街の屋根やさんは全国各地で屋根工事や屋根リフォームをおこなっています。

街の屋根やさん

施工事例 お客様の声
点検・調査・お見積りなど無料で承ります!

Menu 屋根やさんメニュー

本社連絡先


■街の屋根やさん
電話 0120-989-742
E-Mail info@sharetech.co.jp
株式会社シェアテック

■本社
〒299-0261 千葉県袖ヶ浦市
福王台2-21-10
セントラルビル1F
電話 0438-60-7773
FAX 0438-60-7774

大きな地図で見る

■横浜支店
〒222-0033 神奈川県横浜市
港北区新横浜3-2-6
新横浜ビジネスセンタービル 2F
電話 045-476-9990
FAX 045-476-9989

大きな地図で見る


■東京大田支店
〒145-0071 東京都大田区
田園調布1-5-5 2F
大きな地図で見る


■東東京支店
〒132-0023
東京都江戸川区西一之江2-10-17
大場ビル1F
電話 0120-989-936

大きな地図で見る


【全国の街の屋根やさんはこちら】

お客様からのQ&A

台風の後は無料点検を!

屋上防水工事の密着工法と通気緩衝工法の違いってなんですか?

『街の屋根やさん』に届いたお客様からの疑問やご質問を、ご紹介させていただきます。

千葉市中央区|50代男性のお客様からのご質問
[防水工事]
築20年のビルのメンテナンスとして、屋上の防水工事を検討しています。インターネットで検索したところ、密着工法と通気緩衝工法があると聞きましたがいまいち違いがわかりません。具体的にどのような工事なのでしょうか?
街の屋根やさんからの回答
防水工事  私、白石がお答えします!
お問い合わせいただき誠に有難うございます。防水工事の密着工法と通気緩衝工法の違いについてですが。密着工法とは、狭小部位や既存下地がウレタン防水のの場合に使用する工法です。既存の防水に直接ウレタン塗布し防水層を作成します。既存の防水層にウレタン防水材と下地の密着性を高める為にプライマー塗布しウレタン防水材を2層作りトップコートで仕上げる3層構造の防水です。通気緩衝工法についてですが、既存下地がコンクリートに使用する工法です。下地がコンクリートの場合、密着工法で防水工事を行った場合コンクリートか発する蒸気によって防水層に内部から膨れを発生させてしまいます。膨れを防ぐ為に通気性能がある通気緩衝シートと脱気塔を設ける事で蒸気を逃がし膨れの原因をなくし、通気緩衝シートによって既存下地コンクリートに起きる亀裂の発生を抑制する事が出来ます。下地に専用の接着剤を塗布し通気緩衝シートを設置しメッシュを脱気塔を設置しウレタン防水材を2層作りトップコートで仕上げます。屋上防水の様な広い箇所に防水工事を行い場合は、通気緩衝工法での防水工事が適正です。
その他千葉市中央区のお客様からのQ&Aはこちら 関連するQ&A Q&A一覧はこちらから

ご質問専用フォーム

弊社では、各種ご相談・お問い合わせを承っております。
どうぞお気軽にお問い合わせください。

下記フォームに質問内容をご入力のうえ、ご送信ください。

お名前
※必須

(例:山田太郎)

メールアドレス
※必須

(例:xxxxx@xyz.jp)半角でお願いします。

都道府県
※必須
続きの住所
※必須
お電話番号
任意
- -

(例:000-000-0000)半角でお願いします。

ご希望の工事
任意
ご質問はこちらへどうぞ
※必須

無料相談受付中

  「屋根工事の期間はだいたいどれくらい?」、「屋根工事中も普通に生活していて大丈夫なの?」、「屋根リフォームに使う屋根材は何が一番いいの?」、「家の耐震性を考慮した屋根リフォームって?」などのご質問や疑問は上の疑問解決! 質問フォームからお送りください。
  点検・調査・お見積りなど、工事に関するご不明点やご相談などございましたら、お電話またはこちらのお問い合わせフォームよりご相談・お問い合わせください。
  些細なことでも遠慮なさらずお気軽にどうぞ! お客様からの様々なお問い合わせをお待ちしております。

ページのトップへ