街の屋根やさんは全国各地で屋根工事や屋根リフォームをおこなっています。

街の屋根やさん

施工事例 お客様の声
点検・調査・お見積りなど無料で承ります!

Menu 屋根やさんメニュー

本社連絡先


■街の屋根やさん
電話 0120-989-742
E-Mail info@sharetech.co.jp
株式会社シェアテック

■本社
〒299-0261 千葉県袖ヶ浦市
福王台2-21-10
セントラルビル1F
電話 0438-60-7773
FAX 0438-60-7774

大きな地図で見る

■横浜支店
〒222-0033 神奈川県横浜市
港北区新横浜3-2-6
新横浜ビジネスセンタービル 2F
電話 045-476-9990
FAX 045-476-9989

大きな地図で見る


■東京大田支店
〒145-0071 東京都大田区
田園調布1-5-5 2F
大きな地図で見る


■東東京支店
〒132-0023
東京都江戸川区西一之江2-10-17
大場ビル1F
電話 0120-989-936

大きな地図で見る


【全国の街の屋根やさんはこちら】

新年の初詣、屋根に注目してみると様々な形状がありました

台風後の点検忘れずに!

台風後の点検忘れずに!

新人のリフォーム学ぶブログ

更新日:2017年1月8日

遅れましたが、新年あけましておめでとうございます。
旧年は街の屋根やさんでも、大きな変化の年でもありました。
私にとって様々なことを勉強させていただいた恵まれた1年であったかのように思えます。
本年も、多くの方に有益な情報をお届けできるように日々ブログを執筆させていただきたいと思いますので、何卒よろしくお願いいたします。

さて、街の屋根やさんの本社であるシェアテックでは毎年恒例行事として仕事始めは、神社へ参拝へ行きます。
各支店ごとの地域へ参拝へ向かいますので、昨年オープンした東東京支店・本社の千葉・横浜支店の3店舗の神社を巡って参りました。
ふっと気になったのが、偶然にもどの参拝でも屋根の形状が異なっていたことに少し驚きました。

神社の瓦屋根 神社の銅葺き屋根

千葉県で参拝した際には入母屋の瓦屋根だったのに対して、横浜で参拝した際には入母屋の銅葺き屋根でした。
一方で、東京では少し変わった形をした入母屋の合わせ屋根が特徴的な瓦屋根でした。
それぞれ、屋根の種類が異なっていることに少し驚きですね。

神社で用いられる屋根材は銅板、檜皮葺が中心となります。神社の屋根は瓦屋根を使わないのが一般的ですが、小さめの造りの神社や田舎にある神社などは工事予算の関係で瓦などが使われる場合もあるようです。
私の暮らす地域は田舎のためか、瓦を使った屋根の神社も良く見ます。
また、私は神社だと思いうっかりお寺を参拝してしまったということもあります。お寺の場合、屋根は瓦屋根であることが多いようです。

お寺の瓦屋根 神棚

神社とお寺、どちらを参拝すればよいのかといった問題は信仰しているのが神道であれば神社へ、仏教であればお寺へということですが特に信仰がなければどちらでも大丈夫なそうです。
回ることに問題はありません。どちらも敬意を払ってお祈りしましょう。

いよいよ2017年が始まり、心新たに公私ともに飛躍の1年にできるようにますます努力していきたいと思います。
今後とも、街の屋根やさんを何卒よろしくお願いいたします。

この記事と共通の工事内容の「新人のリフォーム学ブログ」

RC造のマンション

2017/06/4  RC造(鉄筋コンクリート造)の雨漏り原因と修理方法

   一般的にお住まいは木造というイメージが強い日本ですが、賃貸マンションなどの不動産広告を見るとRC造、SRC造などという単語を見かけたことはないでしょうか? このあまり見慣れない、RC造、SRC造という単語は建物の構造を表す単語となります。構造とは建物の骨組みのことになります。 木造住宅とRC造のメリット・デメリット W...続きを読む

テラス屋根の下地木材に塗装

2017/05/28  ベランダ・テラス屋根やカーポートに使われるポリカ波板の修理について

   台風通過後にお問い合わせをいただく内容の多くに、ベランダの波板が飛んでしまった。カーポートの波板が飛んでしまった。などのご相談をいただきます。 そんなベランダやカーポートに多く使われている素材が「ポリカーボネート」の波板です。この名称をポリカ波板や波板ポリカなどと訳して呼ばれていることもあります。 本日はこのポリカ波板の交換...続きを読む

折半屋根の塗装

2017/05/23  工場、倉庫の折半屋根工事の事例をまとめてみました

   工場や倉庫などで採用されることの多い折半屋根ですが、鋼板を折り曲げ谷と山が連なった形状の金属屋根になります。 施工コストを下げ、比較的軽量なことから工場、倉庫のほかにも店舗でも使用されることの多い屋根材ですが一般的なお住まいではあまり見かけることはありません。 折半屋根についての詳しい説明はこちらをご覧ください→工場などでよ...続きを読む

この記事と共通の工事内容の現場ブログ

SUS製ビス

2017/12/7  横浜市鶴見区|浮いた棟板金はステンレス(SUS)製ビスで補強!

   横浜市鶴見区のお客様より、台風後の屋根点検依頼を承りました。実際に被害を感じたわけではないそうですが、ご近隣の住宅で棟板金の落下があったと耳にした為、ご不安を感じられていました。   早速スレート屋根の状態を見ていきましょう。棟板金は屋根の頂点に取り付けられている為、風に煽られやすく定期的なメンテナンスが必要な部位で...続きを読む

2017/12/6  富津市|飛散した棟板金の補修、タフモックでより強く

   富津市にお住まいのお客様は現在、お住みになっていない住宅の屋根の棟板金が飛散してしまい、大風で飛んでいってしまいました。近隣に飛散し、ご近所様の家屋などを傷つけた場合、通常の火災保険などでは適用外です。気を付けなくてはいけません。   大風により棟板金飛散状況   建物は現在、住人がおらず、放置されている状...続きを読む

屋根工事メニュー

屋根の雨漏り対策

 街の屋根やさんが施工している様々な屋根工事と屋根リフォームの一覧をご紹介します。

詳しくはこちら

 
 

お客様からのQA一覧

屋根の雨漏り対策

お客様から寄せられた屋根に関する疑問を、当店スタッフが親身に回答しています。

詳しくはこちら

 

会社概要

屋根の雨漏り対策

弊社の会社概要になります。街の屋根やさんとはこんな会社です。

詳しくはこちら

無料相談受付中

  「屋根工事の期間はだいたいどれくらい?」、「屋根工事中も普通に生活していて大丈夫なの?」、「屋根リフォームに使う屋根材は何が一番いいの?」、「家の耐震性を考慮した屋根リフォームって?」などのご質問や疑問は疑問解決質問フォームからお送りください。
  点検・調査・お見積りなど、工事に関するご不明点やご相談などございましたら、お電話またはこちらのお問い合わせフォームよりご相談・お問い合わせください。
  些細なことでも遠慮なさらずお気軽にどうぞ! お客様からの様々なお問い合わせをお待ちしております。

0120-989-742
0120-989-742
0120-989-742
ページのトップへ