ボタン

お客様からのQ&A

2018年11月13日、台風21号・24号に関する注意のお知らせ 強風による被害は火災保険を使って工事を行えます。被害を受けたかもしれない方は弊社の無料点検をお受けください。

2018年11月13日、台風21号・24に関する注意のお知らせ 強風による被害は火災保険を使って工事を行えます。被害を受けたかもしれない方は弊社の無料点検をお受けください。

雨樋に落ち葉が詰まる。雨樋を交換すればいいの?

『街の屋根やさん』に届いたお客様からの疑問やご質問を、ご紹介させていただきます。

横浜市鶴見区|40代男性のお客様からのご質問
[雨樋交換][雨漏り修理]
雨漏りについて質問です。
普段の雨ですと雨漏りしないのですが、大雨になるとすごい勢いで雨漏りします。
そこで雨漏りしているときに屋根に登り(危険ですが…)雨漏り箇所を確認すると雨樋に落ち葉が溜まっていて雨水がせき止められ、そこから家の中に入ってきているようでした。
落ち葉くらいならたまに取り除けばいいのですが、それも面倒なのでいっそのこと業者さんに相談したいと考えています。この場合雨樋の交換などで大丈夫なのでしょうか?
それと落ち葉程度で家に水が入り込む構造の家のつくりは欠陥住宅なのでしょうか?
街の屋根やさんからの回答
  雨樋交換  雨漏り修理  私、岩城がお答えします!
大雨時に雨漏りをするとの事ですので、弱い雨では雨漏りは起きないというよりも排水可能量が落ち葉の詰まりによって制限されているために起きてしまっている、雨水の流れ込みです。
まずは対策として雨樋内の落ち葉を全て綺麗に掃除します。
次に落ち葉よけネット(雨樋内に落ち葉を入れないためのネット)を取り付けて落ち葉の侵入を防ぎます。
最後に落ち葉の原因となる植栽の剪定を行います。
意外と建物の性能や何か部材を取り付ける事による対策をお考えの方も多いのですが、原因となる落ち葉を少しでも減らすには植裁への対策も大きな効果を生みます。
次に構造についてですが、雨樋から建物内部に雨水が流れ込むということは、和風建築の建物にお住まいかと思われます。最近の洋風建築ではほとんど隙間なく建物を作りますが、以前から建てられている和風建築ですと、屋根裏の風抜きのための若干の隙間が軒先部分にあることがありますので、欠陥住宅ではありませんのでご安心下さい。
雨漏りもそうですが一つ一つの部位が適切な働きをすることが重要ですので、許容範囲を超えた排水など雨樋の役割をしっかりと果たせるように清掃をおすすめします。
その他横浜市鶴見区のお客様からのQ&Aはこちら 関連するQ&A Q&A一覧はこちらから

ご相談・お問い合わせ

どんなことでもお気軽にご相談ください。1営業日以内に必ずご連絡いたします。 お電話からのご相談も下記の番号にて承っております。 フリーダイヤル 0120-989-742 受付時間 8:00~20:00(土日祝日も営業中)

お問い合わせフォーム

お名前 必須
フリガナ 必須
メールアドレス 必須
郵便番号 必須 - ※郵便番号を入力で住所が自動入力されます
番地・ビル・マンション名 必須
お電話番号 必須
ご希望の工事 必須 ※その他を選ばれた方は下の欄に工事の詳細のご記入をお願いいたします。
ご質問等は こちらへどうぞ 任意

経験豊かなスタッフがみなさんの家の屋根を守ります!屋根工事メニュー

街の屋根やさんが施工している様々な屋根工事と屋根リフォームの一覧をご紹介します。

安心して工事をお願いできました!リフォームの流れ

お客様の不安を解消できるように、お問い合わせから工事の完成までの流れをご紹介しています。

瓦、スレート、金属、ハイブリッド、あなたの屋根はどのタイプ?

街の屋根やさんが施工している様々な屋根工事と屋根リフォームの一覧をご紹介します。

屋根に関するお客様の疑問にお答えします!お客様からのQA一覧

お客様から寄せられた屋根に関する疑問を、当店スタッフが親身に回答しています。

信頼の施工実績一覧

弊社で行った施工事例をご紹介しています。詳細な説明と写真でわかりやすくお伝えします。

街の屋根やさんへようこそ!会社概要

弊社の会社概要になります。街の屋根やさんとはこんな会社です。

0120-989-742
0120-989-742
0120-989-742