームよりご相談・お問い合わせください。
        些細なことでも遠慮なさらずお気軽にどうぞ! お客様からの様々なお問い合わせをお待ちしております。

      0120-989-742
      0120-989-742
      0120-989-742
      ページのトップへ