街の屋根やさんは全国各地で屋根工事や屋根リフォームをおこなっています。

街の屋根やさん

施工事例 お客様の声
点検・調査・お見積りなど無料で承ります!

Menu 屋根やさんメニュー

本社連絡先


■街の屋根やさん
電話 0120-989-742
E-Mail info@sharetech.co.jp
株式会社シェアテック

■本社
〒299-0261 千葉県袖ヶ浦市
福王台2-21-10
セントラルビル1F
電話 0438-60-7773
FAX 0438-60-7774

大きな地図で見る

■横浜支店
〒222-0033 神奈川県横浜市
港北区新横浜3-2-6
新横浜ビジネスセンタービル 2F
電話 045-476-9990
FAX 045-476-9989

大きな地図で見る


■東京大田支店
〒145-0071 東京都大田区
田園調布1-5-5 2F
大きな地図で見る


■東東京支店
〒132-0023
東京都江戸川区西一之江2-10-17
大場ビル1F
電話 0120-989-936

大きな地図で見る


【全国の街の屋根やさんはこちら】

工場などでよく見かける折半屋根の特徴と修理ポイント

凍害・雪害調査、お任せください

凍害・雪害調査、お任せください

更新日:2016年7月3日

7月のまぶしい日の光が、ジメッとした梅雨時期の気だるさを吹き飛ばしてくれるようで少し明るい気持ちになれますね。
これから、本格的な夏に差しかかり、どんどん暑くなってくるのかなと思うとちょっとまた気だるくなってしまいますが、こうして1年はあっという間に過ぎてしまうのだなぁと実感します。

さて、ここ数日ですが工場や店舗様からのお問い合わせを多くいただいております。工場の屋根と一口に言っても様々な種類がありますが、多くの工場で使用されている屋根として折半屋根が採用されています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA DSC_4294

折半屋根とは?となかなか聞きなれない屋根の名称になると思いますが、折半屋根とは鋼板を折り曲げ、谷と山が連なった形状の金属屋根となります。
折半屋根のメリットとしては折り曲げることにより鋼板に強度がでることや、施工コストを下げることができる、比較的軽量での施工が可能なことから建物の耐震性を高めることができます。
デメリットとしてはサビが発生しやすく、金属屋根の場合1箇所でサビがでてしまうと、あっという間にサビが屋根全体に広がってしまうといった特徴を持っているために、定期的に防水加工や防錆加工などのメンテナンスを行ってあげなければなりません。

多くの工場では金属屋根をボルトで固定しているような施工方法での折半屋根を採用しているようですが、こちらのボルトの釘浮きやサビの発生などにより、サビが屋根全体に広がり腐食した屋根から雨漏りが始まってしまうという事例は数多くございます。

千葉市美浜区にある工場と倉庫の雨漏り修繕工事

折半屋根も一般的なお住まいと同じように、防水効果を持続させるためには塗装工事を行わなければなりません。これから夏に向けて、遮熱塗料での屋根塗装工事をお考えのお客様も増えてきております。
ボルトキャップにサビや隙間などは出ていないか?ボルトキャップのはずれはないかなどの確認。経年劣化により屋根と面戸の取り合いに隙間が発生していることなども考えられます。

1456785781633 OLYMPUS DIGITAL CAMERA

他、様々な要素がありますがこうした判断をするのは、工場での施工経験のある屋根業者でなければ難しいのではないかなと予想されます。
間違った施工方法で屋根修理や塗装を行ってしまうと、現状の屋根の状態よりもさらに悪化させてしまう可能性もあるため、当店の点検員は慎重にかつ確実に現状の問題点を追求いたします。

当店では、工場、店舗などの折半屋根に関するメンテナンスのご相談も承っておりますので、お気軽に0120-989-936までご相談ください。

この記事と共通の工事内容の「新人のリフォーム学ブログ」

2017/05/14  ベランダから発生した雨漏りの事例を集めてみました。

   意外にも多いベランダ、バルコニーからの雨漏り。原因は多岐にわたりますが、ベランダやバルコニーは屋根と比べてお住まいの中でも水はけが悪く水分が停留したやすい箇所になります。 ベランダ・バルコニーの雨漏りに多い事例をご紹介いたします。 1、排水ドレンの劣化 雨漏りの原因として最も多い事例のひとつです。 排水ドレンとはベラ...続きを読む

