街の屋根やさんは全国各地で屋根工事や屋根リフォームをおこなっています。

街の屋根やさん

施工事例 お客様の声
点検・調査・お見積りなど無料で承ります!

Menu 屋根やさんメニュー

本社連絡先


■街の屋根やさん
電話 0120-989-742
E-Mail info@sharetech.co.jp
株式会社シェアテック

■本社
〒299-0261 千葉県袖ヶ浦市
福王台2-21-10
セントラルビル1F
電話 0438-60-7773
FAX 0438-60-7774

大きな地図で見る

■横浜支店
〒222-0033 神奈川県横浜市
港北区新横浜3-2-6
新横浜ビジネスセンタービル 2F
電話 045-476-9990
FAX 045-476-9989

大きな地図で見る


■東京大田支店
〒145-0071 東京都大田区
田園調布1-5-5 2F
大きな地図で見る


■東東京支店
〒132-0023
東京都江戸川区西一之江2-10-17
大場ビル1F
電話 0120-989-936

大きな地図で見る


【全国の街の屋根やさんはこちら】

瓦屋根の家が減少してきた理由を考えてみる

台風後の点検忘れずに!

台風後の点検忘れずに!

新人のリフォーム学ぶブログ

更新日:2017年1月29日

民家を散歩してみると様々な屋根のお住まいが目につきますね。
新築の立ち並ぶ住居を歩いてみると、本当に様々な屋根が使われていることがわかります。

街並み 洋瓦

ひとたび農村の方を歩けば、昔からの住居が立ち並びどの屋根も瓦屋根が使われているのですが、まれにリフォームをしたのか金属屋根などが使われているお住まいもあります。
こうして少し住宅街を歩いてみると、新築が立ち並ぶ住宅街では様々な屋根材が使われているのに対して、農村の古い家が立ち並ぶ住宅街の屋根材のほとんどが瓦屋根です。
もちろん新築が立ち並ぶお住まいでも、洋瓦やF型瓦のスタイリッシュな景観にマッチした瓦屋根を見かけますが昔ほど新築時に瓦屋根を選ぶ方というのは減少している傾向にあるようです。

屋根材の出荷動向 屋根材の出荷動向2

一般法人 日本金属屋根協会の屋根材の出荷動向の統計によると
2005年の粘土瓦の出荷動向が57,353千㎡に対して、2013年の出荷動向が31,197千㎡になります。
およそ14年の間に26,156千㎡も減少しています。

2013年の瓦、スレート、金属屋根の出荷動向の比率を計算すると
金属屋根 53%(57,918千㎡)
粘土瓦  28%(31,197千㎡)
スレート 19%(20,337千㎡)

瓦屋根の出荷動向よりも金属屋根の出荷動向が上回っているのです。
それこそ、お住まいの築年数が上がるに比例して瓦屋根の割合が増えていくように、屋根材のポピュラーと言えば瓦屋根であったはずが、
現在では出荷動向だけを見ればその地位を金属屋根に譲り渡してしまっています。

 トタン

それでは、なぜ瓦屋根を選ぶ人が少なくなったのでしょうか?推測になりますが、まずは屋根材の著しい進化と選べる自由が広がったことに要因があると考えています。
極端な話ですが、一般的なお住まいを新築する際に昔は屋根材の選択肢に「瓦」か「トタン」かの2択しかありませんでした。
しかし、現在では瓦だけでも様々な種類の瓦が登場しています。前述しました、S字瓦のような洋風のお住まいに合う屋根材、スタイリッシュでクールなイメージにも合わせやすいF型瓦など。
また、機能面や価格面でもスレートやガルバリウム鋼板などの優れた屋根材が次々と登場しています。
購入者が様々な屋根を選択できることによって、自然と瓦のシェアは少なくなっていったのだと思います。

また、出荷動向のデータを追ってみても2011年以降、粘土瓦、スレートに関してはほぼほぼ横ばいの数値を示しているのに対して、金属屋根は年ごとに出荷数を延ばしています。
2011年に起こった出来事としてあげられるのが、東日本大震災です。世間のニーズが震災に伴いお住まいに安心・安全をさらに求めていることがわかります。
金属屋根(ガルバリウム鋼板)の場合は地震に強く、メンテナンスも楽であることを理由に多くの方に選ばれている屋根材のひとつです。詳しくは金属屋根材のページをご覧ください。
一方で瓦屋根の場合は重たいため、重心が上になり揺れ幅が大きくなってしまうという欠点があります。詳しくは瓦屋根のページをご覧ください。

