ボタン

地域によって異なる屋根のメンテナンス方法

2018年11月13日、台風21号・24号に関する注意のお知らせ 強風による被害は火災保険を使って工事を行えます。被害を受けたかもしれない方は弊社の無料点検をお受けください。

2018年11月13日、台風21号・24に関する注意のお知らせ 強風による被害は火災保険を使って工事を行えます。被害を受けたかもしれない方は弊社の無料点検をお受けください。

 

【台風21号、台風24号で被災された方へ 11/13更新】

 台風21号、台風24号の被害に遭われた皆さまにお見舞いを申し上げます。現在も台風21号、台風24号の被害により、多くのご相談とお問合せをいただいており、順次対応しております。皆さまにはご理解を賜りますようお願い申し上げます。
 台風で屋根に被害を受けた方・受けたかもしれない方、どんなに建物がご心配でも屋根にはのぼるのは危険です。街の屋根やさんの無料点検をご利用ください。可能な限りの応急処置もその場でいたします。

更新日:2017年4月2日

現在ではあまり聞かなくなりましたが、以前は屋根言えば瓦かトタンかといったイメージがありましたが、近年で様々な屋根材の流通によって
トタン屋根を目にする機会も少なくなってきました。
トタンとは鉄板を亜鉛メッキで覆ったものとなります。トタンの場合は縦葺きの瓦棒屋根などが現在でも多くのご家庭で採用されている馴染みのある屋根ではないでしょうか?
金属屋根はすべてがトタンだと勘違いされがちなのですが、ガルバリウム鋼板やジンカリウム鋼板などは成分の違う別の屋根材として認識しておいた方が良いかと思います。

波板のトタン屋根 瓦棒のトタン屋根

東北地方など、豪雪地帯では勾配の緩い金属屋根が主流ですがこれは屋根を暖めて雪をできるだけ溶かして排水する仕組みとなっている場合があります。
また、屋根に勾配がついていると積もった雪が滑り落ちて、人に直撃させてしまう恐れなどがあることから条例で屋根こう配が定められている地域もあります。
雪国に瓦が少ない理由としても、瓦は重いため雪の重さと相まってしまう家屋が重みに耐えきれず倒壊してしまう恐れがあるため、金属屋根などの軽い屋根が雪国では主流になっていったものだと思われます。

トタンは屋根の塗り替えをおよそ3年に1度ほどの周期で行わなければなりません。
それでなくとも、東北の山間、盆地などでは寒暖差が激しく夏は暑く、冬は雪が降り積もるほど寒くなれば自ずと屋根にかかる負担は大きくなります。
現在ではガルバリウム鋼板などの屋根材が主流となり、塗り替えを小まめに行うご家庭も少なくなりましたが、ほんの少し前まではお住まいの塗装をご自身で行うご家庭も多かった印象を受けます。
現在ではお住まいの多様化によって塗装を業者に依頼される方が多くなったようです。
関東と少し違う所はトタン屋根の塗装が多いことから、高圧洗浄後に電動工具などを使用してのケレン作業後、錆止めを塗布したのちに下塗り→中塗り→上塗りの順に塗装を仕上げていく業者が多いようです。
関東に住んでいると、屋根塗装は業者に頼むものといった印象があり、また塗装方法も若干ではありますが異なる様子に少し不思議な感覚がしますね。

急こう配屋根 急こう配屋根の屋根足場
しかし、関東と東北ではそもそも屋根こう配が異なります。東北の場合は傾斜が緩く、比較的屋根の上でも歩きやすい形状をしています。
比べて関東の屋根、屋根材から瓦・スレート・金属と屋根材が多種にわたりそれぞれ塗装の方法が異なります。また屋根の形状も4寸~6寸ほどであることが多く、この勾配は屋根に上りなれていない人であれば、滑り落ちそうで怖いと感じる勾配です。
また、6寸勾配以上であれば急こう配屋根に分類されますので、屋根足場がなければ作業が難しい場合もございます。

