街の屋根やさんは全国各地で屋根工事や屋根リフォームをおこなっています。

街の屋根やさん

施工事例 お客様の声
点検・調査・お見積りなど無料で承ります!

Menu 屋根やさんメニュー

本社連絡先


■街の屋根やさん
電話 0120-989-742
E-Mail info@sharetech.co.jp
株式会社シェアテック

■本社
〒299-0261 千葉県袖ヶ浦市
福王台2-21-10
セントラルビル1F
電話 0438-60-7773
FAX 0438-60-7774

大きな地図で見る

お客様からのQ&A

雨樋に落ち葉が詰まる。雨樋を交換すればいいの?

『街の屋根やさん』に届いたお客様からの疑問やご質問を、ご紹介させていただきます。

横浜市鶴見区|40代男性のお客様からのご質問
[雨樋交換][雨漏り修理]
雨漏りについて質問です。
普段の雨ですと雨漏りしないのですが、大雨になるとすごい勢いで雨漏りします。
そこで雨漏りしているときに屋根に登り(危険ですが…)雨漏り箇所を確認すると雨樋に落ち葉が溜まっていて雨水がせき止められ、そこから家の中に入ってきているようでした。
落ち葉くらいならたまに取り除けばいいのですが、それも面倒なのでいっそのこと業者さんに相談したいと考えています。この場合雨樋の交換などで大丈夫なのでしょうか?
それと落ち葉程度で家に水が入り込む構造の家のつくりは欠陥住宅なのでしょうか?
街の屋根やさんからの回答
  雨樋交換  雨漏り修理  私、岩城がお答えします!
大雨時に雨漏りをするとの事ですので、弱い雨では雨漏りは起きないというよりも排水可能量が落ち葉の詰まりによって制限されているために起きてしまっている、雨水の流れ込みです。
まずは対策として雨樋内の落ち葉を全て綺麗に掃除します。
次に落ち葉よけネット(雨樋内に落ち葉を入れないためのネット)を取り付けて落ち葉の侵入を防ぎます。
最後に落ち葉の原因となる植栽の剪定を行います。
意外と建物の性能や何か部材を取り付ける事による対策をお考えの方も多いのですが、原因となる落ち葉を少しでも減らすには植裁への対策も大きな効果を生みます。
次に構造についてですが、雨樋から建物内部に雨水が流れ込むということは、和風建築の建物にお住まいかと思われます。最近の洋風建築ではほとんど隙間なく建物を作りますが、以前から建てられている和風建築ですと、屋根裏の風抜きのための若干の隙間が軒先部分にあることがありますので、欠陥住宅ではありませんのでご安心下さい。
雨漏りもそうですが一つ一つの部位が適切な働きをすることが重要ですので、許容範囲を超えた排水など雨樋の役割をしっかりと果たせるように清掃をおすすめします。
その他横浜市鶴見区のお客様からのQ&Aはこちら 関連するQ&A Q&A一覧はこちらから

ご質問専用フォーム

弊社では、各種ご相談・お問い合わせを承っております。
どうぞお気軽にお問い合わせください。

下記フォームに質問内容をご入力のうえ、ご送信ください。

お名前
※必須

(例:山田太郎)

メールアドレス
※必須

(例:xxxxx@xyz.jp)半角でお願いします。

都道府県
※必須
続きの住所
※必須
お電話番号
任意
- -

(例:000-000-0000)半角でお願いします。

ご希望の工事
任意
ご質問はこちらへどうぞ
※必須

無料相談受付中

  「屋根工事の期間はだいたいどれくらい?」、「屋根工事中も普通に生活していて大丈夫なの?」、「屋根リフォームに使う屋根材は何が一番いいの?」、「家の耐震性を考慮した屋根リフォームって?」などのご質問や疑問は上の疑問解決! 質問フォームからお送りください。
  点検・調査・お見積りなど、工事に関するご不明点やご相談などございましたら、お電話またはこちらのお問い合わせフォームよりご相談・お問い合わせください。
  些細なことでも遠慮なさらずお気軽にどうぞ! お客様からの様々なお問い合わせをお待ちしております。

ページのトップへ