ボタン

お客様からのQ&A

屋上防水工事の密着工法と通気緩衝工法の違いってなんですか?

『街の屋根やさん』に届いたお客様からの疑問やご質問を、ご紹介させていただきます。

千葉市中央区|50代男性のお客様からのご質問
[防水工事]
築20年のビルのメンテナンスとして、屋上の防水工事を検討しています。インターネットで検索したところ、密着工法と通気緩衝工法があると聞きましたがいまいち違いがわかりません。具体的にどのような工事なのでしょうか?
街の屋根やさんからの回答
防水工事  私、白石がお答えします!
お問い合わせいただき誠に有難うございます。防水工事の密着工法と通気緩衝工法の違いについてですが。密着工法とは、狭小部位や既存下地がウレタン防水のの場合に使用する工法です。既存の防水に直接ウレタン塗布し防水層を作成します。既存の防水層にウレタン防水材と下地の密着性を高める為にプライマー塗布しウレタン防水材を2層作りトップコートで仕上げる3層構造の防水です。通気緩衝工法についてですが、既存下地がコンクリートに使用する工法です。下地がコンクリートの場合、密着工法で防水工事を行った場合コンクリートか発する蒸気によって防水層に内部から膨れを発生させてしまいます。膨れを防ぐ為に通気性能がある通気緩衝シートと脱気塔を設ける事で蒸気を逃がし膨れの原因をなくし、通気緩衝シートによって既存下地コンクリートに起きる亀裂の発生を抑制する事が出来ます。下地に専用の接着剤を塗布し通気緩衝シートを設置しメッシュを脱気塔を設置しウレタン防水材を2層作りトップコートで仕上げます。屋上防水の様な広い箇所に防水工事を行い場合は、通気緩衝工法での防水工事が適正です。
その他千葉市中央区のお客様からのQ&Aはこちら 関連するQ&A Q&A一覧はこちらから

ご相談・お問い合わせ

どんなことでもお気軽にご相談ください。1営業日以内に必ずご連絡いたします。 お電話からのご相談も下記の番号にて承っております。 フリーダイヤル 0120-989-742 受付時間 8:00~20:00(土日祝日も営業中)

お問い合わせフォーム

お名前 必須
フリガナ 必須
メールアドレス 必須
郵便番号 必須 - ※郵便番号を入力で住所が自動入力されます
番地・ビル・マンション名 必須
お電話番号 必須
ご希望の工事 必須 ※その他を選ばれた方は下の欄に工事の詳細のご記入をお願いいたします。
ご質問等は こちらへどうぞ 任意

経験豊かなスタッフがみなさんの家の屋根を守ります!屋根工事メニュー

街の屋根やさんが施工している様々な屋根工事と屋根リフォームの一覧をご紹介します。

安心して工事をお願いできました!リフォームの流れ

お客様の不安を解消できるように、お問い合わせから工事の完成までの流れをご紹介しています。

瓦、スレート、金属、ハイブリッド、あなたの屋根はどのタイプ?

街の屋根やさんが施工している様々な屋根工事と屋根リフォームの一覧をご紹介します。

屋根に関するお客様の疑問にお答えします!お客様からのQA一覧

お客様から寄せられた屋根に関する疑問を、当店スタッフが親身に回答しています。

信頼の施工実績一覧

弊社で行った施工事例をご紹介しています。詳細な説明と写真でわかりやすくお伝えします。

街の屋根やさんへようこそ!会社概要

弊社の会社概要になります。街の屋根やさんとはこんな会社です。

0120-989-742
0120-989-742
0120-989-742