街の屋根やさんは全国各地で屋根工事や屋根リフォームをおこなっています。

街の屋根やさん

施工事例 お客様の声
点検・調査・お見積りなど無料で承ります!

点検・調査・お見積りなど無料で承ります!

Menu 屋根やさんメニュー

本社連絡先


■街の屋根やさん
電話 0120-989-742
E-Mail info@sharetech.co.jp
株式会社シェアテック

■本社
〒299-0261 千葉県袖ヶ浦市
福王台2-21-10
セントラルビル1F
電話 0438-60-7773
FAX 0438-60-7774

大きな地図で見る

火災保険で屋根修理を行った事例をまとめてみました

新人のリフォーム学ぶブログ

更新日:2017年2月5日

火災保険は住宅を購入する際にほとんどの方が加入されている保険になりますが、実は火災のほかにもお住まいに行った災害に関してであれば保障対象となる可能性があります。
お住まいに対する災害とは具体的にどのような点があげられるかというと、

・台風などの強風により棟板金が飛んでしまった
・積雪により雪が雨どいに落ち、雨どいをゆがめてしまった
・地震によって瓦屋根の一部がくずれてしまった

など、自然災害によりお住まいに何らかの被害が出てしまった場合には保険会社が修理費用を保険金として支払ってくれる場合があるのです。
保険会社によって保証内容は様々ですので、火災保険を使って屋根修理を行う場合にはご契約している保険内容を確認する必要があります。

大雪の場合に発生する災害 台風など強い風よって発生する災害

火災保険申請に関しての手順は難解に思われる方も多いのですが、そこまで大変なものではありません。
ざっくりとした手順になりますが、火災保険申請までの流れは以下の通りです。

まずはお客様自身で、保険会社へ連絡していただき契約内容の確認と適用できる修理の範囲を確認していただく必要があります。
そこでお客様の方では保険会社より、保険適用の申請書の記載を求められます。
その後、ほとんどの保険会社では【修理費用の見積書】と修理が必要な個所の【写真】の提出を求められるかと思います。
この段階で私たちのような屋根工事業者の出番です。保険申請に必要な見積もり書と写真は屋根工事業者の方で手配します。
お客様の方で屋根の写真を撮ることは可能ですが、屋根の上は危ないので業者にお任せした方が良いでしょう。
書類を一式送ったところで、次は保険会社の鑑定人が屋根の状態を確認しにやってきます。鑑定の結果で保険金が決定します。

上記のような流れになりますが、弊社ではもちろんお客様からご相談をいただければ火災保険適用までのサポートを行っておりますのでご安心いただければと思います。

また、火災保険適用にあたって保険が適用できないケースもございます。
例えば、経年劣化によるお住まいの劣化は火災保険を適用することが出来ません。
あくまでも、【災害】によって被害を受けたお住まいの【原状回復】を行う修理費用となりますので、リフォーム費用を保険会社が保険金と支払ってくれる制度ではありません。

当店でも火災保険でお住まいの修理を行った事例は多くございます。

杉並区で雪害により雨どい破損 杉並区で雪害により破損した雨どいを修理
杉並区の雨樋交換を火災保険で対応

雪害によって一部が破損してしまったお住まいの雨どい交換工事になります。
玄関上に設置されていた雨どいが雪の重みで金具ごと取れかかってしまった状態でしたので、火災保険を使っての交換工事を行いました。

市川市で風害により雨どい破損 市川市で風害により雨どい破損修理
市川市で風害保険対応で雨樋の補修工事を行いました

こちらは台風により一部雨どいの部品が飛んでしまい、竪樋が外れてしまった状態でした。
一部補修となりましたので、塗装工事のようにお住まい全体に足場をかけるのではなく一部修理箇所のみにかけた状態で雨どいの補修工事を行いました。

 

江戸川区で風害により棟板金飛散 江戸川区で風害により棟板金飛散を修理
江戸川区|火災保険を使った棟板金交換工事

強風によって飛散してしまった棟板金を火災保険を適用させて修理した事例になります。
台風などの強い風が吹いた際に棟板金が飛んでしまったというご相談は多くいただきます。このような場合でも火災保険を適用できる可能性があります。

君津市で雪害によりベランダ屋根が破損 君津市で雪害によりベランダ屋根が破損
君津市|火災保険で見慣れた波板の取替を!