こうした、条件から屋根の選び方も多様化してきていると言えるでしょう。新築に限らず、リフォームを行う際でも同様のことが言えます。
当店では瓦屋根のリフォームを行う際、お客様のご要望に沿ったご提案で数パターンのお見積りをご提出させていただきます。
瓦屋根のリフォームや修理をお考えの際にはお気軽に0120-989-742までご相談ください。

この記事と共通の工事内容の「新人のリフォーム学ブログ」

2017/05/14  ベランダから発生した雨漏りの事例を集めてみました。

   意外にも多いベランダ、バルコニーからの雨漏り。原因は多岐にわたりますが、ベランダやバルコニーは屋根と比べてお住まいの中でも水はけが悪く水分が停留したやすい箇所になります。 ベランダ・バルコニーの雨漏りに多い事例をご紹介いたします。 1、排水ドレンの劣化 雨漏りの原因として最も多い事例のひとつです。 排水ドレンとはベラ...続きを読む

漆喰詰め増しの様子

2017/04/23  瓦屋根の漆喰をDIYで補修することは可能か?

   瓦屋根のお住まいでは定期的に漆喰のメンテナンスを行ってあげなければなりません。 棟の取り直しまでいくと自力でできる気はしないけれど、漆喰を塗り増ししてあげるだけなら自分でも出来そうだと思ったことはありませんか? 私自身、漆喰を塗り増すだけなら写真を見ている感じでは自分でもできるんではないかな?と感じた事があります。 実際に...続きを読む

ラバーロック工法

2017/04/16  瓦屋根のラバーロック工法は良くない施工方法なのか?

   瓦屋根のズレなどを修理する方法として、ラバーロック工法というシリコン系のコーキング材で瓦同士をくっつける工法があります。 瓦同士をくっつけることにより、強風時に瓦が飛ばないようにしたりズレが出ないようにする工法です。 大規模な屋根工事、屋根リフォームというわけではありませんので強風時に屋根材の飛散を防ぐ予防といったイメージの...続きを読む

この記事と共通の工事内容の現場ブログ

屋根葺き替え工事

2017/12/14  川崎市高津区|傷んだスレートをコロニアルクァッドで根葺き替え工事

   古くなっているスレートは専門業者に見てもらいましょう 本日はスレート屋根の葺き替え工事をご紹介いたします。台風でスレートの一部が飛んでしまったことがお問い合わせのきっかけでしたが、現地を確認したところ屋根材が全体的に傷んでしまっていたので今回屋根葺き替え工事を行う運びとなりました。 結果として台風による飛散でしたが、もともと...続きを読む

下地組み

2017/12/8  市原市|経年劣化によって雨漏りを起こした防水層の今後の補修方法

   市原市の2階建て住宅です。大雨が降ると雨漏りを起こしていたようですが、最近では小雨でも雨染みが残ってしまう状態になり補修のお問い合わせを頂きました。   場所は部屋の角で真上がバルコニーになっています。見るとタイルと人工芝が貼られ実際の防水層の劣化状態を確認することが出来ません。タイルは新築時に施工されたものの様で、...続きを読む

屋根葺き替え工事完了

2017/12/5  川崎市中原区で瓦から金属屋根材への屋根葺き替え工事

   屋根からの雨漏りにより屋根を葺き替える 本日は川崎市中原区で行った屋根葺き替え工事の様子をご紹介します。お施主様のお悩みとして、屋根が古くなってきたことから雨漏りがしているということでした。雨漏りは気が付いた時には大分時間が経ってしまっていることが多く、すでに木部などが傷んでしまっている場合が多いです。 今回の雨漏りについて...続きを読む

屋根工事メニュー

屋根の雨漏り対策

 街の屋根やさんが施工している様々な屋根工事と屋根リフォームの一覧をご紹介します。

詳しくはこちら

 
 

お客様からのQA一覧

屋根の雨漏り対策

お客様から寄せられた屋根に関する疑問を、当店スタッフが親身に回答しています。

詳しくはこちら

 

会社概要

屋根の雨漏り対策

弊社の会社概要になります。街の屋根やさんとはこんな会社です。

詳しくはこちら

無料相談受付中

  「屋根工事の期間はだいたいどれくらい?」、「屋根工事中も普通に生活していて大丈夫なの?」、「屋根リフォームに使う屋根材は何が一番いいの?」、「家の耐震性を考慮した屋根リフォームって?」などのご質問や疑問は疑問解決質問フォームからお送りください。
  点検・調査・お見積りなど、工事に関するご不明点やご相談などございましたら、お電話またはこちらのお問い合わせフォームよりご相談・お問い合わせください。
  些細なことでも遠慮なさらずお気軽にどうぞ! お客様からの様々なお問い合わせをお待ちしております。

0120-989-742
0120-989-742
0120-989-742
ページのトップへ