ボタン

工場などで見かける大波スレートの特徴とメンテナンスのポイント

更新日:2017年5月16日

大波スレートと聞いてもなかなかピンとこない。という方も多いのでは無いでしょうか?
大波スレートとは屋根材の一種で、主に工場や倉庫などで使用される頻度の高い建材です。工場や倉庫などでは屋根だけではなく、外壁にも使用されています。
大波スレートの特徴や工事についてご紹介したいと思います。

 

大波スレートの特徴


大波スレート説明図

大波スレートは波型スレートに分類されますが、波のピッチがおよそ130mm、谷の深さがおよそ38mmの波板が大波スレートに分類されます。この波よりもう少し小さい波型スレートを小波スレートと呼ばれることもあります。
工場の屋根などに使われる大波スレートは骨材とセメントをプレスして生成されているため、強度はあるのですが風害に弱い一面を持っています。
そのため、風の強い地域などではあまりおすすめすることのできない屋根材になります。
工場、倉庫などではよく見かける屋根材ですが、デザイン性に乏しいため一般的なお住まいにはあまり見かけることがありません。

 

大波スレートのメンテナンス


■一部補修工事


大波スレートの留め具に隙間 隙間にコーキング

雨漏りの原因の一つとして多いのが、屋根材を固定している留め具の劣化です。
留め具には水分が入らないように、シール処理を行っている場合が多いのですが経年劣化によりボロボロになってしまいます。
この留め具の隙間から水分が浸入してしまう場合があるのです。こうした場合には、留め具の隙間にコーキング処理を行うことがあります。




 

■屋根カバー工法


大波スレート屋根 大波スレートのカバー工法

工場や倉庫などは一般的なお住まいと比べて、屋根面積が広いためその分コストがかかります。
また、大波スレートの場合ほとんどの屋根材にはアスベストが含まれていますので、廃材処理費の金額も跳ね上がってしまうのです。
屋根の劣化状態にもよりますが、工場の生産ラインを何日も停止させて工事することも、現実的とは言えません。
屋根カバー工法の場合は、既存の屋根に新しい屋根を被せて覆う工事となりますので廃材処理費がほとんどかからず、工期も短く施工できます。
工事中もほとんど通常の業務に差し支えない工事となりますので、大波スレートの工場・倉庫では屋根カバー工法が向いていると言えるでしょう。

お問い合わせバナー

 

大波スレートのアスベスト問題


石綿スレート波板は2004年までアスベストが含有されていました。
2004年以前に建築された工場の波型スレートには、ほぼアスベストが含まれていると言えるでしょう。
人体への影響が心配されますが、スレート波板のアスベストは基本的に屋根材を粉砕しない限りは飛散することはありません。
稀に近隣から、工場に対してアスベストに対するクレームが入ったとご相談をいただくことがありますが、
建材を解体するなどの作業を行わない限りはアスベストが飛散することはありませんのでご安心ください。

建材のアスベストの見分け方として、多くの建材メーカーでは1989年7月からアスベスト含有の建材には(a)のマークを記載しています。
大波スレートの場合でも、建材にマークのあるものもあります。

 

大波スレートのまとめ


大波スレート工場 大波スレートにネット設置

工場や倉庫などでよく見かける大波スレートですが、経年劣化した建材は割れやすいため屋根の状態を確認するため、はしごをかけて屋根に上ることは一般的なお住まいと比べてもかなり危険です。
当店でも割れやすい波型スレート材のカバー工法を行う際には、落下防止用のネットをを設置して工事にあたっています。
高所作業に慣れていない方が屋根に上ることは危険ですので、絶対にやめておきましょう。
工場や倉庫で雨漏りがある際には、まずは雨漏りの専門家にご相談ください。当店では大波スレートのほか、工場、倉庫の屋根に関しても豊富な施工実績がございます。
ご相談、点検、お見積りは無料で承っておりますので、お気軽に0120-989-742までご相談ください。

お問い合わせバナー



大波スレートのブログ

東庄町羽計で屋根も壁も大波スレートの倉庫の雨漏り調査

香取郡東庄町羽計のお客様から農業に使用する大型の機器や肥料を保管しているという倉庫の雨漏りについてのご相談を承りました。建物自体が古く、補修を繰り返しながら使用しているそうです。外壁も一部、色が違う部分が存在しており、こちらも以前に補修したということでした。   倉庫の出入り口となっている開口部はか ...続きを読む

