街の屋根やさんは全国各地で屋根工事や屋根リフォームをおこなっています。

街の屋根やさん

施工事例 お客様の声
点検・調査・お見積りなど無料で承ります!

点検・調査・お見積りなど無料で承ります!

Menu 屋根やさんメニュー

本社連絡先


■街の屋根やさん
電話 0120-989-742
E-Mail info@sharetech.co.jp
株式会社シェアテック

■本社
〒299-0261 千葉県袖ヶ浦市
福王台2-21-10
セントラルビル1F
電話 0438-60-7773
FAX 0438-60-7774

大きな地図で見る

結局、雨漏り修理の概算金額っていくらなの?

新人のリフォーム学ぶブログ

更新日:2017年1月22日

お客様の窓口としてお電話での対応をさせていただいて、もうすぐ2年が経ちます。
入社した当初は、お客様が屋根のどのようなことをお困りかを聞いてもピンときませんでしたが、今ではざっくりしたご説明の中に特徴をお伝えいただければ、
屋根のどの部分を指しているかは、概ね検討がつくようになりました。

屋根工事現場 瓦屋根のふき直し

電話の窓口をしていると、お客様のお困りごとが多く見えてきます。そこで一番多くいただくご質問が

【屋根工事、屋根修理、雨漏り修理などの“概算”っていくらなの?」といった工事や修理に関する金額のご質問が多い印象を受けます。

実は一番多くいただくご質問ですが、一番困ってしまう質問なのです。
例えば、これから建売の新築を購入する場合は金額が公開され、その相場から営業担当者との交渉が始まるかと思います。
実際に既に建っている建物ですので、メーカーは建物にかかった原価や費用などを当然把握しています。
注文住宅の場合でも、これから建てる家になりますので仕様によって異なりますが概算を出すことは難しくないでしょう。

しかし、リフォームの場合は違います。
既に現地に建物が建っている状態で、建物になんらかの不具合が発生していることが予測できます。

例えば、
「スレート屋根で2階の天井から雨漏りがあるのだけど、修理の概算っていくら?」といったお問い合わせをいただいたとしても、修理の概算をお答えすることは難しいです。

まず、口頭ではどの部分が原因として雨が漏っているのかがわかりません。
屋根が原因かもしれませんし、外壁が原因かもしれません。1軒1軒お住まいの形状や立地条件は異なります。
雨漏りの原因はお住まいの種類だけあるといっても過言ではありません。

人間と同じで、同じ病気にかかったとしても個体差により病状は様々です。
流行りの風邪に感染したとして、Aさんにとっては少しゆっくり休んだだけで回復する症状でも、Bさんにとっては入院が必要になるケースだってあります。
お住まいも同じです。お住まいの条件によって、同じスレート屋根の雨漏りだったとしても修理方法はお住まいによって異なります。

雨漏り箇所 概算のイメージ

そのため、まずはお住まいの状態を点検させてください。とお願いしています。
もちろん中には、概算だけ知りたかったからといい電話を切ってしまうお客様も多いのですが、お住まいに住み続けることになればいつかはリフォームが必要となります。
一度点検を行い、すぐにリフォームや修理が必要ではない場合でも、
“どのぐらいの時期に”“どのような工事を行い”“どのぐらいの金額がかかるのか”といったメンテナンス計画を立てることもお住まいを維持するうえでは重要なことです。
こうしたメンテナンス計画を立てるだけでも、当店では無料で点検・お見積りを承っておりますので、お気軽に0120-989-742までご相談ください。

この記事と共通の工事内容の「新人のリフォーム学ブログ」

瓦屋根のふき直し

2017/01/22  結局、雨漏り修理の概算金額っていくらなの?

