街の屋根やさんは全国各地で屋根工事や屋根リフォームをおこなっています。

街の屋根やさん

施工事例 お客様の声
点検・調査・お見積りなど無料で承ります!

Menu 屋根やさんメニュー

本社連絡先


■街の屋根やさん
電話 0120-989-742
E-Mail info@sharetech.co.jp
株式会社シェアテック

■本社
〒299-0261 千葉県袖ヶ浦市
福王台2-21-10
セントラルビル1F
電話 0438-60-7773
FAX 0438-60-7774

大きな地図で見る

■横浜支店
〒222-0033 神奈川県横浜市
港北区新横浜3-2-6
新横浜ビジネスセンタービル 2F
電話 045-476-9990
FAX 045-476-9989

大きな地図で見る


■東京大田支店
〒145-0071 東京都大田区
田園調布1-5-5 2F
大きな地図で見る


■東東京支店
〒132-0023
東京都江戸川区西一之江2-10-17
大場ビル1F
電話 0120-989-936

大きな地図で見る


【全国の街の屋根やさんはこちら】

お客様からのQ&A

台風の後は無料点検を!

劣化しにくい丈夫な棟板金ってありますか?

『街の屋根やさん』に届いたお客様からの疑問やご質問を、ご紹介させていただきます。

市原市|40代男性のお客様からのご質問
[棟板金交換]
一般的な切妻のスレート屋根の棟板金なのですが、棟板金に浮きが見られ雨水が浸入しているとのことで交換をした方が良いと言われました。 どうせ棟板金を交換するのであれば、現在の棟板金よりも丈夫で劣化のしにくい棟板金に変えたいと考えています。しかし、インターネットで検索しても屋根材や塗料などに比べて棟板金の情報が少なく、どのような材料がいいのかがわかりません。劣化しにくい丈夫な棟板金ってありますか?
街の屋根やさんからの回答
棟板金交換  私、高木がお答えします!
お問い合わせありがとうございます。 お客様の建物の築年数は何年くらいでしょうか。棟板金に使われる材質、以前は通常の金属板が多かったのですが昨今は特殊コーティングをしたガルバリウム鋼板の使用がほとんどです。これはサビに強く、耐候性も高い商材となっています。一般的には0.35mmの厚みの板を使用した既成のものを使っていますが、より強度の高いものということであれば板厚を変えて加工をすることも可能です。また、中に入れる芯木(貫板)も一般の木材ではなく樹脂製のものもございます。板金の留め方にしても以前は釘を打って固定することがほとんどでしたが、私たちはステンレス製のビスで固定をしています。これは芯木にしっかりと固定でき、飛散を防止することができます。ご希望であればステンレス製の棟板金を作成することも可能ですが、コストが高く、そこまでしなくても十分な耐候性のあるガルバリウム鋼板で施工されてはいかがでしょうか。
その他市原市のお客様からのQ&Aはこちら 関連するQ&A Q&A一覧はこちらから

ご質問専用フォーム

弊社では、各種ご相談・お問い合わせを承っております。
どうぞお気軽にお問い合わせください。

下記フォームに質問内容をご入力のうえ、ご送信ください。

お名前
※必須

(例:山田太郎)

メールアドレス
※必須

(例:xxxxx@xyz.jp)半角でお願いします。

都道府県
※必須
続きの住所
※必須
お電話番号
任意
- -

(例:000-000-0000)半角でお願いします。

ご希望の工事
任意
ご質問はこちらへどうぞ
※必須

無料相談受付中

  「屋根工事の期間はだいたいどれくらい?」、「屋根工事中も普通に生活していて大丈夫なの?」、「屋根リフォームに使う屋根材は何が一番いいの?」、「家の耐震性を考慮した屋根リフォームって?」などのご質問や疑問は上の疑問解決! 質問フォームからお送りください。
  点検・調査・お見積りなど、工事に関するご不明点やご相談などございましたら、お電話またはこちらのお問い合わせフォームよりご相談・お問い合わせください。
  些細なことでも遠慮なさらずお気軽にどうぞ! お客様からの様々なお問い合わせをお待ちしております。

ページのトップへ