街の屋根やさんは全国各地で屋根工事や屋根リフォームをおこなっています。

街の屋根やさん

施工事例 お客様の声
点検・調査・お見積りなど無料で承ります!

Menu 屋根やさんメニュー

本社連絡先


■街の屋根やさん
電話 0120-989-742
E-Mail info@sharetech.co.jp
株式会社シェアテック

■本社
〒299-0261 千葉県袖ヶ浦市
福王台2-21-10
セントラルビル1F
電話 0438-60-7773
FAX 0438-60-7774

大きな地図で見る

■横浜支店
〒222-0033 神奈川県横浜市
港北区新横浜3-2-6
新横浜ビジネスセンタービル 2F
電話 045-476-9990
FAX 045-476-9989

大きな地図で見る


■東京大田支店
〒145-0071 東京都大田区
田園調布1-5-5 2F
大きな地図で見る


■東東京支店
〒132-0023
東京都江戸川区西一之江2-10-17
大場ビル1F
電話 0120-989-936

大きな地図で見る


【全国の街の屋根やさんはこちら】

実際に存在するアニメ映画の住宅。その屋根について

新人のリフォーム学ぶブログ

更新日:2015年9月15日

ジブリを代表する映画「となりのトトロ」をご存じでしょうか?実はこのとなりのトトロに登場するサツキとメイの家が愛知県久手市に実際のスケールで再現されているものがあります。
日本の伝統的な家屋に洋風二階建てが附設された間取りが特徴的な住宅で、映画の世界観をそのまま再現したかのようなたたずまいは一度映画をご覧になった事がある方は驚かれるのではないでしょうか。

c75ef1274d2e187543540121ca6029d4_m dd85a79ba6e9c6584347b30efda719b7_s

劇中でもサツキとメイは家中を「ボロー」と言いながら駆け回るシーンは印象的ですが、物語の舞台となった時代が昭和33年(1593年)と設定されており、劇中ではサツキとメイのお父さんが所有(あるいは借家)する家で、昭和10年ごろに作られた築年数が約25年の家として建てられました。
使用された屋根材は瓦を一つ一つ手焼きで、あえて色ムラを強調したりざらつきを持たせ、年月を経た状態を表現されており、洋間の外にあるパーゴラは映画の再現通り根本が削りこまれ「腐った」風の仕上げになっています。
ちなみに、一般的には家紋などが入る鬼瓦に部分には「となりのトトロ」からとられた「と」という一文字が入っています。

屋根に関しての写真を詳しく見てみると、多少洋間の赤い屋根に色むらなどは見られるものの、瓦屋根は非常に立派なもので外観はとてもおしゃれです。
作中では「お化け屋敷」なんて呼ばれていましたがお化け屋敷の雰囲気は感じられない素敵な住宅だと思います。

 

c23d015b0fd7051c6587380f7caa7f46_s de7308af843ec243602005dc6245464c_s
また、同じアニメ映画として「おおかみこどもの雨と雪」に登場した、はなの家も実在のモデルがある住宅です。富山県中新川郡上市町にある、映画から抜け出してきたかのようなたたずまいは一般公開もされており、誰でも見学することができます。
とっても大きな古民家でとても小さな子供2人と母親だけで暮らすには広すぎるような印象をうけました。
屋根やさんの観点からすると富山の山奥で大雪も降るような土地ですのでぽたぽたと落ちる数か所に及ぶ雨漏りは屋根及び建物がとても心配になるシーンですね。
屋根材は和瓦で葺かれており、瓦の割れやコケの繁殖なども見受けられます。実際に何度か瓦の修理などが行われているようです。

※写真はイメージです。実際の建物とは異なります。

こうして見ると、有名なアニメ映画などに出てくる住宅も実はメンテナンスが行われていたりするのですね。
お住まいの屋根を守るためにも、定期的なメンテナンスは欠かせません。点検・調査のご依頼は0120-989-742までお気軽のご相談ください。

この記事と共通の工事内容の「新人のリフォーム学ブログ」

瓦屋根のふき直し

2017/01/22  結局、雨漏り修理の概算金額っていくらなの?

