ホーム > びわ湖大橋

台風15号で建物にダメージを受けた方へ

台風15号で建物にダメージを受けた方へ

街の屋根やさんびわ湖大橋店へようこそ

街の屋根やさんびわ湖大橋店 店長 熊谷 智哉

この度は街の屋根やさんのホームぺージにお越しいただきありがとうございます。
 私は、街の屋根やさんびわ湖大橋店を運営する、当社澤村グループの代表を務める澤村幸一郎と申します。 屋根工事をお考えの皆様へ、生活を守る屋根の工事を任せるにふさわしい企業であるかどうかを感じて頂けるよう、当社の紹介からさせて頂きます。

 当社、澤村はびわ湖の北西、高島市に本社を置き、滋賀県内を中心に福井、京都のエリアにおいて、新築住宅・リフォーム・店舗・土地活用・土木・公共施設を手がける建設会社です。
 1950 年の創業以来、事業の幅を広げ続け、あらゆる建築ニーズに応える企業に成長して参りました。
 私は 2007 年、25 歳のときに 3 代目として社長を引き継ぎ、さらなる成長を目指し歩んでいます。

 また、さまざまな事業を展開する当社ではありますが、この屋根工事に特化する事業を立ち上げた理由についてもお話しさせて頂きます。
 この街の屋根やさん事業は単なるリフォームという観点だけではなく、生活を守る屋根に特化した専門チームを置くことで、老朽による大雨・暴風被害、積雪被害、台風被害などから生活者が安心して暮らせる基礎となる部分を守ることができる事業として立ち上がりました。
 近年の自然災害の増加と職人の高齢化によって、屋根業界の担い手は非常に頻拍した状態を強めている現状があります。 このような時代にあって、より安定した事業規模を持ち、安定した職人の育成が出来ることは、有事に限らず、普段の生活の上でのニーズに対応するためにも必要な事であると信じています。

 皆様の生活を守り、未来の担い手を育てるため澤村グループそして街の屋根やさんびわ湖大橋店は日々邁進して参ります。

所在地

店長 熊谷 智哉 街の屋根やさんびわ湖大橋店ロゴ
    1. 電話 0120-661-181
      E-Mail info@sharetech.co.jp
      株式会社澤村
      代表 店長 熊谷 智哉
    1. 〒520-0242
      滋賀県大津市本堅田3丁目33-16 エルミナリアン2F
  • 地域特色アイコン

    スタッフ紹介

    熊谷 智哉(くまがい ともや)

    【氏名】 熊谷 智哉(くまがい ともや)
    【出身】 滋賀県 高島市
    【趣味】 ベース演奏、ボルダリング
    【メッセージ】 共に過ごす家族や仲間が笑顔でいてくれる事が私の元気の源です。 これまでお付き合いいただいた方とのご縁を大切に、新たな出会いを楽しみに仕事をしています。 『相手のことを思って行動する』をモットーに、小さな不安もハッピーに変えて見せます!

    新着ブログ

    湖南市夏見にて雨漏れでお困りの縁側屋根工事を着工しました 2019年9月18日

    今あるポリカ波板屋根から板金(ガルバリウム鋼板)に葺き替える工事をします。 まずは既存の屋根と天井を撤去する為、部屋を傷つけたり、汚さない為に縁側の養生をしました。 床にはブルーシートを敷き、壁には透先日、 ...続きを読む

    高島市の雨漏りしているマンションの防水工事の進捗紹介 2019年9月17日

    「入居者から雨漏れの連絡が入ったので見に行ってほしい」 ...続きを読む

    高島市にて雨漏れしているマンションの防水工事について 2019年9月13日

    こちらが今回工事をさせていただくこととなったマンションの屋根兼屋上です。材料は、屋根がアスファルトシングルで屋上がFRP防水(塗膜防水)と塩ビシート防水です。作業を開始する前に現況写真を撮「入居者から雨漏れの連絡が入ったので見に行ってほしい」 ...続きを読む

    新着施工事例

    各種屋根工事メニュー

     『街の屋根やさん』では下記の工事を取り扱っております。工事内容の詳細は各工事ページでご確認下さい。

    無料相談受付中

    無料相談受付中

      「屋根工事の期間はだいたいどれくらい?」、「屋根工事中も普通に生活していて大丈夫なの?」、「屋根リフォームに使う屋根材は何が一番いいの?」、「家の耐震性を考慮した屋根リフォームって?」などのご質問や疑問は疑問解決質問フォームからお送りください。
      点検・調査・お見積りなど、工事に関するご不明点やご相談などございましたら、お電話またはこちらのお問い合わせフォームよりご相談・お問い合わせください。
      些細なことでも遠慮なさらずお気軽にどうぞ! お客様からの様々なお問い合わせをお待ちしております。