ボタン

瓦屋根のラバーロック工法は良くない施工方法なのか?

2018年11月13日、台風21号・24号に関する注意のお知らせ 強風による被害は火災保険を使って工事を行えます。被害を受けたかもしれない方は弊社の無料点検をお受けください。

2018年11月13日、台風21号・24に関する注意のお知らせ 強風による被害は火災保険を使って工事を行えます。被害を受けたかもしれない方は弊社の無料点検をお受けください。

 

【台風21号、台風24号で被災された方へ 11/17更新】

 台風21号、台風24号の被害に遭われた皆さまにお見舞いを申し上げます。現在も台風21号、台風24号の被害により、多くのご相談とお問合せをいただいており、順次対応しております。皆さまにはご理解を賜りますようお願い申し上げます。
 台風で屋根に被害を受けた方・受けたかもしれない方、どんなに建物がご心配でも屋根にはのぼるのは危険です。街の屋根やさんの無料点検をご利用ください。可能な限りの応急処置もその場でいたします。

更新日:2017年4月16日

瓦屋根のズレなどを修理する方法として、ラバーロック工法というシリコン系のコーキング材で瓦同士をくっつける工法があります。
瓦同士をくっつけることにより、強風時に瓦が飛ばないようにしたりズレが出ないようにする工法です。
大規模な屋根工事、屋根リフォームというわけではありませんので強風時に屋根材の飛散を防ぐ予防といったイメージのメンテナンスになります。
海沿いに面した風の強い地域などでは、ラバーロック工法が採用されるケースがあります。

ラバーロック工法 ラバーロック工法

短期間で施工ができて、そこまで高額なメンテナンスでもなく瓦の落下を防げると聞けば、すべての瓦屋根にラバーロック工法が採用されていても良いのではないか?と思われますが、
ラバーロック工法を積極的におすすめする業者は少ないように感じます。なぜ、ラバーロック工法をどの業者でもおすすめしないのでしょうか?

ラバーロック工法には正しい施工方法があります。
瓦屋根の重なり部分のすべてにシリコンコーキングを詰めてしまうと、瓦下のルーフィング材や野地板に湿気が溜まり劣化の速度を速めてしまう可能性があります。
間違った施工方法でのラバーロック工法は雨漏りの原因となります。
実際に雨漏りがあるとのご相談をいただき、点検にお伺いしたお住まいでは間違った瓦屋根のラバーロック工法を間違った方法で施工されていた状態で雨漏りが始まってしまっているようでした。

お客様からのQ&A
ラバーロック工法を行ってから雨漏りするようになりました

間違ったラバーロック工法の記事を紹介する現場ブログ
横浜市金沢区の屋根点検で瓦を誤った施工でラバーロックされていました

 

ラバーロック 瓦の写真
※上記の写真は間違った施工方法ではありません

 

また、どうしてもおすすめできない理由のひとつとしてラバーロック工法を使った飛び込み業者の杜撰な工事を行う業者が多いということがあげられます。
ラバーロック工法は雨漏り修理として提案する際には、他の屋根工事と比べてコストはそこまで大きくかかりません。
コストのかからない工事を雨漏り修理として、いかにも大規模工事であるかのようにふるまい高額な費用を請求する悪徳業者が一時期横行したのです。
その多くが、屋根に対する知識不足で間違った施工を行いお住まいの雨漏りを誘発したケースを当店では多く見てきました。

 

まるで、ラバーロック工法を行えば現在の雨漏りは止まるかのようなふれこみで営業を行う業者も多いのですが、
築年数が経過したお住まいでは雨漏りの原因として瓦の寿命がきている、野地板や防水紙が劣化しているなどの場合であればラバーロックを行ったとしても雨漏りが止まる可能性は限りなく低いです。
ただしラバーロック工法は正しい工法で行えば、突風の多い地域では有効なメンテナンスになります。
当店では雨漏り補修にラバーロック工法をご提案することはほぼありませんが、突風の多い地域の瓦の飛散防止のメンテナンスとしてラバーロック工法という施工方法があることはお伝えさせていただくこともあります。
瓦のラバーロック工法を行う業者はすべてが悪徳リフォーム業者というわけではありません。
間違った施工を行う業者があまりにも多いためにラバーロック工法は悪徳業者というイメージがついてしまっているように思えます。

当店ではお客様のご要望に沿った最適な工事をご提案させていただきます。瓦屋根のほか、お住まいの屋根のことならおまかせください!
ご相談は0120-989-742までお気軽にご相談ください。

この記事と共通の工事内容の「新人のリフォーム学ブログ」

ラバーロック工法

2017/04/16  瓦屋根のラバーロック工法は良くない施工方法なのか?

