街の屋根やさんは全国各地で屋根工事や屋根リフォームをおこなっています。

街の屋根やさん

施工事例 お客様の声
点検・調査・お見積りなど無料で承ります!

Menu 屋根やさんメニュー

本社連絡先


■街の屋根やさん
電話 0120-989-742
E-Mail info@sharetech.co.jp
株式会社シェアテック

■本社
〒299-0261 千葉県袖ヶ浦市
福王台2-21-10
セントラルビル1F
電話 0438-60-7773
FAX 0438-60-7774

大きな地図で見る

お客様からのQ&A

ガラスのような瓦を使用したい!

『街の屋根やさん』に届いたお客様からの疑問やご質問を、ご紹介させていただきます。

三浦郡葉山町|60代女性のお客様からのご質問
以前、友人宅の廊下の屋根がガラスのような瓦を使用しとても明るい廊下だったことから、我が家も北側の屋根をガラスの瓦に葺き替えて、室内が明るくなるようにしたいのですが、どんな家でもすぐにできるものなんでしょうか?また、ガラス瓦の下には家の構造部分の間に断熱材や防水材などが入っていないようですし、雨漏りや断熱性なども気になります。
街の屋根やさんからの回答
  私、高木がお答えします!
ご質問有難う御座います。
ガラス瓦は、旭硝子などで出している材料で、天井部からの彩光を得るための物です。
施工には、野地板と言われる下地の代わりに、ポリカーボネート板を使用します。
瓦だけでは防水出来ませんので、野地部分で防水します。
そのままでは小屋裏に明かりが入るだけですので、2階(1階)の天井から箱状に天井を立ち上げて光りが室内に届くようにします。
施工に関しましては、今の瓦にガラス瓦を入れることはも比較的簡単に出来ます。
瓦を剥がして野地板に穴を開けてから補強していきます。そこへポリカーボネートの野地板を張ってから防水処理を行い、ガラス瓦を葺くだけです。
室内からは天井の造作を行えば、明るい光が室内に差し込みます。
小屋組みやどこに取り付けたいのかで施工が可能かどうかが変わってきますので、まずは一度ご自宅を拝見させて頂ければと思います。
その他三浦郡葉山町のお客様からのQ&Aはこちら 関連するQ&A Q&A一覧はこちらから

ご質問専用フォーム

弊社では、各種ご相談・お問い合わせを承っております。
どうぞお気軽にお問い合わせください。

下記フォームに質問内容をご入力のうえ、ご送信ください。

お名前
※必須

(例:山田太郎)

メールアドレス
※必須

(例:xxxxx@xyz.jp)半角でお願いします。

都道府県
※必須
続きの住所
※必須
お電話番号
任意
- -

(例:000-000-0000)半角でお願いします。

ご希望の工事
任意
ご質問はこちらへどうぞ
※必須

無料相談受付中

  「屋根工事の期間はだいたいどれくらい?」、「屋根工事中も普通に生活していて大丈夫なの?」、「屋根リフォームに使う屋根材は何が一番いいの?」、「家の耐震性を考慮した屋根リフォームって?」などのご質問や疑問は上の疑問解決! 質問フォームからお送りください。
  点検・調査・お見積りなど、工事に関するご不明点やご相談などございましたら、お電話またはこちらのお問い合わせフォームよりご相談・お問い合わせください。
  些細なことでも遠慮なさらずお気軽にどうぞ! お客様からの様々なお問い合わせをお待ちしております。

ページのトップへ