街の屋根やさんは全国各地で屋根工事や屋根リフォームをおこなっています。

街の屋根やさん

施工事例 お客様の声
点検・調査・お見積りなど無料で承ります!

Menu 屋根やさんメニュー

本社連絡先


■街の屋根やさん
電話 0120-989-742
E-Mail info@sharetech.co.jp
株式会社シェアテック

■本社
〒299-0261 千葉県袖ヶ浦市
福王台2-21-10
セントラルビル1F
電話 0438-60-7773
FAX 0438-60-7774

大きな地図で見る

■横浜支店
〒222-0033 神奈川県横浜市
港北区新横浜3-2-6
新横浜ビジネスセンタービル 2F
電話 045-476-9990
FAX 045-476-9989

大きな地図で見る


■東京大田支店
〒145-0071 東京都大田区
田園調布1-5-5 2F
大きな地図で見る


■東東京支店
〒132-0023
東京都江戸川区西一之江2-10-17
大場ビル1F
電話 0120-989-936

大きな地図で見る


【全国の街の屋根やさんはこちら】

お客様からのQ&A

台風21号が接近しています。対策できていますか?

家に湿気がこもる。換気できていない?

『街の屋根やさん』に届いたお客様からの疑問やご質問を、ご紹介させていただきます。

長生郡長生村|50代男性のお客様からのご質問
[その他の工事]
なんとなく家に湿気がこもっているような気がします。換気がきちんと出来ていないのでしょうか?
街の屋根やさんからの回答
その他の工事  私、高木がお答えします!
ご質問有難うございます。室内にいてジメジメとした感じなのはとても嫌ですよね。
木造住宅で建物の中に湿気がこもるのは、床下の問題と室内の通風の問題があります。
まず床下はどの様な作りになっていますか?建物の外周部には基礎があると思います。
その中、床下部分は土のままの布基礎の場合、土からの湿気が上がってきますので、それが床下から上がってきて室内に篭もります。
それでも、室内の通風が良ければある程度の湿気を逃がす事は出来るのですが、風の通りが悪いと空気が澱んでしまい、結果湿気が篭ることになります。ではどうするか?床下に関しては湿気が上がらない様な二次的な処置が必要になるのですが、良く訪問販売などで言われる、床下換気扇は殆ど効果がなく、それでいて高価でまた、低周波が常に出るのであまり身体に良くありませんので、お薦め致しません。
除湿剤なども定期的に交換しないと効果が持続しないので、コストが掛かります。
お勧めなのは、備長炭です。昔からある材料で、調湿効果・消臭効果が有り、古い建物の柱周りに敷き詰められる事もある位古くから使われている材料です。
特に交換する必要も無いので効果は費用対効果は非常に高いですよ。
また、換気口の位置も重要になってきます。風が入って抜ける道がきっちり出来ているかもチェックして、場合によっては通気口を増設する必要もあります。
室内は間取りを見させて頂き、窓の配置と間仕切りの位置などで風の通り道が確保出来ているのかを調べます。その上で、もしかしたらサッシを増やしたり、間仕切りの位置を変えたりする可能性もあります。
拝見しないとわかりませんので、一度ご自宅でお話を伺えればと思います。良いご提案が出来ると思いますので、お気軽にお声掛けください。
その他長生郡長生村のお客様からのQ&Aはこちら 関連するQ&A Q&A一覧はこちらから

ご質問専用フォーム

弊社では、各種ご相談・お問い合わせを承っております。
どうぞお気軽にお問い合わせください。

下記フォームに質問内容をご入力のうえ、ご送信ください。

お名前
※必須

(例:山田太郎)

メールアドレス
※必須

(例:xxxxx@xyz.jp)半角でお願いします。

都道府県
※必須
続きの住所
※必須
お電話番号
任意
- -

(例:000-000-0000)半角でお願いします。

ご希望の工事
任意
ご質問はこちらへどうぞ
※必須

無料相談受付中

  「屋根工事の期間はだいたいどれくらい?」、「屋根工事中も普通に生活していて大丈夫なの?」、「屋根リフォームに使う屋根材は何が一番いいの?」、「家の耐震性を考慮した屋根リフォームって?」などのご質問や疑問は上の疑問解決! 質問フォームからお送りください。
  点検・調査・お見積りなど、工事に関するご不明点やご相談などございましたら、お電話またはこちらのお問い合わせフォームよりご相談・お問い合わせください。
  些細なことでも遠慮なさらずお気軽にどうぞ! お客様からの様々なお問い合わせをお待ちしております。

0120-989-742
0120-989-742
0120-989-742
ページのトップへ