野田市船形にて屋根カバー工法をご検討中の大波スレートの倉庫を事前調査

昭和の時代に建てられ、平成を経て令和の時代になっても、まだまだ現役で使われている大波スレートの建物。屋根も大波スレート、外壁も大波スレートという建物も多く、その頑丈さには驚くばかりです。野田市船形にある倉庫はさすがに屋根が古くなってきているので、屋根カバー工法をご検討しているそうで、今回はその事前調査にお伺いしました。 & ...続きを読む

この記事と共通の工事内容の「新人のリフォーム学ブログ」

2018/02/16  屋根の基本、耐久性とメンテナンスの方法をご紹介

   お家の屋根がスレート屋根という方、スレート屋根ってどのくらいメンテナンスをしなくても良いのだろうかと疑問に思ったことはないでしょうか。 外壁は約10年ごとに塗り替えのメンテナンスを行いますが、屋根も同様なのでしょうか? 屋根の状況はご自...続きを読む

2018/02/1  お家の屋根、雪対策を行っていますか?屋根の雪対策をご紹介

   皆さんのお家の屋根は雪対策を行えていますか? 特に、滅多に雪の降らない地域では、雪が積もることはないから大丈夫だと考えていませんか? 最近では都心で積雪を観測したり、2月1日~2日も夜から朝にかけて雪が降ると予測されています。 屋根に...続きを読む

2018/01/26  アパートやマンションをお持ちの方に知っておいてもらいたい防水工事

   アパートやマンション、ビルの陸屋根、ベランダ、バルコニーなどに施す防水施工を防水工事といいます。 アパートやマンションの管理人さんの中には、そろそろ、防水工事を考えてみませんかと勧められたこともあるのではないでしょうか。 そういった際、...続きを読む

この記事と共通の工事内容の現場ブログ

2019/08/21  大田区南馬込で瓦の落下被害を受けて築40年の瓦屋根を調査しました

   大田区南馬込のお客様より屋根から瓦が割れて落下したとのご連絡をいただき築40年のお住まいの現場調査にお伺いいたしました。瓦自体は大変寿命の長い屋根材で塗装メンテナンス不要で30年程度、釉薬瓦であれば半世紀以上の耐用年数を持つものもありますが...続きを読む

瓦棒屋根

2019/08/17  千葉市緑区大椎町で劣化による雨漏れが心配という瓦棒屋根を調査

   瓦棒屋根の劣化調査   千葉県緑区大椎町にお住まいのお客様は、以前増築した部分の屋根が古くなってしまい、ご自分で屋根の塗装をおやりになり、思っているよりも劣化が進んでいた事お気付きになり、このままで雨漏れがしないのか不安になってしま...続きを読む

雨漏りしている小屋裏

2019/08/9  鋸南町保田で雨漏りしている瓦屋根を点検、漆喰詰め直しが必要な状態です

   以前から雨漏りに悩んでいるという鋸南町保田のお客様です。何社か修理とお見積りを頼んではみたものの、どこも「屋根を葺き替えましょう」としか言わないし、工事してくれても一向に改善しないのでほとほと困り果ててるそうです。   ...続きを読む

経験豊かなスタッフがみなさんの家の屋根を守ります!屋根工事メニュー

街の屋根やさんが施工している様々な屋根工事と屋根リフォームの一覧をご紹介します。

安心して工事をお願いできました!リフォームの流れ

お客様の不安を解消できるように、お問い合わせから工事の完成までの流れをご紹介しています。

瓦、スレート、金属、ハイブリッド、あなたの屋根はどのタイプ?

街の屋根やさんが施工している様々な屋根工事と屋根リフォームの一覧をご紹介します。

屋根に関するお客様の疑問にお答えします!お客様からのQA一覧

お客様から寄せられた屋根に関する疑問を、当店スタッフが親身に回答しています。

信頼の施工実績一覧

弊社で行った施工事例をご紹介しています。詳細な説明と写真でわかりやすくお伝えします。

街の屋根やさんへようこそ!会社概要

弊社の会社概要になります。街の屋根やさんとはこんな会社です。

0120-989-742
0120-989-742
0120-989-742