街の屋根やさんは全国各地で屋根工事や屋根リフォームをおこなっています。

街の屋根やさん

施工事例 お客様の声
点検・調査・お見積りなど無料で承ります!

Menu 屋根やさんメニュー

本社連絡先


■街の屋根やさん
電話 0120-989-742
E-Mail info@sharetech.co.jp
株式会社シェアテック

■本社
〒299-0261 千葉県袖ヶ浦市
福王台2-21-10
セントラルビル1F
電話 0438-60-7773
FAX 0438-60-7774

大きな地図で見る

■横浜支店
〒222-0033 神奈川県横浜市
港北区新横浜3-2-6
新横浜ビジネスセンタービル 2F
電話 045-476-9990
FAX 045-476-9989

大きな地図で見る


■東京大田支店
〒145-0071 東京都大田区
田園調布1-5-5 2F
大きな地図で見る


■東東京支店
〒132-0023
東京都江戸川区西一之江2-10-17
大場ビル1F
電話 0120-989-936

大きな地図で見る


【全国の街の屋根やさんはこちら】

夏の暑さ対策に効果的な屋根リフォーム

新人のリフォーム学ぶブログ

更新日:2016年8月7日

ここ数日、とても暑い日が続いていますね。かと思えば、突然地面を打ちつける夕立に傘を持ち合わせておらずびしょびしょに濡れてしまった方も多いのではないでしょうか?
夏の夕立は地表と上空の温度差によって積乱雲が形成され、一時的に激しい雨が降りますが予想が立てづらくいつ起こるかもわかりません。
都市部ではビルが密集していることから、ヒートアイランド現象がおこりやすくゲリラ豪雨が発生しうやすいともいえます。突然の雷雨にはみなさん十分にお気を付けください。

さて本日はそんな夏の暑さ対策に効果的な屋根リフォームについてご紹介したいと思います。

 

・遮熱塗料で屋根塗装


IMG_9859 9

築10年が経過して、そろそろ屋根も塗り替えの時期かも?せっかく屋根の塗り替えを行うなら遮熱塗料を使って屋根塗装を行いましょう!
遮熱塗料とは太陽熱を反射して屋根の温度上昇を抑えます。そこでおすすめしたい塗料が日本ペイントのサーモアイになります。
サーモアイは優れた反射効果によって屋根の表面温度を最大10.5℃、室内温度を最大3℃下げることができます。(数値はメーカーの実験結果になります)
室内温度を3℃下げることができれば、夏場は毎日のように使ってしまう冷房の温度も1℃気温を上げることができるのではないでしょうか?
冷房の温度を1℃あげることで、毎月の電気代はおよそ10%削減できるといいます。冷房は涼しくて便利ですが、一日中つけっぱなしにしてしまうと体が少しダルくなってしまいますよね。
家族の健康と家計の光熱費削減、CO2排出量削減によって環境にも優しい遮熱塗料のサーモアイはおすすめの塗料になります。

当店でも、サーモアイを使って屋根塗装を行った施工事例がございますので合わせてご覧いただくと参考になります。

袖ケ浦市の屋根塗装|遮熱塗料で暑さ対策
千葉県習志野市 屋根は遮熱塗料 外壁は耐汚染塗料でピカピカお住まいに大変身

 

・小屋裏の熱を逃がす換気口の設置


fd55c782c784c6f7f1e90c880bcdfb18 bdd69404d9320ebc6ded9941597a0e17

夏場になると1階と2階の温度差が激しく、やたら2階が蒸し暑いなんて感じること、冷たい空気が軒下換気口から吸収されはございませんか?
小屋裏の熱を廃棄するために喚起棟と軒下換気口設置することにより、冷たい空気が軒下換気口から吸収され、温かい空気は自然と上昇し換気棟から排出されます。
小屋裏内部が換気され高温になることを防ぐことで最上階のお部屋も高温になることを防いでくれます。
夏場は室内の温度上昇を防ぎ、冬場は結露からお住まいを守ることができる優れた機能です。あまりにも夏場の暑さで過ごしにくいと感じている方は小屋裏喚気をご検討されてみても良いかもしれません。

夏場の暑さにぐったりとしてしまいますが、せめてお住まいでは日頃の疲れをリフレッシュできる快適な空間にしたいですね。
当店では、お客様のご要望にあわせて最適な屋根リフォームのご提案をさせていただきます。

