雨漏り必ず止めます
ボタン

お客様からのQ&A

2018年6月18日、大阪北部の地震で被害を受けた方、受けたかもしれない方、無料で点検いたします

2018年6月18日、大阪北部の地震で被害を受けた方、受けたかもしれない方、無料で点検いたします

2018年6月18日朝、大阪府北部を震源とした震度6弱の地震が発生しました。気象庁は引き続き大規模な地震が起きる恐れがあるとも注意しております。また梅雨時ということもあり天候も安定しない中、不安なお気持ちでお過ごしの方も多いことと思います。屋根、外壁などの被害について応急処置・補修・点検と懸命にできる限り、対応致しますので被害に遭われた方、「もしかして」と不安な方はご連絡ください。

一般的な住宅に比べてログハウスだと修繕やメンテナンスは難しいものなのでしょうか?

『街の屋根やさん』に届いたお客様からの疑問やご質問を、ご紹介させていただきます。

横浜市神奈川区|50代男性のお客様からのご質問
[雨漏り修理]
ログハウスにて雨漏りをしています。別業者にて相談したところログハウスの修繕は行っていないと断られてしまいました。 御社では点検に来ていただけるでしょうか?また、一般的な住宅に比べてログハウスだと修繕やメンテナンスは難しいものなのでしょうか?
街の屋根やさんからの回答
雨漏り修理  私、高木がお答えします!
お問い合わせ頂き有難うございます。ログハウスの雨漏りとの事ですが、通常の木造住宅とはそもそもの構造が違います。木造住宅は、柱などの構造材の外側を外壁材で包む納まりになっていますが、ログハウスは丸太が構造材と外壁材をになっていますので、メンテナンスの方法が違ってきます。その前に、大前提としてログハウスは雨漏りするものという認識をお持ちになった方が良いと思います。屋根に限って言えば、木造住宅と同じ施工方法になりますので、屋根からの雨漏りに関しては省きますが。丸太を積み上げて行く際に、簡単に言うと出っ張りをへこみにはめ込んで丸太を積み上げていきます。経年によって木の痩せや収縮が起こり、隙間が空きやすい構造になっています。また、サッシ回りなどは、丸太の歪みに対処できるように、最初から隙間を開けて納めており、そこをカバーで隠す施工方法ですので、どうしても雨水が入りやすくなっています。木は建てたあとも呼吸をしますので、モルタルやサイディングの様にコーキングと塗膜で撥水性を保つ施工方法は出来ません。ログハウスの雨漏りは、定期的なメンテナンスと空いてしまった隙間をコーキングで埋める方法になります。中には全く雨漏りしないログハウスもありますが、自然の材料を使用している限り、どの様に丸太が変化するかを完全に予測することは不可能ですので、その都度雨漏りの補修をしていきましょう。
その他横浜市神奈川区のお客様からのQ&Aはこちら 関連するQ&A Q&A一覧はこちらから

ご相談・お問い合わせ

どんなことでもお気軽にご相談ください。1営業日以内に必ずご連絡いたします。 お電話からのご相談も下記の番号にて承っております。 フリーダイヤル 0120-989-742 受付時間 8:00~20:00(土日祝日も営業中)

お問い合わせフォーム

お名前 必須
フリガナ 必須
メールアドレス 必須
郵便番号 必須 - ※郵便番号を入力で住所が自動入力されます
番地・ビル・マンション名 必須
お電話番号 必須
ご希望の工事 必須 ※その他を選ばれた方は下の欄に工事の詳細のご記入をお願いいたします。
ご質問等は こちらへどうぞ 任意

経験豊かなスタッフがみなさんの家の屋根を守ります!屋根工事メニュー

街の屋根やさんが施工している様々な屋根工事と屋根リフォームの一覧をご紹介します。

安心して工事をお願いできました!リフォームの流れ

お客様の不安を解消できるように、お問い合わせから工事の完成までの流れをご紹介しています。

瓦、スレート、金属、ハイブリッド、あなたの屋根はどのタイプ?

街の屋根やさんが施工している様々な屋根工事と屋根リフォームの一覧をご紹介します。

屋根に関するお客様の疑問にお答えします!お客様からのQA一覧

お客様から寄せられた屋根に関する疑問を、当店スタッフが親身に回答しています。

信頼の施工実績一覧

弊社で行った施工事例をご紹介しています。詳細な説明と写真でわかりやすくお伝えします。

街の屋根やさんへようこそ!会社概要

弊社の会社概要になります。街の屋根やさんとはこんな会社です。

0120-989-742
0120-989-742
0120-989-742