街の屋根やさんは全国各地で屋根工事や屋根リフォームをおこなっています。

街の屋根やさん

施工事例 お客様の声
点検・調査・お見積りなど無料で承ります!

Menu 屋根やさんメニュー

本社連絡先


■街の屋根やさん
電話 0120-989-742
E-Mail info@sharetech.co.jp
株式会社シェアテック

■本社
〒299-0261 千葉県袖ヶ浦市
福王台2-21-10
セントラルビル1F
電話 0438-60-7773
FAX 0438-60-7774

大きな地図で見る

■横浜支店
〒222-0033 神奈川県横浜市
港北区新横浜3-2-6
新横浜ビジネスセンタービル 2F
電話 045-476-9990
FAX 045-476-9989

大きな地図で見る


■東京大田支店
〒145-0071 東京都大田区
田園調布1-5-5 2F
大きな地図で見る


■東東京支店
〒132-0023
東京都江戸川区西一之江2-10-17
大場ビル1F
電話 0120-989-936

大きな地図で見る


【全国の街の屋根やさんはこちら】

千葉市花見川区|コロニアル屋根に縦葺きスタンビーで屋根カバー工事を実施
INAGAKI スタンビー

台風18号にお気をつけください

千葉市花見川区 屋根カバー工事

【工事のきっかけ】
千葉市花見川区のH様から雨漏りのご相談でお問い合わせを頂きました。お伺いしてみると部屋の天井には大きな雨漏りの跡がありました。調査を行うと屋根のいたるところから漏れているのがわかりました。部分的な補修では雨漏りを止めることはできない状態なため屋根の葺き替えかカバー工事が必要であることをH様にお伝えいたしました。ご予算や今後のことなどから屋根カバー工事を行う方向、家の構造的なことから横葺きでは無く縦葺きでの屋根カバー工事を行うことでご了解を頂き工事を承らせていただきました。

ビフォーアフター

施工前

施工前コロニアル

施工後

施工後スタンビー

基本情報

  • 使用材料INAGAKI スタンビー
 

【点検】

001 003

天井に大きなシミがありました。他の部屋にもシミが出来ていて屋根全体的に雨漏りが発生している状況が想像できました。屋根の素材は化粧スレート、通称コロニアル戸言われる素材です。

002 005

塗装歴はあるようですが、塗膜としての寿命は過ぎてしまっています。素地に苔が生えている状態です。屋根も部分的にはやや歩いた感触が柔らかく気を付けながらの調査となりました。

004

小屋裏の確認では、大きなシミは天井内にも残っておりました。大手ハウスメーカーの施工という事もあり、小屋裏の野地板には発泡スチロールのような断熱材が貼り付けれれていて直接野地板の様子をうかがい知ることはできませんでした。屋根の表面の状態、小屋裏内部の状態から部分的な補修は無理である状況をお客様にはお伝えをし、長い安心を得ていただくためにも屋根カバー工事をご提案させていただきました。お客様の家は軽量鉄骨構造となっています。そうなると屋根垂木や棟木の構造が木造軸組みとは異なります。野地板の状態が良くないことを考えるとしっかりと屋根カバー工法の屋根材をタルキや棟木に固定する必要があります。その為、今回のカバー工事では棟に対して垂直になる縦葺きでのカバー工事をご提案させていただくこととなりました。

 

【工事】

006 007

工事は荷揚げからはじまります。ユニックを使って屋根に荷揚げします。縦葺きの場合は途中でつなぐわけにはいきませので「流れ」といわれる棟から軒先までの長さにガルバ鋼板のINAGAKIスタンビーを加工してもらっての現場搬入です。サイズがその家に合わせてなんてオーダースーツみたいでカッコイイですね。

010 009

葺き方が縦でも横でも基本的な作業に変更は有りません。軒先唐草を軒先に設置いたします。

008 011

棟は取り外しておきます。フラットになっていないといけません。そして防水の要の粘着式ルーフィングを屋根面に貼り付けていきます。完全にくっつくまでは何回か貼り直しが出来るものの、たいていは一回でしっかりと貼っていきます。

015 012

最初に軒先唐草を付けましたが、そこにスタンビーを引っ掛けるようなイメージで設置します。軽量鉄骨の為、タルキというよりは棟木の様になっている下地木材に墨出しを行っている部分にステンレスのビスにて固定を行います。

013 016

この様にして縦葺きのスタンビーは葺かれていきます。接合部分がどうなっているかと言いますと写真の様なかみ合わせになっていて水が入らない様になっています。棟側にも水の浸入を防ぐために立上りが設けられています。

014 017

屋根材が葺き終ったら棟の設置となります。先ほどもありました棟側の立ち上げ部分にケミカル面戸を貼り付け更に防水性を確保いたします。

018 019

棟の板金が設置されて、縦葺きスタンビーを使った屋根カバー工事は終了となります。

【工事完了後】

全体像

棟を中心に軒側へ垂直に貼っていくのが竪貼りの工法です。屋根材のつなぎ目はハゼといってしっかりとかみ合っています。縦葺きにする場合はいくつかの条件があり、勾配が横葺きに適さない、小屋裏の構造が横葺きには不向きである、が該当します。H様の屋根は勾配はギリギリOKでしたが構造的なことで縦葺きを選択いたしました。

縦葺きは棟から垂直に軒先に向かって屋根材が葺かれるので横葺き屋根の様に途中で雨水が滞留することがありません。勾配が緩やかな場合には絶対条件です。デザイン的にも均整がとれていてカッコイイと思います。

棟

縦葺きは棟から垂直に軒先に向かって屋根材が葺かれるので横葺き屋根の様に途中で雨水が滞留することがありません。勾配が緩やかな場合には絶対条件です。デザイン的にも均整がとれていてカッコイイと思います。

最終調整

ケーブルテレビやブロードバンドでTVを視聴しているお客様には無関係ですが屋根にアンテナを設置されているお客様も安心して屋根カバー工事は可能です。ただしアンテナ固定の馬やポールが錆びている場合はもらい錆の影響を屋根材が受けてしまうのを防ぐためにも新しいものと交換することをお奨め致しています。

各種屋根工事メニュー

 私たち『街の屋根やさん』は神奈川県を含む関東全域を施工エリアとする、お住まいの屋根の専門店です!
街の屋根やさんでは下記の工事を取り扱っております。工事内容の詳細は各工事ページでご確認下さい。

屋根工事メニュー

屋根の雨漏り対策

 街の屋根やさんが施工している様々な屋根工事と屋根リフォームの一覧をご紹介します。

詳しくはこちら

 
 

お客様からのQA一覧

屋根の雨漏り対策

お客様から寄せられた屋根に関する疑問を、当店スタッフが親身に回答しています。

詳しくはこちら

 

会社概要

屋根の雨漏り対策

弊社の会社概要になります。街の屋根やさんとはこんな会社です。

詳しくはこちら

無料相談受付中

  「屋根工事の期間はだいたいどれくらい?」、「屋根工事中も普通に生活していて大丈夫なの?」、「屋根リフォームに使う屋根材は何が一番いいの?」、「家の耐震性を考慮した屋根リフォームって?」などのご質問や疑問は疑問解決質問フォームからお送りください。
  点検・調査・お見積りなど、工事に関するご不明点やご相談などございましたら、お電話またはこちらのお問い合わせフォームよりご相談・お問い合わせください。
  些細なことでも遠慮なさらずお気軽にどうぞ! お客様からの様々なお問い合わせをお待ちしております。

ページのトップへ