街の屋根やさんは全国各地で屋根工事や屋根リフォームをおこなっています。

街の屋根やさん

施工事例 お客様の声
点検・調査・お見積りなど無料で承ります!

Menu 屋根やさんメニュー

本社連絡先


■街の屋根やさん
電話 0120-989-742
E-Mail info@sharetech.co.jp
株式会社シェアテック

■本社
〒299-0261 千葉県袖ヶ浦市
福王台2-21-10
セントラルビル1F
電話 0438-60-7773
FAX 0438-60-7774

大きな地図で見る

■横浜支店
〒222-0033 神奈川県横浜市
港北区新横浜3-2-6
新横浜ビジネスセンタービル 2F
電話 045-476-9990
FAX 045-476-9989

大きな地図で見る


■東京大田支店
〒145-0071 東京都大田区
田園調布1-5-5 2F
大きな地図で見る


■東東京支店
〒132-0023
東京都江戸川区西一之江2-10-17
大場ビル1F
電話 0120-989-936

大きな地図で見る


【全国の街の屋根やさんはこちら】

RC造(鉄筋コンクリート造)の雨漏り原因と修理方法

新人のリフォーム学ぶブログ

更新日:2017年6月4日

一般的にお住まいは木造というイメージが強い日本ですが、賃貸マンションなどの不動産広告を見るとRC造、SRC造などという単語を見かけたことはないでしょうか?
このあまり見慣れない、RC造、SRC造という単語は建物の構造を表す単語となります。構造とは建物の骨組みのことになります。

木造住宅とRC造のメリット・デメリット


木造住宅
W造 木造
・メリット  建築費用が安い・新築リフォーム時に自由度が高い
・デメリット 耐久性の低さ・害虫や気象災害による劣化

RC造のマンション
RC造 鉄筋コンクリート造
・メリット  断熱・気密性が高い・耐火性能に優れている・遮音性が高い
・デメリット 建築費用が高い・住宅の重量が重い・結露が発生しやすい

一般的には木造住宅よりもRC造の方が丈夫で高寿命なイメージがありますが、雨漏りという点を見てみると木造住宅よりも発生頻度が高いように思われます。
なぜ、RC造では雨漏りが発生していまうのでしょうか?
このページでは主にRC造(鉄筋コンクリート造)で発生しやすい雨漏りの原因と修理方法をご紹介します。

RC造の雨漏り発生原因と修理方法


屋上・バルコニーの防水層の劣化

RC造に多い建物としてマンションなどの集合住宅があげられます。遮音性の高さから集合住宅で採用されることの多い、構造となります。
マンションなどで通常の三角形屋根とはことあり、屋根が平面の陸屋根タイプで屋上やバルコニーとして使用されていることが多いのですが、
三角形屋根と比べて水分が停留しやすく水はけが悪くなりがちです。雨漏りが発生しやすいタイプの屋根とも言えるでしょう。



屋上・バルコニーの防水層の劣化の修理方法

まずはしっかりと雨漏りの原因を追究してあげる必要があります。
防水層の劣化状態の確認、立ち上がり部に隙間が出来ていないか、笠置に水分の回った痕跡がないかなどを点検いたします。
また、場合によっては散水検査やサーモ検査などを行い、雨水の浸入経路をしっかりと確認いたします。

散水検査の様子
屋上散水検査の様子 屋上の防水層に亀裂

赤外線サーモグラフィの様子
サーモ検査の様子 サーモ検査の様子

防水層の劣化の状態にもよりますが、下地の改修工事から通気緩衝工法によるウレタン防水工事、もしくはFRP防水工事を行う場合が多いかと思います。
ウレタン防水工事には2種類の方法がありますが、通気緩衝工法をおすすめする理由としては雨漏りに効果的な工事だと言えることです。
下地に水分を含んでいる場合、そのまま防水材を塗布してしまうと下から上へとあがってくる水蒸気や湿気が防水層の膨れを作ってしまいます。
膨れを防止するために内部から上がってきた水蒸気を通気緩衝シートで逃がしてあげるため、塗膜の膨れを防止します。

