街の屋根やさんは全国各地で屋根工事や屋根リフォームをおこなっています。

街の屋根やさん

施工事例 お客様の声
点検・調査・お見積りなど無料で承ります!

Menu 屋根やさんメニュー

本社連絡先


■街の屋根やさん
電話 0120-989-742
E-Mail info@sharetech.co.jp
株式会社シェアテック

■本社
〒299-0261 千葉県袖ヶ浦市
福王台2-21-10
セントラルビル1F
電話 0438-60-7773
FAX 0438-60-7774

大きな地図で見る

■横浜支店
〒222-0033 神奈川県横浜市
港北区新横浜3-2-6
新横浜ビジネスセンタービル 2F
電話 045-476-9990
FAX 045-476-9989

大きな地図で見る


■東京大田支店
〒145-0071 東京都大田区
田園調布1-5-5 2F
大きな地図で見る


■東東京支店
〒132-0023
東京都江戸川区西一之江2-10-17
大場ビル1F
電話 0120-989-936

大きな地図で見る


【全国の街の屋根やさんはこちら】

サイディングのシーリング交換と外壁塗装

新人のリフォーム学ぶブログ

更新日:2015年9月13日

新築をしても10年が経過すれば、外壁はそろそろお住まいのメンテナンス時期が近づいてきます。
でも、住宅を購入したときは建物代だけでも、何千万という金額もしたし、10年って期間は短すぎる。そう感じる方は多いかと思います。

では、なぜ10年ほどでメンテナンスを行わなければならないのでしょうか?
サイディングを使用した外壁の場合、サイディングを結合しているシーリング(コーキング)がおよそ10年ほどで寿命を迎えてしまうからです。
それどころか、一般的なシーリングの点検目安は3年、ノンブリード系のシーリング材を使用しても耐用年数は15年程度だと言われています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA コーキングヒビ
ん?シーリング?聞きなれない単語だし、住まいをぐるっと見渡しても特に目立つわけでもないので放っておいても大丈夫かな。
いえいえ、あなどってはいけません。シーリング劣化を放っておくと、劣化したシーリングにできたひび割れや、隙間などから水が侵入して雨漏りの原因となります。
建物自体の構造体が劣化してしまえば、建物全体の耐久力が落ちてしまい結果的に建物の寿命そのものが短くなってしまうのです。
10年以上が経過してしまえば、ほとんどの新築ではお住まいを建てられた工務店・ハウスメーカーでは保証の対象外になってしまう場合が多いのではないでしょうか?

IMGP0606 DSC_0497

さらに、サイディング外壁は【半永久的にもつ建材】として売り出されていましたが、住宅に合わせてカットした切断面から水分を吸収して劣化してしまったり、気温差などでひび割れを起こすようなことがあります。
このサイディングに関してのメンテナンスとして、サイディングの上から再塗装することにより撥水効果を蘇らせるとともに、お住まいの美観を保つことができます。
そのため、サイディングを塗り替えの際に合わせて、足場代の節約としてシーリングの交換を行う施行例が多いです。

当店ではサイディングのシーリング交換、外壁塗装も承っております。
お気軽に0120-989-742までご相談ください。

この記事と共通の工事内容の「新人のリフォーム学ブログ」

2017/05/14  ベランダから発生した雨漏りの事例を集めてみました。

   意外にも多いベランダ、バルコニーからの雨漏り。原因は多岐にわたりますが、ベランダやバルコニーは屋根と比べてお住まいの中でも水はけが悪く水分が停留したやすい箇所になります。 ベランダ・バルコニーの雨漏りに多い事例をご紹介いたします。 1、排水ドレンの劣化 雨漏りの原因として最も多い事例のひとつです。 排水ドレンとはベラ...続きを読む

漆喰詰め増しの様子

2017/04/23  瓦屋根の漆喰をDIYで補修することは可能か?

   瓦屋根のお住まいでは定期的に漆喰のメンテナンスを行ってあげなければなりません。 棟の取り直しまでいくと自力でできる気はしないけれど、漆喰を塗り増ししてあげるだけなら自分でも出来そうだと思ったことはありませんか? 私自身、漆喰を塗り増すだけなら写真を見ている感じでは自分でもできるんではないかな?と感じた事があります。 実際に...続きを読む

雨漏りの跡

2017/02/26  リフォームローンを使った屋根リフォームのススメ

   急に雨漏りなどで急遽リフォームが必要になったけれど、手元の資金に不安がある。 そんな場合に多くの方が選ばれているのがリフォームローンになります。 2016年2月以降、マイナス金利が導入されて一般の銀行が日銀にお金を預けておくと自動的にお金が減ってしまうという現象が起こっていることから 安い金利であっても、多くの方にお金を貸...続きを読む

この記事と共通の工事内容の現場ブログ

屋根点検

2017/11/21  横浜市中区で屋根塗装調査|金属屋根と雨樋はもらい錆に注意!

   横浜市中区での屋根塗装についてのご相談です。築20年以上のトタン屋根の物置ですが、屋根の劣化が気になり塗装で補修が可能かを見てほしいとのことでした。 トタンと呼ばれる屋根材は亜鉛鉄板ですので、錆が発生する前に塗装で表面保護をしていく必要があります。   今まで塗装等もしたことが無いという事で、錆の発生が非常に目...続きを読む

漆喰

2017/11/18  横浜市西区|台風後の雨樋と漆喰の劣化に火災保険は適用できるの?

   横浜市西区のお客様から「台風後に漆喰が落ちてきたので屋根を見てほしい」とのお問い合わせです。補修が必要な際には火災保険を利用して直したいとご希望を伺っておりました。   早速点検を行います。築25年、今までにメンテナンスは行っておらず、台風前の瓦屋根の状態はもちろん把握できていません。 大棟と下り棟の取り合い部...続きを読む

屋根塗装下塗り

2017/11/14  横浜市緑区|下塗りは屋根塗装に関わらず大事な役割を担う工程です

   横浜市緑区の屋根塗装工事中の現場です。徐々に寒くなり日照時間も短くなるため作業時間が短くなっていきますが、焦らず塗装施工を進めていきます。   まず高圧洗浄を行い屋根材に付着している汚れや赤い苔やカビを落とし、しっかりと乾燥させます。塗装工事の際にお客様が気にされるのは色や仕上がりの状態だとは思いますが、綺麗な仕上が...続きを読む

屋根工事メニュー

屋根の雨漏り対策

 街の屋根やさんが施工している様々な屋根工事と屋根リフォームの一覧をご紹介します。

詳しくはこちら

 
 

お客様からのQA一覧

屋根の雨漏り対策

お客様から寄せられた屋根に関する疑問を、当店スタッフが親身に回答しています。

詳しくはこちら

 

会社概要

屋根の雨漏り対策

弊社の会社概要になります。街の屋根やさんとはこんな会社です。

詳しくはこちら

無料相談受付中

  「屋根工事の期間はだいたいどれくらい?」、「屋根工事中も普通に生活していて大丈夫なの?」、「屋根リフォームに使う屋根材は何が一番いいの?」、「家の耐震性を考慮した屋根リフォームって?」などのご質問や疑問は疑問解決質問フォームからお送りください。
  点検・調査・お見積りなど、工事に関するご不明点やご相談などございましたら、お電話またはこちらのお問い合わせフォームよりご相談・お問い合わせください。
  些細なことでも遠慮なさらずお気軽にどうぞ! お客様からの様々なお問い合わせをお待ちしております。

0120-989-742
0120-989-742
0120-989-742
ページのトップへ