   お客様の窓口としてお電話での対応をさせていただいて、もうすぐ2年が経ちます。 入社した当初は、お客様が屋根のどのようなことをお困りかを聞いてもピンときませんでしたが、今ではざっくりしたご説明の中に特徴をお伝えいただければ、 屋根のどの部分を指しているかは、概ね検討がつくようになりました。   電話の窓口をしている...続きを読む

2016/10/16  日本の住宅は海外と比べてなぜ寿命が短いのか?

   カラッとした天気が続き、屋根工事も順調に進みうれしい限りの秋晴れが続いています。 朝方、夕方には肌寒さからつい先日まで半そでで過ごせていたのがウソのようですね。 ここ数日はクローゼットから毛布を引っ張り出して、朝方は思わず電気カーペットのスイッチを入れてしまうほど寒いなぁと感じました。 季節の変わり目ですので、皆様も体調に...続きを読む

2016/01/19  雪害によりカーポートが破損、ポリカーボネートでの補修例

   昨日の朝方は都心部でも積雪を確認できましたが、現在でも凍えるような寒さが続いておりますので、お身体にはお気を付けください。また、引き続き積雪の注意が必要だということでお住まいの雪害対策はお済みでしょうか? 当店では本日、雪害によって補修をお考えになっているお客様から多数のご相談をいただきました。落雪によるカーポートの破損や雨樋...続きを読む

この記事と共通の工事内容の現場ブログ

雨樋交換工事

2017/10/24  横浜市南区|台風で屋根と雨樋が破損!まずどう対応したらいいの?

   昨日の台風21号は多くの地域に爪痕を残しました。今まで台風の被害を受けたことのない住宅でも「こんなことになるなんて…」と実際の被害の大きさに衝撃を受けられた方も少なくないと思います。 しかし、実際に台風被害に遭った際にまず何をすればいいの?と対処方法を知らないという方もいらっしゃると思います。今回は前回台風で被害に遭った横...続きを読む

棟板金,釘

2017/10/20  横浜市旭区|棟板金交換と同時に屋根塗装メンテナンスも検討を!

   横浜市旭区で棟板金の飛散・落下でお問い合わせを頂きました。敷地内に板金が落ちていたようですが、初めは屋根の構造も分からず、自宅の物ではないと思っていたようです。 しかし遠くから確認すると一部木材が見え他の板金と同じ色とのことで、事態の深刻さを把握されたようです。   早速点検を行います。屋根形状は寄棟と呼ばれる...続きを読む

漆喰剥がし

2017/10/19  横浜市旭区|雨漏りを起こす前に漆喰詰め直し工事で対策!

   横浜市旭区のG様邸です。9月末に「漆喰の剥がれが気になり雨漏りをしないかが心配…」とご相談を頂いており、無事に雨漏りを起こす前に漆喰補修工事が完了いたしました。 きっかけは台風直後に玄関前に漆喰の固まりが落ちていたことで、屋根の補修を検討されていたようです。 屋根での漆喰の役割は、瓦の固定と棟の内部泥の流出防止で、瓦...続きを読む

屋根工事メニュー

屋根の雨漏り対策

 街の屋根やさんが施工している様々な屋根工事と屋根リフォームの一覧をご紹介します。

詳しくはこちら

 
 

お客様からのQA一覧

屋根の雨漏り対策

お客様から寄せられた屋根に関する疑問を、当店スタッフが親身に回答しています。

詳しくはこちら

 

会社概要

屋根の雨漏り対策

弊社の会社概要になります。街の屋根やさんとはこんな会社です。

詳しくはこちら

無料相談受付中

  「屋根工事の期間はだいたいどれくらい?」、「屋根工事中も普通に生活していて大丈夫なの?」、「屋根リフォームに使う屋根材は何が一番いいの?」、「家の耐震性を考慮した屋根リフォームって?」などのご質問や疑問は疑問解決質問フォームからお送りください。
  点検・調査・お見積りなど、工事に関するご不明点やご相談などございましたら、お電話またはこちらのお問い合わせフォームよりご相談・お問い合わせください。
  些細なことでも遠慮なさらずお気軽にどうぞ! お客様からの様々なお問い合わせをお待ちしております。

0120-989-742
0120-989-742
0120-989-742
ページのトップへ