防水工事の施工事例


ビフォア・アフター


施工前

防水工事 ビフォー

施工後

防水工事 アフター



この事例を詳しくを見る



シーリングの劣化

ビル内部の雨漏り シーリングが剥がれている
陸屋根タイプの建物では軒がないため、雨の影響をダイレクトに受けてしまいます。
そのため外壁の劣化の進行スピードが一般的なお住まいに比べて早くなってしまうことがあります。
外壁だけではなく、外壁のつなぎの役割を果たすシーリングの劣化の進行スピードも一般的なお住まいと比べると早くなります
お住まいをぐるっと一周回ってみると、思った以上にシーリングが打たれている箇所が多いことに気が付く方も多いのですが、普段の生活の中で意識して見るということはなかなかありません。
まさか、この目立たない部分が原因で雨漏り?と感じられる方も多いのですが、シーリングの劣化により水分が屋内へと浸入し構造体を劣化させてしまうと大がかりな工事が必要となってしまう場合もあります。
シーリングが剥がれてしまった、ひび割れているなどを見つけた際にはメンテナンスの時期がきていると言えるでしょう。

シーリングの修理方法・打ち替え方法


サッシシーリングの打ち替え シーリングのうち替え
まずは、既存のシーリングを剥がし、養生テープで周囲にシーリング材が付着するのを防ぎます。
続いてプライマーを塗布します。プライマーとはシーリング材をしっかり密着させるために行う下塗り材になります。
下塗り材を塗布後、コーキングガンでシーリング材を充てんします。その後、ヘラで押さえ空気が入らないようにしっかり密着させます。
最後に養生テープを剥がして乾燥させます。

RC造(鉄筋コンクリート造)の雨漏りについてのまとめ


マンションなどからの雨漏りの場合、まさかうちが雨漏り被害にと驚かれる方も多いのですが一般的なお住まいと比べても陸屋根タイプの集合住宅は雨漏りしやすい造りであると言えます。
定期的なメンテナンスを心がけることで、防げる雨漏りもございます。
例えば、防水層に6年~8年ほどの周期でトップコートを塗布してあげるだけでも、防水層を維持するのに効果的です。
上記で紹介した以外にも、雨漏りの原因は様々です。雨漏りを止めるためには総合的なお住まいの知識と雨漏りに対する適切な処置が必要となります。
雨漏り修理をした場合のもっとも多いトラブルのひとつとして、雨漏りの再発があげられます。雨漏りの専門家でなければ、雨漏りの適切な修理はもちろん、原因でさえも追及できない業者が多いのです。
当店では雨漏り診断アドバイザーの資格を持った、雨漏りの専門家が建物の雨漏りの原因を徹底追及いたします。専門家による適切な点検で、雨漏りに対するお困りごとをすべて解決いたします。
雨漏りでお困りの際は0120-989-742までお気軽にご相談ください。
お問い合わせバナー

鉄筋コンクリートのブログ

岸和田市の鉄筋コンクリートの雨漏り修理で外壁のクラックを補修!

岸和田市の倉庫の雨漏り修理のご紹介です。

鉄筋コンクリート造の倉庫で雨漏りが発生し、床に水が溜まっているということ現地調査を行いました。
結果、外胃壁に雨漏りしている跡があり、そこから雨が浸入して床まで達しているようでした。

...続きを読む

三島郡|外壁雨漏り調査!鉄筋コンクリート2階建て住宅

前回は防水まわりの調査をさせていただきましたので、今回は外壁調査の模様を紹介いたします。

雨漏りで出来上がった鍾乳洞のような氷柱にビックリしました。
...続きを読む

三島郡|雨漏り調査。鉄筋コンクリート2階建ての現場です

三島郡島本町T様邸T様邸より増築した屋根から雨漏りがするとのお問い合わせをいただきました。

建物は築40年位の鉄筋コンクリート(RC)2階建て住宅と、築15年位の木造2階建て住宅をリビングでつなげている大きな二世帯住宅風になっていました。

早速調査を紹介させていただきます!
...続きを読む

この記事と共通の工事内容の「新人のリフォーム学ブログ」

RC造のマンション

2017/06/4  RC造(鉄筋コンクリート造)の雨漏り原因と修理方法

   一般的にお住まいは木造というイメージが強い日本ですが、賃貸マンションなどの不動産広告を見るとRC造、SRC造などという単語を見かけたことはないでしょうか? このあまり見慣れない、RC造、SRC造という単語は建物の構造を表す単語となります。構造とは建物の骨組みのことになります。 木造住宅とRC造のメリット・デメリット W...続きを読む

