ボタン

瓦屋根の漆喰をDIYで補修することは可能か?

2018年11月13日、台風21号・24号に関する注意のお知らせ 強風による被害は火災保険を使って工事を行えます。被害を受けたかもしれない方は弊社の無料点検をお受けください。

2018年11月13日、台風21号・24に関する注意のお知らせ 強風による被害は火災保険を使って工事を行えます。被害を受けたかもしれない方は弊社の無料点検をお受けください。

 

【台風21号、台風24号で被災された方へ 11/13更新】

 台風21号、台風24号の被害に遭われた皆さまにお見舞いを申し上げます。現在も台風21号、台風24号の被害により、多くのご相談とお問合せをいただいており、順次対応しております。皆さまにはご理解を賜りますようお願い申し上げます。
 台風で屋根に被害を受けた方・受けたかもしれない方、どんなに建物がご心配でも屋根にはのぼるのは危険です。街の屋根やさんの無料点検をご利用ください。可能な限りの応急処置もその場でいたします。

更新日:2017年4月23日

瓦屋根のお住まいでは定期的に漆喰のメンテナンスを行ってあげなければなりません。
棟の取り直しまでいくと自力でできる気はしないけれど、漆喰を塗り増ししてあげるだけなら自分でも出来そうだと思ったことはありませんか?
私自身、漆喰を塗り増すだけなら写真を見ている感じでは自分でもできるんではないかな?と感じた事があります。
実際に、現地の瓦屋根のお住まいで漆喰の塗り増しの現場を見てみると、ちょっと私には無理かなと感じることが多くありました。
その、無理だな。と感じたことを少し詳しくご説明したいと思います。

屋根の上 屋根の上

1、単純に屋根の上での作業が怖いです
漆喰のメンテナンスとなれば、棟瓦の取り付けられた屋根になりますので、屋根の一番高いところでの作業が多くなります。
一般的なお住まいの勾配が4寸勾配程になりますが、ざっくり角度で21.8℃程です。文字にしてみると緩やかなように感じますが、慣れない高所での角度がついているというだけでもなかなか作業をするのに怖いものがあります。
また、足場となる屋根は瓦となりますので安定しているわけではありません。この瓦に汚れがたまっているとさらに滑りやすくなります。
高所での作業は危険が伴います。実際に屋根の上からの転落事故というのは毎年発生しています。一般的な2階建て住宅の屋根の一番高いところで7~9mほどになります。
急こう配屋根ともなると10mを超える場合もあります。人と高さの関係から5mの高さから地面に頭を打ってしまった場合の生存率は50%です。10mの高さになると着水安全限界になります。

DIYの腕に覚えのある人でも、地上での作業と屋根の上の作業では勝手が違います。屋根の上での作業がとても危険な作業であるということを認識しておいた方がよいでしょう

漆喰詰め増しの様子 漆喰詰め増しの様子

2、技術的に難しく間違った施工で雨漏りをする可能性がある
漆喰の塗り増しであれば、棟瓦の漆喰を塗ればよいと考えるのですがこれがなかなか難しいのです。
例えば、すでに棟ののし瓦がガタガタな状態であればそれは漆喰を塗り増したところで根本的な解決には至らないかもしれません。
棟がガタガタになってしまっている場合、漆喰の下地が劣化してしまっている可能性があります。
一度、漆喰をきれいに除去して改めて漆喰を塗りなおした方がよいでしょう。
また、漆喰の塗り方にも技術があります。塗りすぎても良くないですし、薄すぎてもすぐに剥がれてしまう可能性があります。
たっぷり詰めておけばいいんじゃない?と漆喰を棟の際まで塗ってしまう方もいるのですが、漆喰は瓦とは違い水分を吸収しないわけではありません。
たっぷり際まで詰まっていると見た目的には綺麗に見えるのですが、漆喰が水分を吸ってしまうので漆喰の劣化も通常よりも早くなってしまいます。
この漆喰の調整がかなり難しく、プロの間でも職人さんの腕が垣間見れる工事とも言えます。