地域によって気候条件の異なる日本だからこそ、お住まいにも様々なメンテナンスの方法があります。
お住まいの地域ではどのような方法で屋根のメンテナンスを行うのかを調べてみるのも良いかもしれませんね。
当店では様々な地域での屋根工事に対応しております。一部対応範囲外のエリアもございますので、まずはお気軽に0120-989-742までご相談ください。

この記事と共通の工事内容の「新人のリフォーム学ブログ」

2018/02/16  屋根の基本、耐久性とメンテナンスの方法をご紹介

   お家の屋根がスレート屋根という方、スレート屋根ってどのくらいメンテナンスをしなくても良いのだろうかと疑問に思ったことはないでしょうか。 外壁は約10年ごとに塗り替えのメンテナンスを行いますが、屋根も同様なのでしょうか? 屋根の状況はご自...続きを読む

2018/02/1  お家の屋根、雪対策を行っていますか?屋根の雪対策をご紹介

   皆さんのお家の屋根は雪対策を行えていますか? 特に、滅多に雪の降らない地域では、雪が積もることはないから大丈夫だと考えていませんか? 最近では都心で積雪を観測したり、2月1日~2日も夜から朝にかけて雪が降ると予測されています。 屋根に...続きを読む

2018/01/26  アパートやマンションをお持ちの方に知っておいてもらいたい防水工事

   アパートやマンション、ビルの陸屋根、ベランダ、バルコニーなどに施す防水施工を防水工事といいます。 アパートやマンションの管理人さんの中には、そろそろ、防水工事を考えてみませんかと勧められたこともあるのではないでしょうか。 そういった際、...続きを読む

この記事と共通の工事内容の現場ブログ

2018/10/30  白子町で台風で飛散した倉庫の窯業系サイディング外壁を張替え

   台風の影響で破損したサイディング   白子町にある倉庫を経営されているお客様からのご依頼をいただきました。台風の影響で外壁の一部分が破損してしまい、落下してしまわれました。全て粉々に砕けてしまう位の衝撃が強風によりもたらされた、大き...続きを読む

2018/10/16  君津市で台風の影響を受けた瓦屋根の谷が崩れ、瓦も落下

   君津市にお住まいのお客様は台風24号通過後の翌日、ご自宅の屋根から瓦が数枚落下していることに気付いたそうです。夜中に台風が通過したせいで、翌日まで被害が出てきているとは知らなかったそうです。 台風の影響で落下した日本瓦   屋根か...続きを読む

漆喰が剥がれている

2018/10/7  横浜市西区で瓦屋根の調査から漆喰剥がれや防水紙劣化が発覚、改善のため屋根葺き替え工事をご提案

   業者に勧められたラバーロック方法が最適な工事なのか? 本日ご紹介いたしますのは横浜市西区で行った瓦屋根の調査です。お問合せのきっかけは他社に調査を依頼したところラバーロック工法を提案されたそうです。ラバーロック工法とは瓦がずれや隙間からの...続きを読む

経験豊かなスタッフがみなさんの家の屋根を守ります!屋根工事メニュー

街の屋根やさんが施工している様々な屋根工事と屋根リフォームの一覧をご紹介します。

安心して工事をお願いできました!リフォームの流れ

お客様の不安を解消できるように、お問い合わせから工事の完成までの流れをご紹介しています。

瓦、スレート、金属、ハイブリッド、あなたの屋根はどのタイプ?

街の屋根やさんが施工している様々な屋根工事と屋根リフォームの一覧をご紹介します。

屋根に関するお客様の疑問にお答えします!お客様からのQA一覧

お客様から寄せられた屋根に関する疑問を、当店スタッフが親身に回答しています。

信頼の施工実績一覧

弊社で行った施工事例をご紹介しています。詳細な説明と写真でわかりやすくお伝えします。

街の屋根やさんへようこそ!会社概要

弊社の会社概要になります。街の屋根やさんとはこんな会社です。

0120-989-742
0120-989-742
0120-989-742