   瓦屋根のズレなどを修理する方法として、ラバーロック工法というシリコン系のコーキング材で瓦同士をくっつける工法があります。 瓦同士をくっつけることにより、強風時に瓦が飛ばないようにしたりズレが出ないようにする工法です。 大規模な屋根工事、...続きを読む

雨漏りの跡

2017/02/26  リフォームローンを使った屋根リフォームのススメ

   急に雨漏りなどで急遽リフォームが必要になったけれど、手元の資金に不安がある。 そんな場合に多くの方が選ばれているのがリフォームローンになります。 2016年2月以降、マイナス金利が導入されて一般の銀行が日銀にお金を預けておくと自動的にお...続きを読む

洋瓦

2017/01/29  瓦屋根の家が減少してきた理由を考えてみる

   民家を散歩してみると様々な屋根のお住まいが目につきますね。 新築の立ち並ぶ住居を歩いてみると、本当に様々な屋根が使われていることがわかります。   ひとたび農村の方を歩けば、昔からの住居が立ち並びどの屋根も瓦屋根が使われている...続きを読む

この記事と共通の工事内容の現場ブログ

保土ケ谷区で金属屋根材からコロニアルへの屋根葺き替え工事

2018/09/17  保土ケ谷区で金属屋根材からスレート(コロニアルクァッド)への屋根葺き替え工事

   金属屋根からスレートへ屋根葺き替え工事 本日ご紹介いたしますのは保土ケ谷区で行った屋根葺き替え工事の様子です。元々の屋根には金属屋根材が使われておりましたが、今回はコロニアルスレートへの交換を行うことになりました。使用した屋根材はケイミュ...続きを読む

2018/09/10  川崎市麻生区でニチハのパミールに不具合が発生、最適な補修方法は屋根葺き替えです

   川崎市麻生区で屋根の調査をおこないました。スレート葺きの屋根なのですが、剥がれ落ちて屋根の雪止めに引っ掛かっていました。割れて脱落したのではなく、スレート一枚が綺麗に落ちていました。このスレートはニチハというメーカーの『パミール』といい、釘...続きを読む

2018/09/9  横浜市鶴見区で屋根葺き替え、重い瓦屋根を軽い金属屋根に変更し地震対策

   横浜市鶴見区で屋根の調査をおこないました。瓦葺きの屋根は下地の防水紙が劣化していますが、今のところ雨漏りはしていません。お客様も雨漏りに対して心配しているのではなく、地震の時の事を心配されています。瓦屋根は屋根材の中では重いので、地震で建物...続きを読む

経験豊かなスタッフがみなさんの家の屋根を守ります!屋根工事メニュー

街の屋根やさんが施工している様々な屋根工事と屋根リフォームの一覧をご紹介します。

安心して工事をお願いできました!リフォームの流れ

お客様の不安を解消できるように、お問い合わせから工事の完成までの流れをご紹介しています。

瓦、スレート、金属、ハイブリッド、あなたの屋根はどのタイプ?

街の屋根やさんが施工している様々な屋根工事と屋根リフォームの一覧をご紹介します。

屋根に関するお客様の疑問にお答えします!お客様からのQA一覧

お客様から寄せられた屋根に関する疑問を、当店スタッフが親身に回答しています。

信頼の施工実績一覧

弊社で行った施工事例をご紹介しています。詳細な説明と写真でわかりやすくお伝えします。

街の屋根やさんへようこそ!会社概要

弊社の会社概要になります。街の屋根やさんとはこんな会社です。

0120-989-742
0120-989-742
0120-989-742