雪害により屋根からお住まいのベランダ屋根を突き破り、破損させてしまった事例になります。
カーポートなどの波板に落雪し一部屋根を突き破ってしまったというご相談も多くいただいています。
去年の落雪のことだし今更保険は適用できるのかな?といった疑問も多くいただきますが、保険会社によっては過去2年さかのぼって保険を適用できる可能性もありますので
まずは保険会社に状況を説明し、保険の適用範囲内かを確認されてみた方が良いかも知れません。
当店では火災保険を使っての屋根の修理も多く実績がございます。わからない事がございましたらお気軽に70120-989-742までご相談ください。

この記事と共通の工事内容の「新人のリフォーム学ブログ」

RC造のマンション

2017/06/4  RC造(鉄筋コンクリート造)の雨漏り原因と修理方法

   一般的にお住まいは木造というイメージが強い日本ですが、賃貸マンションなどの不動産広告を見るとRC造、SRC造などという単語を見かけたことはないでしょうか? このあまり見慣れない、RC造、SRC造という単語は建物の構造を表す単語となります。構造とは建物の骨組みのことになります。 木造住宅とRC造のメリット・デメリット W...続きを読む

テラス屋根の下地木材に塗装

2017/05/28  ベランダ・テラス屋根やカーポートに使われるポリカ波板の修理について

   台風通過後にお問い合わせをいただく内容の多くに、ベランダの波板が飛んでしまった。カーポートの波板が飛んでしまった。などのご相談をいただきます。 そんなベランダやカーポートに多く使われている素材が「ポリカーボネート」の波板です。この名称をポリカ波板や波板ポリカなどと訳して呼ばれていることもあります。 本日はこのポリカ波板の交換...続きを読む

折半屋根の塗装

2017/05/23  工場、倉庫の折半屋根工事の事例をまとめてみました

   工場や倉庫などで採用されることの多い折半屋根ですが、鋼板を折り曲げ谷と山が連なった形状の金属屋根になります。 施工コストを下げ、比較的軽量なことから工場、倉庫のほかにも店舗でも使用されることの多い屋根材ですが一般的なお住まいではあまり見かけることはありません。 折半屋根についての詳しい説明はこちらをご覧ください→工場などでよ...続きを読む

この記事と共通の工事内容の現場ブログ

雨樋交換

2017/08/8  富津市|仮補修を繰り返した雨樋を新品と交換します

   富津市のお客様より雨樋交換のご依頼をお受けいたしました。雨樋に関しては、過去に何度もトラブルがあり、そのたびにご自分で簡易的な補修を繰り返していたそうです。しかし、取り付け用の金具が外れてしまったり、軒樋自体をテーピングしている状況を何とかしなければと考え、今回新しい雨樋への交換を行う運びとなりました。   左写真が...続きを読む

2017/08/6  木更津市|パラペットのモルタル剥がれを除去して補修します

   木更津市にお住まいのお客様はパラペット部分のモルタルが剥がれ出しお困りになっていました。今回は解体し、漏水原因を追求いたします。   外壁はクラックが少々目立っているものの、表面塗装状態はさほど目立った劣化は見当たりませんでした。しかし、内部下地の劣化が目立つ所がありました。表面上はモルタルに塗装をしていますので、外...続きを読む

瓦棒浮き

2017/08/4  横浜市都筑区|瓦棒からの雨漏りで屋根葺き替え工事を行います!

   横浜市都筑区で雨漏りのお問い合わせを頂きました。どこから雨漏りを起こしているか分からないが、かなり前から起きているようですので、実際の原因を探っていきたいと思います。   瓦棒を葺き替えてから15年経過しており、その間はメンテナンスを行っていないようでした。雨漏りを起こしているのは室内の角という事で、軒先に近い部分を...続きを読む

屋根工事メニュー

屋根の雨漏り対策

 街の屋根やさんが施工している様々な屋根工事と屋根リフォームの一覧をご紹介します。

詳しくはこちら

 
 

お客様からのQA一覧

屋根の雨漏り対策

お客様から寄せられた屋根に関する疑問を、当店スタッフが親身に回答しています。

詳しくはこちら

 

会社概要

屋根の雨漏り対策

弊社の会社概要になります。街の屋根やさんとはこんな会社です。

詳しくはこちら

無料相談受付中

  「屋根工事の期間はだいたいどれくらい?」、「屋根工事中も普通に生活していて大丈夫なの?」、「屋根リフォームに使う屋根材は何が一番いいの?」、「家の耐震性を考慮した屋根リフォームって?」などのご質問や疑問は疑問解決質問フォームからお送りください。
  点検・調査・お見積りなど、工事に関するご不明点やご相談などございましたら、お電話またはこちらのお問い合わせフォームよりご相談・お問い合わせください。
  些細なことでも遠慮なさらずお気軽にどうぞ! お客様からの様々なお問い合わせをお待ちしております。

ページのトップへ