上記の理由から、瓦屋根の漆喰工事に関してはあまりDIYをおすすめできません。
命の危険を顧みず屋根に上り、足場の安定しない屋根の上で難易度の高い漆喰を塗る。間違ったら雨漏りをしてしまうかもしれないし、屋根の上から落ちたら死んでしまうかもしれない。
こんなにリスクの高いDIYは、なかなかおすすめできないですね。
安全性に考慮し、確かな技術力を持った業者に依頼するのが、一番お住まいにとって有効なメンテナンスになるでしょう。

当店では漆喰の詰直し、棟取り直し工事など漆喰工事も承っておりますのでお気軽に0120-989-742までご相談ください

この記事と共通の工事内容の「新人のリフォーム学ブログ」

2017/05/14  ベランダから発生した雨漏りの事例を集めてみました。

   意外にも多いベランダ、バルコニーからの雨漏り。原因は多岐にわたりますが、ベランダやバルコニーは屋根と比べてお住まいの中でも水はけが悪く水分が停留したやすい箇所になります。 ベランダ・バルコニーの雨漏りに多い事例をご紹介いたします。 ...続きを読む

漆喰詰め増しの様子

2017/04/23  瓦屋根の漆喰をDIYで補修することは可能か?

   瓦屋根のお住まいでは定期的に漆喰のメンテナンスを行ってあげなければなりません。 棟の取り直しまでいくと自力でできる気はしないけれど、漆喰を塗り増ししてあげるだけなら自分でも出来そうだと思ったことはありませんか? 私自身、漆喰を塗り増すだ...続きを読む

雨漏りの跡

2017/02/26  リフォームローンを使った屋根リフォームのススメ

   急に雨漏りなどで急遽リフォームが必要になったけれど、手元の資金に不安がある。 そんな場合に多くの方が選ばれているのがリフォームローンになります。 2016年2月以降、マイナス金利が導入されて一般の銀行が日銀にお金を預けておくと自動的にお...続きを読む

この記事と共通の工事内容の現場ブログ

屋根カバー工法

2018/10/5  川崎市宮前区で傷んだスレート屋根をエコグラーニを使ったカバー工法で改善

   劣化した屋根をカバー工法で改善します 本日ご紹介いたしますのは川崎市宮前区で行った屋根カバー工法をご紹介いたします。今まで屋根には塗装をするといったメンテナンスをしていたそうですが、塗膜が劣化した状態が長く続きスレート自体が傷んでしまって...続きを読む

2018/09/22  袖ケ浦市にて他社が何度も修理しても繰り返す雨漏れ、解決のため葺き替えをご提案

   袖ケ浦市で他社が何度、補修工事をしても雨漏れしてしまうという屋根です。最近では少しの雨でも雨漏れが生じてしまい、お客様は大変お困りになっていました。 長年の雨漏れによる劣化   袖ケ浦市のお客様は築年数がかなり経過しているけど、メ...続きを読む

横浜市港北区で屋根カバー工法、アスファルトシングルから金属屋根材のエコグラーニへ

2018/09/14  横浜市港北区で屋根カバー工法、アスファルトシングルから金属屋根材のエコグラーニへ

   屋根カバー工法のメリットデメリット 横浜市港北区で行った屋根カバー工法をご紹介いたします。現在の屋根はアスファルトシングルが使われているのですが、経年劣化が進んで屋根材が傷んでしまったことから屋根カバー工法を行うこととなりました。また、工...続きを読む

経験豊かなスタッフがみなさんの家の屋根を守ります!屋根工事メニュー

街の屋根やさんが施工している様々な屋根工事と屋根リフォームの一覧をご紹介します。

安心して工事をお願いできました!リフォームの流れ

お客様の不安を解消できるように、お問い合わせから工事の完成までの流れをご紹介しています。

瓦、スレート、金属、ハイブリッド、あなたの屋根はどのタイプ?

街の屋根やさんが施工している様々な屋根工事と屋根リフォームの一覧をご紹介します。

屋根に関するお客様の疑問にお答えします!お客様からのQA一覧

お客様から寄せられた屋根に関する疑問を、当店スタッフが親身に回答しています。

信頼の施工実績一覧

弊社で行った施工事例をご紹介しています。詳細な説明と写真でわかりやすくお伝えします。

街の屋根やさんへようこそ!会社概要

弊社の会社概要になります。街の屋根やさんとはこんな会社です。

0120-989-742
0120-989-742
0120-989-742