シーリングの補てん

2017/05/7  築10年未満で発生した雨漏りについて

   雨漏りと聞くと、築年数が経過し老朽化してきたお住まいの天井からポタポタと水滴が落ちてきてしまう。そんなイメージはありませんか? 雨漏りに関してのご相談のお電話でも、築20年を過ぎたお住まいからの雨漏り事例がほとんどです。   しかし、稀に築10年にも満たないお住まいから雨漏りが始まってしまったので、点検に来てほしい...続きを読む

2016/09/18  複雑な屋根の形状は雨漏りしやすい?

   本社ではここ数日天気の悪い日が続き、夏の暑さがどこへ行ったのか、半そででは肌寒いような日が続いています。 体感的には過ごしやすいのですが、日照不足が続いているようで塗装の乾きや雨による工期の遅れが心配になりますね。 さて、本日はお客様よりルーフバルコニーの防水工事を検討しているといったお問い合わせをいただきました。 そ...続きを読む

この記事と共通の工事内容の現場ブログ

2018/02/19  千葉市|屋根をコーキング処理すると雨漏れする危険があります

   千葉市にお住まいのお客様は室内に雨漏れの跡がだんだん大きくなっている気がして、不安を抱えていました。数ヶ月程前に「他の工事店に修理を依頼して一旦は雨漏れが治りまった」そうですが、数か月後には天井の雨漏れ跡が大きくなってきてしまい、今回は弊社にご相談をいただきました。   スレート屋根の点検 千葉市にお...続きを読む

スレートが密着している

2018/01/29  川崎市宮前区|毛細管現象による雨漏りから屋根葺き替え工事

   サッシからの雨漏りは屋根が原因でした 本日は川崎市宮前区で行った屋根葺き替え工事の様子をご紹介いたします。お問い合わせではサッシ付近から雨漏りがしているということでしたが、調査を行ったところ屋根からの雨漏りであることが分かりました。 長年雨漏りが続いていたようで、スレート下の野地板にも傷みが出ていることもあり屋根葺き替え工事...続きを読む

2018/01/9  富津市|穴が開いてしまった屋根の張替え工事

   富津市にお住まいのお客様は屋根に穴が開いてしまい、お困りになっていました。今回はスレート屋根の張替えに伴う工事で、破損個所の補修工事と屋根下地のご紹介して参りたいと思います。   スレート瓦撤去作業&補強工事   スレート瓦(カラーベスト・コロニアル)は阪神・淡路大震災後、爆発的に需要が伸びた時期があり...続きを読む

屋根工事メニュー

屋根の雨漏り対策

 街の屋根やさんが施工している様々な屋根工事と屋根リフォームの一覧をご紹介します。

詳しくはこちら

 
 

お客様からのQA一覧

屋根の雨漏り対策

お客様から寄せられた屋根に関する疑問を、当店スタッフが親身に回答しています。

詳しくはこちら

 

会社概要

屋根の雨漏り対策

弊社の会社概要になります。街の屋根やさんとはこんな会社です。

詳しくはこちら

無料相談受付中

  「屋根工事の期間はだいたいどれくらい?」、「屋根工事中も普通に生活していて大丈夫なの?」、「屋根リフォームに使う屋根材は何が一番いいの?」、「家の耐震性を考慮した屋根リフォームって?」などのご質問や疑問は疑問解決質問フォームからお送りください。
  点検・調査・お見積りなど、工事に関するご不明点やご相談などございましたら、お電話またはこちらのお問い合わせフォームよりご相談・お問い合わせください。
  些細なことでも遠慮なさらずお気軽にどうぞ! お客様からの様々なお問い合わせをお待ちしております。

0120-989-742
0120-989-742
0120-989-742
ページのトップへ