ボタン

お客様からのQ&A

2018年9月5日、台風21号に関する注意のお知らせ 強風による被害は火災保険を使って工事を行えます。被害を受けたかもしれない方は弊社の無料点検をお受けください。

2018年9月5日、台風21号に関する注意のお知らせ 強風による被害は火災保険を使って工事を行えます。被害を受けたかもしれない方は弊社の無料点検をお受けください。

上記、お電話が繋がりにくい場合はコチラ0120-989-936

 

【台風21号で被災された方の安全と一日も早い復興を心よりお祈り申し上げます 9/20更新】

 台風21号が西日本に甚大な被害を与え日本列島を通過しました。関西地方を中心に各地で記録的な暴風による停電被害、事故、交通の乱れ、住まいの破壊など大きな混乱が生じ、現在でもその爪痕が残った状態となっております。
 台風による被害を受けた方、受けたかも知れない方は街の屋根やさんにご相談ください。点検はもちろん可能な限り応急処置にもその場で対応いたします。現在大変多くのお客様よりお問合せを頂いており、順番に対応をさせていたただいております。皆さまにはご理解を賜りますようお願い申し上げます。

屋根塗装で4回も塗る必要はあるのでしょうか?

『街の屋根やさん』に届いたお客様からの疑問やご質問を、ご紹介させていただきます。

市原市|40代男性のお客様からのご質問
[屋根塗装]
屋根塗装の見積もりを出していただいたのですが、コロニアル屋根にひび割れや欠けが数か所あり下塗りを2回、中塗り、上塗りの計4回塗りで施工する見積もりを貰ったのですが、4回も塗る必要はあるのでしょうか?
街の屋根やさんからの回答
屋根塗装  私、白石がお答えします!
ご質問いただき誠に有難うございます。コロニアルの状態によって下塗り2回、中塗り・上塗りの合計4回塗りで施工する場合があります。お客様のお住まいは築年数はどのくらいでしょうか。過去に塗装はされていますでしょうか。塗装をされている場合どのくらい塗装後から経過されていますでしょうか。コロニアルは塗装をする事で耐久年数である30年~35年コロニアル屋根材としてもちますが、塗装を行わず10年・20年経過しますとコロニアルに割れが出たり、傷みが進行し過ぎてしまうと塗装では対応出来なくなり屋根工事が必要になり工事費用が嵩んでしまいます。通常の屋根塗装は、下塗り・中塗り・上塗りの合計3回塗りを行います。コロニアルに割れや欠けが出ても傷み具合によっては塗装で出来る場合は下塗りを2回行います。理由として、傷んでしまったコロニアルに通常の塗装工程で塗装を行うと、仕上がりにムラが出やすくなり、数年で塗膜が剥がれたりしてしまいます。そんな症状を起こさない為に、下塗り工程を2回行いコロニアルしっかりと塗料で膜を作り、中塗り・上塗り塗料の密着性を高め、しっかり膜厚を付ける事で塗装の長寿命化につながります。塗装は状態に合わせて塗装を行う事が重要です。
その他市原市のお客様からのQ&Aはこちら 関連するQ&A Q&A一覧はこちらから

ご相談・お問い合わせ

どんなことでもお気軽にご相談ください。1営業日以内に必ずご連絡いたします。 お電話からのご相談も下記の番号にて承っております。 フリーダイヤル 0120-989-742 受付時間 8:00~20:00(土日祝日も営業中)

お問い合わせフォーム

お名前 必須
フリガナ 必須
メールアドレス 必須
郵便番号 必須 - ※郵便番号を入力で住所が自動入力されます
番地・ビル・マンション名 必須
お電話番号 必須
ご希望の工事 必須 ※その他を選ばれた方は下の欄に工事の詳細のご記入をお願いいたします。
ご質問等は こちらへどうぞ 任意

経験豊かなスタッフがみなさんの家の屋根を守ります!屋根工事メニュー

街の屋根やさんが施工している様々な屋根工事と屋根リフォームの一覧をご紹介します。

安心して工事をお願いできました!リフォームの流れ

お客様の不安を解消できるように、お問い合わせから工事の完成までの流れをご紹介しています。

瓦、スレート、金属、ハイブリッド、あなたの屋根はどのタイプ?

街の屋根やさんが施工している様々な屋根工事と屋根リフォームの一覧をご紹介します。

屋根に関するお客様の疑問にお答えします!お客様からのQA一覧

お客様から寄せられた屋根に関する疑問を、当店スタッフが親身に回答しています。

信頼の施工実績一覧

弊社で行った施工事例をご紹介しています。詳細な説明と写真でわかりやすくお伝えします。

街の屋根やさんへようこそ!会社概要

弊社の会社概要になります。街の屋根やさんとはこんな会社です。

0120-989-742
0120-989-742
0120-989-742