   お客様の窓口としてお電話での対応をさせていただいて、もうすぐ2年が経ちます。 入社した当初は、お客様が屋根のどのようなことをお困りかを聞いてもピンときませんでしたが、今ではざっくりしたご説明の中に特徴をお伝えいただければ、 屋根のどの部分を指しているかは、概ね検討がつくようになりました。   電話の窓口をしている...続きを読む

2016/10/16  日本の住宅は海外と比べてなぜ寿命が短いのか?

   カラッとした天気が続き、屋根工事も順調に進みうれしい限りの秋晴れが続いています。 朝方、夕方には肌寒さからつい先日まで半そでで過ごせていたのがウソのようですね。 ここ数日はクローゼットから毛布を引っ張り出して、朝方は思わず電気カーペットのスイッチを入れてしまうほど寒いなぁと感じました。 季節の変わり目ですので、皆様も体調に...続きを読む

2016/01/19  雪害によりカーポートが破損、ポリカーボネートでの補修例

   昨日の朝方は都心部でも積雪を確認できましたが、現在でも凍えるような寒さが続いておりますので、お身体にはお気を付けください。また、引き続き積雪の注意が必要だということでお住まいの雪害対策はお済みでしょうか? 当店では本日、雪害によって補修をお考えになっているお客様から多数のご相談をいただきました。落雪によるカーポートの破損や雨樋...続きを読む

この記事と共通の工事内容の現場ブログ

エコグラーニ

2017/06/29  千葉市緑区|アーバニーにエコグラーニで屋根カバー工法実施

   千葉市緑区の屋根補修工事の現場です。既存屋根はクボタのアーバニーですが、割れやすい・落下が多いという点から、金属屋根を被せる屋根カバー工法を行っていきます。   棟板金撤去後に防水紙を軒先から敷いていきます。防水紙は雨を遮る一番大事な部分になります。必ず重ねながら雨水が入り込まないように軒先から棟に向かって施工してい...続きを読む

2017/06/22  木更津市|瓦のずれに不安を感じ、調査依頼

   木更津市にお住まいのお客様は瓦が大きくズレてしまい、今にも崩れてしまったり、雨漏れがあったらと心配になったそうです。   お客様のお家は日本瓦でした。日本瓦は耐久性に優れており、メンテナンスフリーで100年以上の耐久性があると言われています。お客様のおっしゃる通り、数枚の瓦がズレていて、瓦の並びが歪んでいます。日本瓦...続きを読む

屋根

2017/06/22  横浜市港北区|アーバニーの劣化と割れに伴い屋根カバー工法へ工事変更

   横浜市港北区に屋根の補修点検にお伺いいたしました。原因は昨日の強風によるものですが、元々築15年というメンテナンス時期を考えて屋根塗装を検討されていたようです。しかし実際には塗装よりも屋根カバー工法の方が良い状態にまで劣化が進行していました。   屋根材はクボタのアーバニーです。通常のスレート屋根材よりも厚い屋根材で...続きを読む

屋根工事メニュー

屋根の雨漏り対策

 街の屋根やさんが施工している様々な屋根工事と屋根リフォームの一覧をご紹介します。

詳しくはこちら

 
 

お客様からのQA一覧

屋根の雨漏り対策

お客様から寄せられた屋根に関する疑問を、当店スタッフが親身に回答しています。

詳しくはこちら

 

会社概要

屋根の雨漏り対策

弊社の会社概要になります。街の屋根やさんとはこんな会社です。

詳しくはこちら

無料相談受付中

  「屋根工事の期間はだいたいどれくらい?」、「屋根工事中も普通に生活していて大丈夫なの?」、「屋根リフォームに使う屋根材は何が一番いいの?」、「家の耐震性を考慮した屋根リフォームって?」などのご質問や疑問は疑問解決質問フォームからお送りください。
  点検・調査・お見積りなど、工事に関するご不明点やご相談などございましたら、お電話またはこちらのお問い合わせフォームよりご相談・お問い合わせください。
  些細なことでも遠慮なさらずお気軽にどうぞ! お客様からの様々なお問い合わせをお待ちしております。

ページのトップへ