ご相談は0120-989-742までお気軽にご相談ください。

この記事と共通の工事内容の「新人のリフォーム学ブログ」

2017/05/14  ベランダから発生した雨漏りの事例を集めてみました。

   意外にも多いベランダ、バルコニーからの雨漏り。原因は多岐にわたりますが、ベランダやバルコニーは屋根と比べてお住まいの中でも水はけが悪く水分が停留したやすい箇所になります。 ベランダ・バルコニーの雨漏りに多い事例をご紹介いたします。 1、排水ドレンの劣化 雨漏りの原因として最も多い事例のひとつです。 排水ドレンとはベラ...続きを読む

漆喰詰め増しの様子

2017/04/23  瓦屋根の漆喰をDIYで補修することは可能か?

   瓦屋根のお住まいでは定期的に漆喰のメンテナンスを行ってあげなければなりません。 棟の取り直しまでいくと自力でできる気はしないけれど、漆喰を塗り増ししてあげるだけなら自分でも出来そうだと思ったことはありませんか? 私自身、漆喰を塗り増すだけなら写真を見ている感じでは自分でもできるんではないかな?と感じた事があります。 実際に...続きを読む

雨漏りの跡

2017/02/26  リフォームローンを使った屋根リフォームのススメ

   急に雨漏りなどで急遽リフォームが必要になったけれど、手元の資金に不安がある。 そんな場合に多くの方が選ばれているのがリフォームローンになります。 2016年2月以降、マイナス金利が導入されて一般の銀行が日銀にお金を預けておくと自動的にお金が減ってしまうという現象が起こっていることから 安い金利であっても、多くの方にお金を貸...続きを読む

この記事と共通の工事内容の現場ブログ

雨樋傾き

2017/11/24  川崎市宮前区のアパート|屋根塗装の足場仮設で雨樋補修もご提案!

   川崎市宮前区のアパートの修繕依頼がございました。屋根は大きな費用を掛けたくないのでと屋根塗装をご希望です。 まず、屋根塗装を施工することで長期的に表面保護が出来るのかという事を点検で確認しなければなりません。   一部屋につき1ヶ所ドーマーが設置されている屋根です。ドーマーとは屋根から突き出した小さな屋根で三角...続きを読む

スレートの割れ

2017/11/23  横浜市南区|棟板金の釘浮きチェックと屋根塗装工事のご提案

   横浜市南区での屋根点検です。台風後に棟板金が浮いているとご近所の方から教えて頂き不安を感じられたことがきっかけです。 この際に屋根の全体点検と、補修メンテナンスをした方が良いのかアドバイスが欲しいとのことですので早速屋根調査を行っていきます。   4寸ほどの比較的なだらかな屋根です。まず気になる屋根の頂点、棟板...続きを読む

SUSビス

2017/11/22  横浜市鶴見区|棟板金・貫板の固定に錆びにくいSUS製ビスを使用

   横浜市鶴見区で屋根点検のご依頼を承りました。築年数も10年を過ぎているという事で、雨漏り等は確認していませんが屋根に異常がないか、他のメンテナンスが必要か点検を行っていきます。   棟板金は屋根の頂点に設置されるため、風に煽られ飛散しやすい場所でもあります。今回点検を行ったところ、釘が数本抜け板金自体が浮いてしまって...続きを読む

屋根工事メニュー

屋根の雨漏り対策

 街の屋根やさんが施工している様々な屋根工事と屋根リフォームの一覧をご紹介します。

詳しくはこちら

 
 

お客様からのQA一覧

屋根の雨漏り対策

お客様から寄せられた屋根に関する疑問を、当店スタッフが親身に回答しています。

詳しくはこちら

 

会社概要

屋根の雨漏り対策

弊社の会社概要になります。街の屋根やさんとはこんな会社です。

詳しくはこちら

無料相談受付中

  「屋根工事の期間はだいたいどれくらい?」、「屋根工事中も普通に生活していて大丈夫なの?」、「屋根リフォームに使う屋根材は何が一番いいの?」、「家の耐震性を考慮した屋根リフォームって?」などのご質問や疑問は疑問解決質問フォームからお送りください。
  点検・調査・お見積りなど、工事に関するご不明点やご相談などございましたら、お電話またはこちらのお問い合わせフォームよりご相談・お問い合わせください。
  些細なことでも遠慮なさらずお気軽にどうぞ! お客様からの様々なお問い合わせをお待ちしております。

0120-989-742
0120-989-742
0120-989-742
ページのトップへ