テラス屋根の下地木材に塗装

2017/05/28  ベランダ・テラス屋根やカーポートに使われるポリカ波板の修理について

   台風通過後にお問い合わせをいただく内容の多くに、ベランダの波板が飛んでしまった。カーポートの波板が飛んでしまった。などのご相談をいただきます。 そんなベランダやカーポートに多く使われている素材が「ポリカーボネート」の波板です。この名称をポリカ波板や波板ポリカなどと訳して呼ばれていることもあります。 本日はこのポリカ波板の交換...続きを読む

折半屋根の塗装

2017/05/23  工場、倉庫の折半屋根工事の事例をまとめてみました

   工場や倉庫などで採用されることの多い折半屋根ですが、鋼板を折り曲げ谷と山が連なった形状の金属屋根になります。 施工コストを下げ、比較的軽量なことから工場、倉庫のほかにも店舗でも使用されることの多い屋根材ですが一般的なお住まいではあまり見かけることはありません。 折半屋根についての詳しい説明はこちらをご覧ください→工場などでよ...続きを読む

この記事と共通の工事内容の現場ブログ

2017/11/22  川崎市川崎区|モニエル瓦を屋根塗装で蘇えさせます

   モニエル瓦には塗装が必要 川崎市川崎区で行った屋根塗装の様子をご紹介いたします。 対象となる屋根材は瓦ですが、モニエルという種類の瓦になります。この屋根材は瓦といっても定期的に塗装をしなければ劣化してしまうので、長年メンテナンスをしていない場合は注意が必要です。 紫外線や水分などの影響で劣化が進むと割れなどが発生し雨漏りに...続きを読む

2017/11/20  袖ケ浦市|瓦屋根の葺き替えの際の注意事項

   袖ケ浦市で瓦屋根の葺き替えを致しました。お客様は何度か屋根の修理をしていましたが雨漏れは止まらず、お困りになっていました。小屋裏の中を見ますと広い範囲から雨漏れがあり、特に棟の場所からは非常に多く漏れてしまっています。   のし瓦の注意事項   よく漆喰の詰め直しなどを修理として進められることが多いと思...続きを読む

2017/11/18  富津市|台風の強風で軒天が剥がれる被害

   富津市のお客様は台風21号・台風22号の強風により、軒裏天井が次々に剥がれてしまという被害が遭われました。数箇所は完全に穴が開いてしまった状態です。 見た目も悪く、これでは剝がれかけている軒天が近隣に飛んで行ってしまわないか不安でしょうがないでしょう。少し風が強くなるとかなり心配で落ち着くことが出来ません。 いきなり...続きを読む

屋根工事メニュー

屋根の雨漏り対策

 街の屋根やさんが施工している様々な屋根工事と屋根リフォームの一覧をご紹介します。

詳しくはこちら

 
 

お客様からのQA一覧

屋根の雨漏り対策

お客様から寄せられた屋根に関する疑問を、当店スタッフが親身に回答しています。

詳しくはこちら

 

会社概要

屋根の雨漏り対策

弊社の会社概要になります。街の屋根やさんとはこんな会社です。

詳しくはこちら

無料相談受付中

  「屋根工事の期間はだいたいどれくらい?」、「屋根工事中も普通に生活していて大丈夫なの?」、「屋根リフォームに使う屋根材は何が一番いいの?」、「家の耐震性を考慮した屋根リフォームって?」などのご質問や疑問は疑問解決質問フォームからお送りください。
  点検・調査・お見積りなど、工事に関するご不明点やご相談などございましたら、お電話またはこちらのお問い合わせフォームよりご相談・お問い合わせください。
  些細なことでも遠慮なさらずお気軽にどうぞ! お客様からの様々なお問い合わせをお待ちしております。

0120-989-742
0120-989-742
0120-989-742
ページのトップへ